みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本には法律が存在しないのでしょうか?

犯罪事件に巻き込まれています。
警察に相談しましたが取り扱ってくれません。

確かにお金も借りていましたが、すべて借用書が存在せず、
金額的には返済しているはずですが、100%以上の金利を請求されてもいました。
しょうがなく民事での裁判を始めています。
被害金額はもうすでに2億円近くになっています。
このまま倒産した場合被害金額は10億円ぐらいになります。
相手は当方の会社を倒産に追い込むことを目的とし、
裁判の引き伸ばしに入っています。なぜならば下記に記した
犯罪を起こしています。それを隠すためには私どもの会社がつぶれなくてはなりません。
1)私文書偽造 係争中 売掛金を譲り受けたという書類を偽装し
  得意先に送付  この行為によって売掛金の回収ができなくなり
  いろいろな支払い関係の期限の利益が喪失した
 その裁判の中で、偽造した帳簿、仕入台帳、領収書を提出
 なぜこのような偽装が許されるのか
2)悪質な脱税
3)強要恐喝による不正利益の搾取
4)悪質な食品偽装
5)知的障害者の預金口座よりの不正横領
6)その他たくさん
2については税務署に半年前から証拠を含め捜査を依頼したが
 いまだ無視されている。
4については犯罪場所になった県の施設の担当者に告発したが、
  犯罪場所である県の施設の担当者が相手と相談し事実の隠ぺいし
  事件をもみ消し準備に入っている。
5についても警察に証拠も提出したが、今現在その口座にお金を返して いれば横領にも窃盗にもならない。何も問題ではないといわれ、
 一連の被害届を出していたが、人が死んでいないといわれ、
 県警等にも問い合わせたが、無視され続けている。
 また裁判の準備等についても警察の担当者が加害者に連絡をとり、
 こちらの情報を教えてしまっている。
私文書偽造から始まった損害はもうすでに1億円を超えている。
すべて証拠があります。
今お願いしている弁護士に頼んでも、最初言われた弁護士費用の
半分しか支払っていないせいか、あまり親身に考えてもらえず
刑事告訴もしてもらえません。
もうすでに事件発生から約1年、ゴキブリのような生活で
何とか会社も維持ししのいでいます。
このような場合どのように対処したら言いのですか。
弁護士を新たにお願いする? 
正義感のある弁護士紹介してもらえませんか?
警察を訴える?
記者発表をする?
私の回りの人たちはなぜ相手が逮捕されないのかが理解できません。
この国には法律が存在しないのか?
今後どのように対処していったら言いのでしょうか?
場合によっては私が誰かが分かって今いますが、
すべて事実なので、かまいません。
最後の手段も含めていろいろ決心しなくてはならない時期になりました。

投稿日時 - 2009-08-03 12:53:43

QNo.5178137

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

補足を拝見しました。

あまりに事情が複雑すぎて、質問者さんも民事と刑事をごっちゃにされてるように思います。

状況を整理して、最も明瞭な刑事事件についてのみ、まず告訴するということをされては如何ですか?

投稿日時 - 2009-08-04 05:22:13

ANo.4

>私の知らないところで私文書偽造され、勝手に得意先に送られ、その書類がきたから金支払えませんといわれれば,どうにもならないでしょ。

どうにでもなるでしょ。
それは偽造で自分と無関係だからカネ払えといえばいいだけなんだから。
それでも払わないなら、単なる相手の債務不履行なんだから、
民事で訴訟でも何でもやって強制執行すればいい。

それだけだよ。

投稿日時 - 2009-08-03 16:03:51

補足

その当時は私どもの一番大きい得意先2件(約400万円)上場企業およびその系列を含むを含む約4件以外は支払ってもらいました。その2件とも弁護士より、相手が逮捕されない限り法律的にはどちらにも支払わず、解決するまで供託するといわれ他のです。不渡り事故を起こされた関係で仕入がすべて現金で、入金は一番長い得意先で納品後90日まであり、その400万円は相当大きい金額でした。尚且つ警察に正式に被害届を出し、裁判の準備をしていることを継げたあとには、その担当刑事が相手に連絡し、裁判の準備をしていることを伝えられ、その日のうちに再度相手の代理人弁護士名で再度通知書なるものを得意先約20社に送りつけ、速やかに譲り受けた売掛債権を代理人弁護士口座に振り込まないと法的手続きをとるという内容の書類を送りつけてきたらしいのです。
びっくりしたした得意先の一部は再度支払いを拒否し、一部はこのような書類を送りつけられるような業者とは取引できないということで、取引停止処分を受けました。
その弁護士名の書類も持って警察にいきましたが、詐欺ではないかと質問するとまだ詐欺未遂だ。またまた直接な被害を受けていない、もともと金を借りたんだから警察は知りませんといわれました。
金銭的に追い詰められた中小企業にとって、今後の売り上げを失うリスクを選んで裁判を起こすことはできないし、資金的な余裕もなく、
最終的には、自分の犯してきた犯罪を隠すために私文書を偽造した犯罪者を訴えることにしたのです。
また売掛債権の回収については強制執行を掛けるまでも時間ががかるのです。
ご理解ください。
今の状況で投資たらいいのかがわからなく、頭がおかしくなりそうです。

