みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

基本情報技術者の事

擬似言語対策として、学習するのはJava、C言語が適していると耳にしました。
私はもし受けるとしたら表計算ソフトで選択しますが、擬似言語は難しいと聞いているので、別途JavaかC言語を勉強しようかと思いました。
Javaは、年々人気が出ている事から、対策しやすいかはわからないのですが、わかる方がいましたら、教えて下さい。

投稿日時 - 2009-09-16 00:12:18

QNo.5293574

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

情報系の講師をしています。

擬似言語対策でしたら、迷わず「C」ではないでしょうか。擬似言語の文法は明らかにCに近いです。

以下、2つの特徴です。
「C」
手続き型言語。SQL系のストアドプロシージャや、組み込み製品用の言語として利用されており、開発に携わるのならどっちみち覚えないといけないかも。
また、午後問題の難易度は高め。文字列操作などが少々つかみずらいかもしれません。

「Java」
(依然)大人気オブジェクト指向言語。習得にはまずオブジェクト指向の理解が必要だが、人によってはCより簡単。また、「C#」「PHP」などは文法がまったく同じなので、習得のメリットは大きい。
また、午後問題の難易度は低め。アルゴリズムよりもオブジェクト指向の問題が出やすい。ただし、インターフェースが少々難敵。

※あくまで私見ですが、迷われるのなら「C」で良いと思います。

投稿日時 - 2009-09-16 23:20:29

お礼

詳しい返事をありがとうございました。
プログラム言語選択は表計算ソフトで選択しますが、擬似言語対策として、プログラミングについて知る事が出来て良かったです。
すぐに受験するわけではないので、C言語で学習してみようと思います。

投稿日時 - 2009-09-17 14:37:40

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問