みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

土地価格下落は負のサインか?

七月一日の新聞記事の『路線価四年ぶり下落 三大都市圏軒並み急減』の見出しがあり、記事の解説には以下のように記述されています。
「路線価の平均が四年ぶりに下落したことは、ようやく芽生えてきた景気回復への期待感が大きく損なった。資産価値の減少が、さらなる経済停滞を招く”負の連鎖”に懸念が深まるのが必至だ。」
「今後も資産価値の下落傾向が続けば、担保不動産が続けば、担保不動産の価値低下によって設備投資が鈍るなど景気を一層悪化させる恐れがある。不動産の冷え込みを防ぐため着実なシナリオと対策が求められる。」
 いつもこの手の解説を読むと疑問が生じます。
かって土地バブルがあり、それに煽られ成金が出ましたが、あまりの高い地価に都市中心部の開発が進みにくくなり、かつ不動産税が企業を悩ませて着ました。当時の社会党などは地価を1995年代に戻すよう強く主張していました。
 土地取得価格が下落すれば、むしろ進出するに際しても本業の仕事に資金を集中できて、元気な企業にすればかえってチャンスだと思います。銀行も担保として土地を求めるのではなく、企業の将来を考えて出資する考えを徹底すべきであると思います。

 一旦バブルがはじけると担保としてお金を貸していたほうは、大いに困りましたが、土地の下落とともに東京へ世界のブランド店が出店が相次ぐ、また容積率の緩和などによりむしろ都市中心部は人口が集中するようになりました。
 バブルの反省として土地資本主義は卒業すべきとのことではなかったかなと判断していたので、いまさら土地価格の下落をみて大騒ぎはいらないのではないかと考えているのですが、いかがででしょうか? 

投稿日時 - 2009-07-01 21:11:05

QNo.5090626

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>土地取得価格が下落すれば
>むしろ進出するに際しても本業の仕事に資金を集中できて、
>元気な企業にすればかえってチャンスだと思います。

失われた15年と言われつつ山手線の東側はこの期間に一気に再開発されて生まれ変わりましたね。おっしゃる通りチャンスだと思います。

>銀行も担保として土地を求めるのではなく、
>企業の将来を考えて出資する考えを徹底すべきであると思います。

これができる日本の銀行員が一体何人いるのかということでしょうね。理想としてはその通りなんですが、結構高度な経験とノウハウが必要な種類のことです。こと中小企業に関して言えば、新銀行東京が高い理想を掲げて設立されたにもかかわらず失敗したのはここに主な理由があると思います。

日本の銀行にそのような役割を期待できないとして、じゃあベンチャーキャピタリストを通じてにリスクのある投資をする日本人がどれだけいるか? NO.1の方の言葉を借りれば、「異常にリスクを嫌うこの国の国民が資金出すとは思えない」というのが私の意見です。

投稿日時 - 2009-07-05 11:51:10

お礼

ありがとうございます。
 地方銀行でも調査部がしっかりして、将来性がある銀行は株価も高く、外部からも評価されています。
 またそのようなタイプの銀行は過去のバブルでも、落ち込みは少なかったのですから、捨てたものでないとおもいます。

 先日器官培養でできた人工皮膚のベンチャー企業が、臨床使用できるまで3年と読んでいたのに、厚生省の臨床治験の遅れで9年も遅れ、そのため累積赤字が十二億円に達し苦しんでいるとのことでした。
 耐震建築の検査でも審査が遅れ、官製不況をおこしたと後ろ指を差されたりしているように、規制緩和が重要で、天下り人事を受け入れたりする企業が優先されたりすることなどはもってのほかです。
 まず海外で売り出そうとしている製品などの多くは何らかの規制のためではないかと勘ぐっています。
 いいものが早く市場に出回るようになれば、ベンチャービジネスに投資する魅力が十分あると思います。採算が早く取れるようにすれば、過剰な担保を設定する必要はなくなります。

投稿日時 - 2009-07-05 21:03:35

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

cafe_bmwです。

>静岡銀行

世界に伍する優良銀行なんですね。知りませんでした。ありがとうございます。

>アメリカ国債が場合によっては紙くずのなる可能性

それは米ドルの基軸通貨としての地位が揺らぐという意味でしょうか。ここではそうであると仮定して私の意見を言わせていただくと、近々でそのような状況は生まれないのではないかと思っています。

私としては、ろくな通貨防衛機能(or防衛資金)も持っていないユーロがそう簡単に米ドルと双璧をなすような機軸通貨の地位にのしあがる可能性は、少なくとも彼らが即座に動かせる潤沢な資金と体制を整えられるまではないと思っています。

>金融資産の統計から抜け出す必要に迫られているのです。

わずか1~2%の金利の銀行預金にせっせとお金を預ける金融センスの人達が、必要に迫られたからという理由で一朝一夕にリスク資産に流れるかは、私としては相変わらず疑問に思うところです。むしろタンス預金が増えそうな気さえします(笑)

