みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

偏差値65以上の公立の高校に入れる条件について

私は現在中3の男子です。
私は千葉県の第3学区に住んでいて、偏差値65以上の公立高校を目指しています。
ですが、中学2年生の時は、学校は4分の1くらいしか行っていないため、合格できるか心配です。
原因は、医者からは「起立性調整障害」かもしれないと言われました。
1年生の頃は休まず学校に行きました。今年3年生になって6月下旬まであまり学校に行けませんでしたが、今はもういけるようになりました。
このまま休まず学校に行ったとして、入学試験でかなり良い点数をとった場合、
偏差値65以上の公立高校に行ける確率はどのくらいでしょうか?
自分で言うのも変ですが、勉強は得意です。
ちなみに、視野に入れている公立高校は、東葛飾高校、県立柏高校、小金高校です。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-07-15 21:44:05

QNo.5128532

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

私は船高(理数科)の1年です。まず2年時の欠席ですが、欠席自体はさほど影響はないでしょう。しかし千葉県の入試制度は内申と当日の試験で判断されます。その内申ですが、欠席はさきほど述べたとおり問題ないでしょう。(理由が障害・病気であれば問題ないと思います。)ただ、内申は中1~中3までの9教科の5段階の評定を足し、その値に95を足し、そこから自分が在籍している中学の3年生全体の平均値を引きます。この過程ででた値と当日の結果を加味して合否が決定されます。だから中2の内申が悪いと影響があるかもしれません。
でも入試で点をより多くとればいい話です。
私が聞いた限りでは私のクラスで約105~115(上記の計算をしていない つまり自分の素のままの点数)くらいです。
特色化対策は秋以降でいいです。さて、一般でどれくらいとればいいかきになりますよね?私の一般の点数のお教えします。
国 67 数 88 英 81 理 74 社 80 計 390 
これでうかりました。あとからきいた話では私の点数で普通科も多分受かったそうです。今春の問題はかなり難しく、点数もとりにくいです。
東葛400点とれれば、多少内申が悪くても受かるでうしょう。
今から内申をあげるより入試の点数をあげる努力をすべきです。
がんばってください。 何かあればまた質問してください。

投稿日時 - 2009-07-25 22:10:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

千葉県教育委員会の入学者募集要項によると、「また、欠席が多い理由又は障害があることによって生ずる事柄について説明するために、志願者から自己申告書が提出された場合は、これを選抜のための資料に加えることができる。」とあります。
第1学区や第2学区では、「3年間を通じて何十日以上、3年生になって何日以上休んだものは、合否判定委員会により決める」ようなことが書かれていた高校が多くありました。
学力とは、何の関係もありません。
とりあえず、担任の先生に聞いてください。

投稿日時 - 2009-07-16 18:17:14

ANo.3

自分は丁度千葉在住で偏差値70くらいの公立高校を卒業しました。
あなたより少し北のエリアに住んでますけどね。

意外と内申点なんて関係ないものですよ。
自分は遅刻とか休みとかがあると進学に不利になると思い、体調が悪くても学校に通ったものですが、結果から見ると内申より学力のが重要です。
大学受験の時もほとんど毎日遅刻してるようなのが現役で一流どころに受かってましたから。
学力さえキープしていれば大丈夫ですよ。

あと時代が違うからなのかもしれませんが、偏差値65なら420点も取っていれば充分のような気がします。

投稿日時 - 2009-07-16 05:01:07

ANo.2

偏差値は相対評価だからね。
それよりも5教科試験だとして何点取れるのか?
500点満点なら450は欲しい。公立の合格への鍵はとにかく苦手科目を創らないこと。落とす試験じゃないんだよ、公立は。
勉強していた事が素直に出せるような問題になってる。
だからこそどの科目も満遍なくやる事。確率は分からないけど、きちんと通って、試験でそれなりの結果を出せば十分合格できる。
夏は大切だからね。とにかくどの科目も満遍なく、バランス良く。
頑張ってね☆

投稿日時 - 2009-07-16 00:57:12

ANo.1

入学試験で他の受験生よりも高得点をとれば、合格間違いありません。

投稿日時 - 2009-07-15 22:02:08

あなたにオススメの質問