みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

焼きいもの作り方

こんにちは。

まだ焼き芋の季節ではないかもしれませんが、
時季を問わずたまに焼き芋が食べたくなります。
寒いときは石油ストーブの上にアルミでくるんだ芋をのせて作りますが、
今はまだストーブをひっぱりだしてくるほど寒くないし
ふかすとべたべたになってしまうし、どうしたもんかと…。
(ちなみに、オーブントースターは持っていません)

ストーブ以外でおいしく焼き芋を作れる方法があったら
ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-09-16 16:47:54

QNo.5295098

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

去年の冬に仕入れた方法。

表面を水で濡らした(洗えば濡れるのでそれでOK)サツマイモをクッキングシートで包む。
要は、クッキングシートでくるむ事で中を蒸し焼き状態にする。
なので、芋が見えないようにしっかり包むのがコツ。

その状態で電子レンジで加熱。
時間は芋の大きさなどによって調節願います。
多分500Wクラスで、5~7分ぐらいが目安だったかと。

多少記憶があやふやな部分もあるので、試行錯誤願います。

投稿日時 - 2009-09-16 16:53:47

お礼

さっそく試してみました。
ほくほく&しっとり、おいしい!!
アドバイスありがとうございます。

投稿日時 - 2009-09-16 19:59:56

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

電子レンジ
洗う水分そのままでラップする、水分が無いと皮の近くが硬くなる。
3~5分加熱10分ほっておき余熱を利用、上下を変え再度加熱3~5分また10分ほっておき余熱利用、箸を刺して硬ければ再度加熱。
余熱を利用しないでず~っと加熱すると中心部が硬くなって食べられなくなります。

投稿日時 - 2009-09-16 18:53:08

お礼

余熱調理のほうがやわらかく仕上がるんですね。
なるほど。

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-09-16 20:15:58

ANo.4

いらないお鍋ややかんがあれば、おいしい焼きイモ作れますよ。
うちはボコボコになった古いやかんを利用してます。

洗ったサツマイモを、アルミホイルを敷いたやかんに入れて、蓋をして火にかけ、弱火で1時間(大きさにより加減します)ほどじっくり加熱するだけです。
途中で2回ほどひっくり返します。
なるべく重ならないほうがいいと思います。

じっくりと時間をかけて加熱すると、でんぷんが糖に分解されるので甘くておいしいです。
私はアルミホイルを敷いてその上に直接載せてますが、包んじゃった方が早く出来るかも?

去年カラ焚きOKなセラミック鍋を買ったので、今年はこれでやってみようかなぁと思ってます^^
http://www.kdep.co.jp/recipe/recipe_c-24.html

投稿日時 - 2009-09-16 17:56:04

お礼

古いやかんや鍋の利用は考えていませんでした。
何度かためして、どのくらいの時間でできるか
はかってみようと思います。

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-09-16 20:14:54

ANo.3

イモ類、カボチャ、ジャガイモなどは
タジン鍋お勧めです!
最近購入して試してみたのですが、特に
イモ類はほくほくにしあがりました(^^)
火が通るまで20~25分くらいかなぁ。
水を少しだけいれて(80cc位)弱火で
じっくり待ちます。アルミで包む必要もありません。
電子レンジで調理するタイプと直火で調理できるタイプ
とがあるのですが 直火でできるタイプの方がお勧めです。
モロッコ生まれの鍋だそうで、むこうは水が貴重なため、
少ない水や野菜そのものの水分で蒸し料理ができる仕組みに
なっているのだそうです(^^;)
これから水不足もきそうだし、日本でも重宝しそう。
話がそれてすみません(^^;)

ちょうど タジン鍋のプレゼント企画を見つけました↓
http://present.item.rakuten.co.jp/suteki33/p/t-679661-present/

投稿日時 - 2009-09-16 17:46:52

お礼

タジン鍋、蒸し焼きに良さそう。
煮込み料理にもいいみたいですね。
入手したらぜひおいも、かぼちゃを調理したいです。

興味深いものの紹介ありがとうございます!!

投稿日時 - 2009-09-16 20:10:38

ANo.2

焼きイモのうまさを引き出すのは「遠赤外線」、伝統的には「石焼き」
です。
45度前後で芋に含まれる酵素がもっとも活発になり芋のでんぷんを
糖分に変えます。
レンジとか、ただ加熱すればいいというわけではありません。

家庭でできるのはセラミック鍋や土鍋で加熱する方法です。
直火ではない状態でじんわり加熱するのが上手段です。

投稿日時 - 2009-09-16 17:43:56

お礼

45℃前後とは、意外と低いですね。
土鍋、うちにはないですが、
もし手に入ったらそれでじっくり加熱して作ってみます。

回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-09-16 20:02:04

あなたにオススメの質問