みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

権利義務取締役に破産手続開始の決定があった場合

株式会社の取締役について、任期満了により退任したが、後任がいないため権利義務取締役となった場合、その状態で、当該取締役について破産手続開始の決定があった場合、どうなるのでしょうか?
以前は欠格事由とされていたみたいですが、会社法では退任事由となっています。当該取締役は、変化なく権利義務取締役のままなのでしょうか?


※根拠のない、感想染みた回答は、控えて頂けると幸いです。

投稿日時 - 2009-09-19 01:16:20

QNo.5301609

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

株式会社の取締役について、任期満了により退任したが、後任がいないため権利義務取締役となった場合、その状態で、当該取締役について破産手続開始の決定があった場合、どうなるのでしょうか?


任期満了により退任したが=破産時の登記が優勢します。
権利義務取締役=何も変わらない役員状態です。
当然、任期満了の名前だけ貸してる幽霊役員も巻き込まれます。 

以前は欠格事由とされていたみたいですが、会社法では退任事由となっています。当該取締役は、変化なく権利義務取締役のままなのでしょうか?

=破産確定すれば失格ですから終りです。 
権利義務取締役とは言いません。 元○○会社の取締役員ですね。

投稿日時 - 2009-09-19 11:27:31

お礼

そうですか。終わってしまうのでね。そうであれば、任期満了により退任の登記を申請しなければならないですか。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-09-19 13:27:12

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>以前は欠格事由とされていたみたいですが、
>会社法では退任事由となっています。

このあたりさ、かなり中途半端な覚えかたしてるよね。
基礎的な勉強が不足してるよ。

あと、取締役の変動とかの当たりは、普通の法律書でもいいけど、
むしろ、司法書士試験用のものを利用すると詳細だよ。

投稿日時 - 2009-09-19 02:50:10

補足

回答には、条文先例判例等のこちらで確認できるものを添えていただければ、幸いです。

投稿日時 - 2009-09-19 07:44:40

お礼

 

投稿日時 - 0000-00-00 00:00:00

あなたにオススメの質問