みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産申請をしたいです。緊急です。。。

こんにちは。毎回ネガティブな質問ばかりで申し訳ないです。
23歳沖縄県在住の現在無職です。

今回の質問はタイトルのとおり、自己破産を考えております。
実は私現在借金が305万あります。
内訳は、消費者金融3社(A社:150万.B社:50万,C社:50万)と、
奨学金で50万、クレジットカードのキャッシングで5万です。

借金のきっかけは、2年ほど前に別れた元嫁との離婚の際の慰謝料です。
正確には、同居する際に生活用品や家具家電もろもろを揃えたのが元嫁だったため、
離婚の際に半分返せと言われ、60万ほど消費者金融から借りてしまいました。
なぜこんなにも借金が膨らんだかは、よくある話で毎月の自転車操業です。
月の手取りは16万ほどでした。
生活にはそれほど困っていませんでしたが、貯金はしておらず、急な出費の際に(自動車学校・仕事着等)さらに消費者金融にチョコチョコ手をつけていました。

そして先月勤めていた会社を退職し(激務に耐え切れなく)、現在まで無職となっています。
やはりこの不景気では23歳という若さでの中途入社はほぼ新卒と同じようなものなので、なかなか採用は難しいらしく、ことごとく断られています。
はじめは仕事なんてすぐ決まるだろ と甘い考えでした。
ところが1ヶ月も無収入で暮らしていると、あっという間に借金の限度額まで借りることになってしまい、現在の状況です。

こんな状況になってしまってからですが、本当に本当に以前の生活を反省しています。
多少なりとも余裕があったときに貯蓄ができなかったこと。
サラ金のカードをさも自分のキャッシュカードのように使っていたこと。
あったらあっただけ飲食代や交遊費として使っていたこと。
すべて後悔です。

自己破産以外にも債務整理の方法があるのは自分自身で調べました。
しかし、現在無職という状況と、これから決まる仕事の給与(沖縄は特に賃金が安い)を考えてしまうと、減額していただいたところでまた同じような状況になるのではと考えてしまいます。

一時期は自分は社会不適合者・クズだと思い自殺まで考えてしまいました。
でも、どうせ死ぬなら自己破産ができなかった場合にまた死ぬか考えればいいと思い、自己破産を思い立ちました。

質問が遅くなってしまいましたが、以上の自分の状況を見ていただいて、自己破産という決断が妥当であるか・また、自己破産申請したときに申請がおりる可能性があるのか判断していただきたいのです。

妥当であれ妥当でなかれ、理由もいただけるとありがたいです。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-09-17 16:24:17

QNo.5297820

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんばんは、
早速要件に、

>自己破産という決断が妥当であるか

仕事が見つかりそうもない場合、
破産も致し方なしということになりそうですね。
ただ、仕事を選ばなければ職はあるかもしれない。
また縁のものでもあるので、
まだ仕事が見つからないとあきらめるのは早いかもしれません。
ただ、今の不況は本当に深刻ですね。
ご心中お察しします。

>自己破産申請したときに申請がおりる可能性があるのか

借金の内容と就職不可能な現実の説明がきちんとできれば、
可能と思われます。
ただし、破産によって、迷惑を掛けることになる貸金業者等への
「今回破産でなければ、借金整理不可能である事」の説明
等、真摯な態度で最後まで挑むことが必要でしょう。
破産も余り安易に選択すべきではないことは明らかで、
破産せずに済むのであれば、
その方法を選択すべきなのは、ご自身でお分かりになられているとおりです。
破産すると、いわゆるブラックリスト者になり、
7年ほどは今回の破産の事で信用に傷がついたままになります。
つまり、自動車ローンも住宅ローンも審査を厳しくされ、
断られることが多くなる(基本的には融資してくれない)
ということをよく考えて決断下さい。

あとは、、、
借り入れの内容
 >内訳は、消費者金融3社(A社:150万.B社:50万,C社:50万)と、
 >奨学金で50万、クレジットカードのキャッシングで5万です。
で、使い道が遊興費などであれば、
裁判所に免責(大雑把に言うと、返済責任を免除じてもらう)決定
をもらう段階で、
厳しく反省文などを要求されるかもしれません。

借金の金額からは、
破産管財人の選任は、必要ないケースと思われます。
ただし、破産にも裁判所へ納めるお金や、
弁護士等に依頼すると弁護士費用なども
かかるわけで、安くやってもらっても
20~30万前後は覚悟しないといけないと思われます。
弁護士費用等は、法律扶助協会に申し込めば、
順番待ちにはなるでしょうが、
扶助の決定が出れば、立替などしてくれるでしょう。

また、サラ金の利息見直しですが、
ここ2年ほどであれば、A社は15%、他社は18%(5万のキャッシングの俗)以上の高利を取っていないことが予想され、
仮に高利であっても、29.2%上限なので、
100万円借りて1年で多くて約15万位の利息払いすぎが出ればいい方なので、大きな減額は望めないでしょう。
文面からこの事はご存知のようですね。。。
ということで、利息見直しによる借金額の減額は
あまり望めそうにないですが、
今一度借入の契約書を確認してください。

仕事が見つかれば、
23歳という若さですし、
破産せずに何とか頑張ってほしいところです。

批判を承知で言うと、
借金で命は取られないわけで、
自殺というか死ぬ気があれば、
返済目処が立つまで、督促に耐え抜き、
仕事が見つかったら、
個人的には
自分が支払えるペースで返していくのがいいのではないかとも
思います。
就職先さえ債権者に分からなければ、
給料の差し押さえはないですし、
返済金の振込先さえ知っていれば、
自分のペースで少しずつ返していくことも可能と思います。

ただし、借入額が100万円以上で年利15%、100万円未満で18%
10万円未満で20%が利息制限法のいうところの
「取っても良い上限の利息」なので
これ以上の利息をつぶしていける返済をしなければ元金は
減らないのですが、

命ある限り頑張ることはできるので、
また借金と命を引き換えは
馬鹿らしいと個人的には思います。

また、自分のペースでしかできない
としても、返済を完了させれば
私があなたの文面から勝手に感じる
自分自身への失いかけている誇り(けじめ?)
にもなるのではないのでしょうか。

自分の身も省みず説教くさくてすみません。
気分を害されたたらごめんなさい。
長文失礼しました。

投稿日時 - 2009-09-17 22:11:54

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

> 自己破産という決断が妥当であるか
妥当と思う。

> 自己破産申請したときに申請がおりる可能性
99.99%認められると思う。

問題は免責か。
> 2年ほど前
2年で300万円以上と言うが・・・。
科料の可能性があると思う。
又は、管財人を選定して詳しい調書を作成される等の可能性があると思う。

投稿日時 - 2009-09-17 18:04:40

あなたにオススメの質問