みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

このmuchの用法は?:How much older is your brother than you.

こんにちは、いつもお世話になります。

タイトルの通り、何故muchなのか? 何の用法なのか?で悩んでいます。

ご存知の通り、上記の英文の意味は、「君のお兄さんは、君よりどのくらい年上ですか?」です。

具体的に、「一歳上です。」だとか答えるのに、普段は不加算に付くmuchが何故付くのでしょうか?

How older…、では間違った英文になってしまいますので、絶対にmuchは必要だと思うのですが、別にolderという比較級を強調している風にも感じません。答えが、1歳や、2歳年上の場合でも使いますから。

一体このmuchはどういう用法で使われているのでしょうか?

教えてください、よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2009-08-22 12:12:01

QNo.5227408

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

そもそも,年齢を聞くのに How old を使う。
young でなく,大きい方の old に how をつけて程度を聞く。
同じように,どれだけ older の程度が高いかを聞くのに,強めの much に how をつける。

how much で「量」でもいいと思います。
much +比較級にしても,「多量」という much を副詞的に強めとして使っていると考えることもできます。
(名詞の副詞的用法というのは,three years old のような表現にも表れています。三歳,年をとっている)

How much older を how many years older
How old を how many years old
How much を how many dollars
のように置き換えることもできます。

さきほど申し上げたように,year や dollar という単位については可算で,単位をつけなければ量的に不可算。

投稿日時 - 2009-08-22 15:43:03

お礼

大達人、何度も御回答ありがとうございます。

やっと、分かりました!

な~んだ! そういう事だったのか! どうも僕は、この、、、おそらく超基本事項だと思うので、恥ずかしいのですが、

>How much older を how many years older
>How old を how many years old
>How much を how many dollars
>のように置き換えることもできます。

知りませんでした、、、。(泣)

ここを理解すると、やっと単位なしだと感覚になるから程度のmuchなのか! と理解できました。

、、、一体どれ位低レベルな質問したんだろう、、、と恥ずかしい限りなのですが、聞くは一時の恥、、、ますます英語を精進して行こうと思います。

完全に解決です。本当に御回答に御礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-22 15:51:01

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

単なる入れ違いですので,気になさらないでください。

投稿日時 - 2009-08-22 16:48:34

お礼

大達人、わざわざありがとうございます。

これで、安心して締め切れます。

本当に何度もすいませんでした。 こんな基本的な事も知らなかった事実に自分でも驚いています、、、。

英語の勉強が大好きで何度も復習しているのですが、、、、今日突然に、、、こんな基本事項を知らない自分に気が付き、、、ショックでした。

でも、なんとか大達人の御蔭様で理解できました。

本当に御回答にお礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-22 16:58:48

ANo.10

「年齢」という名詞で考えない方がいいです。
age は置いておきましょう。
old という形容詞で年齢を表すわけだから,old という形容詞で考えるべきです。

どれだけ年上かという程度の差は量です。
だから much。
It rains much.(普通は a lot にしますが,あくまでも説明上)
Thank you very much.
のように,「ずいぶん」という副詞にもなるし,「多量」という名詞にもなる。

many は many +複数名詞か,単独で「多くの人」とか,「多くの(前に出てきた)名詞」の意味になるだけ。

とにかく,程度の差は量なんだけど,year という媒介を用いた時点で two years のようになる。

ただ,two years も year という単位についてであり,
Ten years is long.
のように,ten years 全体で一つの量と考えることもできる。
時間もお金と同様,不可算だけど,year という単位のみ,可算。

時間,お金,程度の差,これらは量的なもの。

>~~years-oldは、C、
これの意味するところはもしかして,こういうことでしょうか。
He is a three-year-old boy.
「彼は三歳の男の子だ」
という表現があります。
three-year-old で一つの形容詞みたいなものです。
year という単数で,a tall boy のように,a 形容詞+名詞です。

この X-year-old の名詞用法があって,
He is a three-year-old.
とも言え,これは一種の可算名詞です。

There are many three-year-olds.
「たくさんの三歳児がいる」のように使えます。

投稿日時 - 2009-08-22 16:09:36

お礼

大達人、質問は御蔭様で解決しましたが、さらに補足御回答ありがとうございます。


No9の御回答のお礼欄に、

>>やっと単位なしだと感覚になるから程度のmuchなのか! と理解できました。

と、返信したのですが、

再度、

>とにかく,程度の差は量なんだけど,year という媒介を用いた時点で two years のようになる。

という御回答をいただいたという事は、

おそらく、No9に僕が御礼を書いたのと、大達人がNo10の御回答を書いたのが入れ違いになっただけですよね?

