みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

うつ病+自己愛性人格障害の組み合わせについて

40代前半の女性です。交際中の40代後半男性の病気についてご相談させてください。

彼は約7-8年前に職場での過剰残業と上司のパワハラがきっかけでうつ病となり、休職と復職を繰り返しながら職場の配置転換、離婚なども経験し現在4度目の休職中です。知り合ったのは約1年前、2008年7月、2度目の休職が終わり復職寸前の時でした。

私がそばで見ている限り、彼を取り巻く職場の人間関係、前妻・子供たちと今も続く確執、また主治医の無関心さなど、周りの環境にも確かに問題があるのですが、うつ病になる前の彼を知らないため、彼の病気と付き合えば付き合うほど、長引いている病気が不安になってきました。

元々なぜうつになったのか?なぜパワハラの対象になったのか?と原因を考えているうちに、彼の言動にうつ病とだけではなさそうな気配が見えてきたため、それが何かを探しているうちに「自己愛性人格障害」という病気(症状?)ではないかと思うに至りました。

ほとんどのサイトでこの障害の判断の基準とされている下記の傾向も6つか7つは当てはまること、また主な原因と言わている幼児期の環境についても、「多忙による父親不在家庭」「母親・叔母・姉妹からの溺愛」、「社会的成功者の長男」とまさにその通りの状況です。

また成人になり発病するまでについても、本人の誇張だけではなく彼の友人などからも「頭がいい」「仕事ができる」「表現力がある」「人づきあいがうまい」とまわりには思われていたというのも、この障害の特徴と一致します。しかも本人はこの病気については無自覚のようです。(お坊ちゃま育ちは認めていますが)

(以下Wikipediaから抜粋)
1.自己の重要性に関する誇大な感覚(例:業績や才能を誇張する、十分な業績がないにもかかわらず優れていると認められることを期待る)
2.限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
3.自分が"特別"であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人達に(または施設で)しか理解されない、または関係があるべきだ、と信じている。
4.過剰な称賛を求める。
5.特権意識、つまり、特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由なく期待する。
6.人間関係で相手を不当に利用する。つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。
7.共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない、またはそれに気付こうとしない。
8.しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。
9.尊大で傲慢な行動、または態度。

本人はうつ治療にはまじめに取り組んでおり、通院と薬を飲むことだけ欠かさないのですが、少し体調がよくなってきても、「自分の性格やうつを引き起こした原因を振り返る」ことだけは断固拒否反応を示します。(それゆえに自己愛性、、なのでしょうが)

今後は自身の老化、定年、両親との死別など、うつの人にとってはかなり厳しいライフイベントも出てくるため、現在のうつ病+障害を併せ持っているとやはり完治は難しいのでしょうか?

本人の自尊心を傷つけずに、なんとか本人に自覚させ、自ら克服させる方法はないのでしょうか?決して悪人ではなく、繊細で優しい面もあるので、病気が完治する可能性があるのであれば、なんとか交際は続けたいのですが、正直今自分も軽いうつになりかかっており、かなり厳しい状況です。

この「自己愛性人格障害」については、彼の主治医にも言われたことはありませんが、確認してみた方がよろしいでしょうか?その場合、この人格障害用の薬もあるのでしょうか?

長くなってしまい申し訳ありませんが、どなたかご意見、ご回答をいただけましたら幸いです。

投稿日時 - 2009-07-03 02:18:21

QNo.5094048

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

このサイトでは病名をお伝えすることはできないので、
主治医の先生に人格障害かどうかを伺ってみてください。

人格障害とうつ病は似て非なるもので、服薬治療になることは一緒です。お相手さんが服薬管理をきちんとなさっていることは、完治に関しても希望は持てますが、カウンセリングなどを受けることを拒否する、
また体調がいいときに威張る、他のご兄弟からの干渉などがあると治りにくいので、ご本人の自覚はもちろん、ご家族揃って病気を克服しようという力がないと難しいです。
しかし治らない病気ではありません。
希望を持って「できることはやる、できないことは誰かに協力してもらう」ことで治療に専念していただければと思います。

投稿日時 - 2009-07-03 06:10:25

補足

ポジティブなご回答をありがとうございます。
家族の協力は実は私もぜひ欲しいところなのですが、ご両親、姉妹は彼を腫れ物のように扱っており、とにかく刺激と否定をしないことだけに神経を使い、一緒に治そうというよりは「うつは治る」の言葉を信じているものの具体的なアクションは全くないんですよね。またおそらくご家族はこの障害についてはご存知なく、もしそうだった場合この家族が原因で彼の人格が出来上がったわけで、その辺、どうも本人たちには話しにくいんですよね。。。またご両親に関しては2人とも70代と高齢ですし。。。とにかくまずは彼の主治医に相談してみます。

投稿日時 - 2009-07-03 20:18:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

うつ病というのは、自己の居場所が無いと感じる疾患です。
他人の存在が大きく、圧迫され自分の精神的容量がドンドン小さくなります。
ですからうつ病と自己愛性人格障害の合併という表現は、肥満とるいそうを
併発しました、といっているようなものです。

うつ病は正式な診断でしょうからその治療に専念することとして、
新たにかってな病気を作り出すことは、控えた方がいいと思います。

投稿日時 - 2009-07-03 10:38:11

ANo.1

うつ病は治ります。

投稿日時 - 2009-07-03 02:54:35

あなたにオススメの質問