みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ヘッセはメタファーが知的進歩を可能にすると、どの作品で述べていますか?

リチャード・ローティ『偶然性・アイロニー・連帯』の第3章に、

「…知的進歩を可能とするのは新しいメタファーであるというヘッセの主張…」(p.109)

とあるのですが、ヘッセ(ヘルマン・ヘッセですか?)のどの作品にこの主張が見られるか、教えていただけますか。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-07-16 00:48:25

QNo.5129075

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ヘルマン・ヘッセではなくてイギリスの哲学者Mary Hesseではないでしょうか。

科学研究を対象とした哲学的考察を多く著したケンブリッジ大学教授です。

Models and Analogies in Science (1963)のなかで、科学的方法によって新しい知見を獲得するにはモデルや類推が重要であると説いています。

電波の振舞いを直接観察できないとすれば水面の波や光で観察したり、実物での観測が難しいものを縮小した模型で実験する、といった「モデル」から新たな知識を得る(=知的進歩)ことはメタファーや類推といった知的作用抜きに理解し得ないということです。

参考URL:http://www.bookrags.com/biography/mary-b-hesse/

投稿日時 - 2009-07-16 09:24:10

お礼

なるほど、分かりました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-16 15:59:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

「偶然性」という言葉と結び付きそうなのは『ガラス玉演技』かもしれないと思いました。ただし、未読なので想像の域を越えるものではありません。

投稿日時 - 2009-07-16 01:04:57

あなたにオススメの質問