もしも、僕が致命的な誤解をしていたら、教えてください。 一応明日の昼の12時まで質問を開いて置きます。

それまでに御回答がなければ、「単に入れ違いだったんだな。」と理解して、明日の12時にポイント発行して、締め切ります。

改めて、御回答にお礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-22 16:42:51

参照用の質問の方はちょっとわかりにくかったかもしれません。

代わりに追加しておきます。
「500円」「1000円」といっても
how much (money) です。
「500」「1000」というのは「円」という単位についているのであって,money 自体は不可算です。
日本人は money が不可算だといってもわかりにくいのはここに原因があります。

今回の much は比較級の強調の副詞ですので別とも言えますが,「一歳」というのはあくまでも year という単にについて「1」や「2」であって,あくまでも「どの程度の量,年上か」なのです。

投稿日時 - 2009-08-22 14:13:47

お礼

大達人、再度の御回答ありがとうございます。

流石に大体は何が加算で、何が不加算かは分かりますが、未だに分かりにくいものも存在します。

moneyは、辞書を引けば、Uマークが出てくるので、というかあまりにも有名なので、「あ、不加算だな!」と分かります。

しかし、oldを辞書でひくと、~~years-oldは、C、つまり加算名詞のマークが付いています。 ageに到っては、UとC両方付いています。yearは~~年は加算となっています。 それなのに、much。

もう正直こうなると、お手上げです。

>「一歳」というのはあくまでも year という単にについて「1」や「2」であって,あくまでも「どの程度の量,年上か」なのです。

と言うわけで、僕の頭では、年齢が程度なのか、数なのか分からなくなってしまったのです。

ただ、比較級の強調だったら、どの文法書にも「much, far, a lot, lots, by far, far and away」と記されているので、おそらくmanyは使えないんだな、、。と思います。

すいません、理解力が低くて、結局このように御回答を理解しました、

「このmuchは、比較級の強調、比較の場合は程度になるから、数えるmanyではなく、程度のmuchになる。 この場合、ageや、yearが加算なのと関係ないのは、muchの焦点がageやyearではなくてolderの程度に当たっているから。」

と理解しましたが、この理解で正しいでしょうか?

飲み込みが悪くてすいません。

改めて、御回答に御礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-22 15:44:44

いちおう,比較級の強調の much です。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5056926.html

ここで回答している通りです。

たとえば,much money というと「たくさんのお金」ですが,
How much (money)? だと「どれくらい」であり,多少に関係なく答えられます。

形容詞にしても,副詞にしても,本来は絶対的に程度が高いことを表すわけですが,how +形容詞・副詞にすることで,その程度が「どれくらい」と絶対性がなくなります。

今回も,much older だと「ずっと年上」,a little older だと「ちょっと年上」,two years older だと「2 歳年上」,
じゃあ,どの程度年上となると,
強い方の much に how をつけて,how much older「どの程度,年上」となります。

how により,much の「ずっと」という絶対性がなくなり,「どの程度の量,年上」となります。

投稿日時 - 2009-08-22 14:03:42

お礼

大達人、御回答ありがとうございます。

ご紹介いただいた、URLの質問は既に拝読済みでした。

なんとなく、やっと、分かってきました。 

>たとえば,much money というと「たくさんのお金」ですが,
>How much (money)? だと「どれくらい」であり,多少に関係なく答えられます。

つまり、howがついた時点で「たくさん」の意味がなくなっているから、大丈夫だったんですね。

そして、比較級の強調には、manyは使えないからmuchになったという風に理解しました。

こんな理解でよろしいんですよね?