投稿日時 - 2009-08-03 17:00:43

ANo.3

正直、支離滅裂で何の被害を被ってるのかよくわからん。

脱税だの食品偽装なんてあなたが被害者になるわけじゃないだろう。
債権譲渡が偽装でも、あなたは得意先に請求すればいいだけのこと。
被害者がいるとすれば、だまされた得意先だろう。
債権譲渡で支払い関係の期限の利益が喪失したってのもよくわからん。

そんな具合だと、警察にも弁護士にも相手にされないのがわかるような気がする。
落ち着いてきちんと何が被害なのか説明したほうがいいよ。

投稿日時 - 2009-08-03 13:35:16

補足

私にもよく理解ができません。
私の知らないところで私文書偽造され、勝手に得意先に送られ、その書類がきたから金支払えませんといわれれば,どうにもならないでしょ。
事実を書いているだけで理解してくれとは言いません。
食品偽装の事実を知っているのは私であり、私がこの世にいる限りすべての犯罪が公になってしまう。だから私文書偽造した日にそいつが持っている小切手まわして続けて2回目の不渡り事故を起こさせたのです。
予定が違ったのは私の会社が倒産しなかったことが誤算だったようです。
お金がなければ月々の支払いはできません。
入金がなくなり資金がたれなくなり、約束の日に支払いができず期限の利益が喪失されました。一括請求や公正証書がある場合いろいろな差し押さえができるのです。
相手に指示されて他人の口座からお金を引き出したのは私自身です。
その時点で走らされず、後になって荒れは他人のキャッシュカードだといわれて脅迫されていたのです。その金は相手の支払いのために使わされた金です。
別に横領ではなく窃盗でということであれば私が自主をすればいいのです。
私どもの直接の被害は、相手によって失った得意先、売掛金、強要されていた不法な金利、すべてを書くことができない部分もあります。
損害よりもすべての事実を公にしたいのが本音です。

投稿日時 - 2009-08-03 13:41:15

ANo.2

>刑事告訴もしてもらえません。
刑事告訴は検察が行います。民間では民事訴訟になります。

投稿日時 - 2009-08-03 13:20:20

補足

では犯罪者は誰が罰するのですか?
告発しても一部の件は、私が直接の被害者でない以上、
私には何もできません。
個人的に告訴状、告発状を直接東京地検に出しましたが、
犯罪事実が多すぎるので、整理して弁護士から再度
出させてくれということで、受け取って
もらえませんでした。

投稿日時 - 2009-08-03 13:54:41

ANo.1

疑問なことばかりです。

>確かにお金も借りていましたが、すべて借用書が存在せず、

会社対会社の貸し借りで借用書が無いとは考えられません。

なぜ億の金が借用書なしで借りれたのか補足願います。

質問のような状況で一番疑われるのは、相手の会社と質問者さんの会社で、グルになって裏金のやりとりや脱税などの操作を行っていたのではないのか?ということです。

失礼ながら質問者さんの会社は潔白で、後ろめたいことは全くないのでしょうか?

投稿日時 - 2009-08-03 13:10:07

補足

こちらはすべて公にできます。
裏金については当方はありませんが、相手にはあると思います。
ある商品の仕入もしていた関係で、そのつど小切手にて支払いをしていましたが、私文書を偽造した後昨年、1年半分の納品書および請求書および嘘の領収書を持ってきました。相手が当方より受け取った金額の領収書が違う、少ないのです、約1年間、脅かされてもいました。
お金を借りていたのは実質500万円ほどでした。
借用書がないのはなぜかは私もわかりませんが、貸してもらった時にそのつど小切手で借りたぶんの支払いはしました。途中からは、現金で金利分として支払わされ、その後は小切手で支払っていました。
億については被害金額のことです。

借用書がないのは借用書を求められなかったからです。
当方は現金についてはわからない部分がありますが、金利を含めた支払いについては小切手のひかえを含めすべて存在していますが、それらが相手の帳簿には載っていないようです。

投稿日時 - 2009-08-03 13:23:58

あなたにオススメの質問