改めて、御回答に御礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-22 15:29:34

ANo.6

比較級の程度を尋ねるのに直接 how を使うことはしません。
how much などをつけます。

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4680769.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4686991.html

投稿日時 - 2009-08-22 14:00:22

お礼

御回答ありがとうございます。

過去質問を検索してから質問していますし、ご提示いただいた過去質問も2つとも拝読しましたが、どうも今ひとつ分からなかったのです。

long、lengthは確かに数えられないけど、age、year、oldも、years-oldとした場合は、C、加算になっています。

と、おそらく間違った方向に考えてしまって、、、(本当は、muchってことは不加算なんですよね?)

分からなくなってしまいました。

理解力が低くてすいません。

改めて、御回答に御礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-22 15:20:56

ANo.5

much もちろん,副詞で,older を修飾しています.
アナログ/デジタルというのをご存じですか?
How much older というのは,言わばアナログで質問しているわけです.「かなり年長ですよ」というとアナログでの答え方で,「何歳何カ月上ですよ」と言えばデジタルの答え方ですね.

How much older とアナログで質問された時に,どちらで答えるかは別な話です.言いかえると、まずアナログで答えを考え,一歩進めて,具体的に数字で表わしてデジタルでの「一歳上です。」になるかもしれませんが,基本的には,どちらでの答えが返ってくるかわかりません.

投稿日時 - 2009-08-22 13:59:36

お礼

御回答有難う御座います。

投稿日時 - 2009-08-22 15:11:56

ANo.4

この場合の疑問文でmuchを使う用法もあるのかもしれませんが、私なら下記の表現の(how many)方が分かりやすいかと思います。
muchだと意味がやや漠然。

Q: How many years is your brother older than you.?
A: (He is) one year older (than I)

<別の例文>
学校の試験の結果:

Q: How many points did she get more than you at the last exam ?
A: She gots just three points more than I.

投稿日時 - 2009-08-22 12:42:48

お礼

御回答ありがとうございます。

やっぱり、年齢は数えられるので、manyと考えた方が分かりやすいですよね!

>How many years is your brother older than you.?

この言い回しは知らなかったので、大変勉強になりました。 ありがとうございます。

もう一つの例文も勉強になります。

ところで、何故「補足要求」なのでしょうか? 単なる選択間違いですよね? なにも要求されていませんし、、。

改めて、御回答に御礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-22 14:57:36

ANo.3

No.2 の方が書いておられるように、この much は副詞ととらえることができるのであろうと思います。
また、How much ~ というのは、程度・量・金額などを尋ねる時の表現で、おっしゃられるように「比較級を強調」ではないですね。

投稿日時 - 2009-08-22 12:35:49

お礼

御回答ありがとうございます。

>How much ~ というのは、程度・量・金額などを尋ねる時の表現で、

仰る通りなんですが、今回の質問の英文とはちょっと違うような気もします。(自信なし)

僕の質問の場合は、比較級の程度を尋ねるのに直接howは使えないのは何故? 又、間に何か入れるにしても何故manyはダメだったのか? 年齢って数えられるような???

手持ちの文法書3冊で調べて見たのですが、、、こんな基本的な事は解説されていません、、、。(泣)

もうすこし詳しく御解説いただけますが?

改めて、御回答に御礼申し上げます。

投稿日時 - 2009-08-22 13:54:53

形容詞ではなく、副詞として使われています。英語では、単語が複数の品詞として使われるのが普通です。

投稿日時 - 2009-08-22 12:24:03

お礼

御回答ありがとうございます。

こんな簡単な事が分からなくて困っているのですが、、

例えば、How manyだったら、数を尋ねるのに使って、How muchだったら、量、程度、価値を尋ねるのに使いますよね? 年齢を尋ねるのはHow oldで、、、、。

とすると、How much olderのmuchは?

という簡単な事を知らなかった事に気が付いたのです。

もう少し、例文を交えて教えていただけますか?

>英語では、単語が複数の品詞として使われるのが普通です。

そりゃ、そうですが、、、、、、、、、、、、。

御回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-08-22 13:38:45

ANo.1

こちらを参考にしてみてください。何かヒントがあるかもしれません。

http://www.melma.com/backnumber_30533_733407/

参考URL:http://www.melma.com/backnumber_30533_733407/

投稿日時 - 2009-08-22 12:21:15

お礼

御回答ありがとうございます。

ご紹介いただいたURLでは、吟味してみてくださいと書いてあるだけで、解説がなく、、、、。

僕には分かりませんでした。

改めて、御回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-08-22 12:44:42