逆に一度荒波の中に放り出された方が長い目で見れば金融リテラシー向上のためには良いかもしれないと思うことはしばしばありますが。

かなりご質問の趣旨と違ってきてしまったのでこの辺で引っ込みます。お付き合いありがとうございました。

投稿日時 - 2009-07-07 12:24:04

お礼

ありがとうございます。
カーター大統領のブレインであったズビグニュー・ブレジンスキーの「アウト・オブ・コントロール」(草思社)では
一、負債ーアメリカの対外債務はすでに四兆ドルを超えており、一九九二年度の財政赤字は四〇〇〇億ドルにのぼる。このような負債はアメリカの将来にとってしだいに危険な、そして崩壊を招きかねない重荷になりつつある。
二、貿易赤字アメリカは世界最大の負債国でありながら、さらに借金せざるをえない状況におちいっている。そのことが生産と雇用の重要な部門に悪影響をおよぼし、失業の引き金になっている。
三、低い貯蓄率と投資の減少-この事態を招いた一因は、特殊権益団体に有利で、しかも投資よりも消費を奨励する税制にある。その結果、アメリカは経済における主要なライバル国にくらべて、貯蓄率も投資率もかなり低くなり、研究開発の分野で世界をリードしてきた地位が危うくなっている。
 などと危惧していますし、巷に氾濫する「ドル崩壊」は上記のことを念頭においています。天安門事件でオバマ大統領が中国を牽制すると中国がアメリカ国債を買わなくなるかもしれないといって反論したら、オバマ大統領はそれ以上追及しなくなりました。日本は大人ですからそんな駄々はこねないのですが、かって橋本首相が米国債購入の是非に言及したら、ドル相場に地震が走りました。
しかし、ブレジンスキーは以下の点からアメリカに比肩しうるライバルはいないともいっています。
一、グローバルに展開される軍事力
二、世界全体に及ぼす経済的な影響力
三、世界に訴える文化的、イデオロギー的な魅力
四、世界に通用する軍事的圧力
アメリカは当分今のままでいけると思いますが、赤字たれ流しでは当分の間というのもどれだけの猶予を指すのか難しいところです。

投稿日時 - 2009-07-07 21:13:59

ANo.3

No.2です。

>地方銀行でも調査部がしっかりして、将来性がある銀行は株価も高く、
>外部からも評価されています。

それは具体的にどの銀行ですか?勉強してみたいです。

天下りのくだりは私も同感です。官庁は国民の利益のためでも、担当分野の発展のためでもなく、常に自分にすり寄ってくる既存企業の利益のために動きますね。それでも彼らは国のために一生懸命働いていると真剣に思っているのが、ことを輪をかけてややこしくしていますね。

>いいものが早く市場に出回るようになれば、
>ベンチャービジネスに投資する魅力が十分あると思います。

ここは私はやはり意見を異にします。ベンチャーへの投資がいくら魅力的になってもその効果は限定的だと考えます。

その最大の根拠は、およそ1500兆円の日本国民の金融資産の内、半分以上が60歳以上の高齢者が保有しているものだからです。

年代別個人金融資産残高(2004年度)
http://www.gamenews.ne.jp/archives/2009/01/post_4462.html

アクティブシニアと言われるように彼らは我々が一般的に持つ“高齢者”というイメージとは違う活動的な一面を持っています。しかし、こと資産運用ということに関してそこまでアクティブになるとは私には到底思えません。

貯蓄は美徳であるという彼らが幼少の頃からのすり込みは、日本の金融リテラシーの低さともあいまって頑健に彼らの脳裏に残ると私は考えています。

実際に先進各国と金融資産の内訳を比較すると日本は圧倒的に現預金の割合が高く、リスク資産へお金が流れていません。これは、高齢者の資産運用姿勢がそのまま出ているものと私は思ってます。

個人金融資産の各国比較(2007年)
http://stockkabusiki.blog90.fc2.com/blog-entry-184.html

更に、今回の金融危機で痛い目にあった人は一層保守的になる可能性もあるかもしれません。

少なくとも私は痛い目にあいました。別に保守的になるつもりはありませんが(笑)

投稿日時 - 2009-07-05 22:42:28

お礼

ありがとうございます。

 財務に強い銀行は十年くらいのチャートで見ると、極端な低株価になっていません。たとえば静岡銀行では10年前1200円台で、その後750円台にまで下がりましたがまた1000円台を超えています。

 預貯金の比率が多いといっても、預けられた資産を運用する必要があります。わけてもアメリカ国債が場合によっては紙くずのなる可能性が出てきていますので、自分でリスクを背負って投資する必要性が高まっています。ヘッジファンドにおまかせして多くの銀行は今回のリーマンショックで損害を出しています。金融資産の統計から抜け出す必要に迫られているのです。

 私もリーマンショックで株資産で損害を出しましたが、いまはチャンスと考え、いろいろ考えています。

投稿日時 - 2009-07-06 07:42:40

ANo.1

>土地取得価格が下落すれば、むしろ進出するに際しても本業の仕事に資金を集中できて、元気な企業にすればかえってチャンスだと思います

これはその通りです。

>銀行も担保として土地を求めるのではなく、企業の将来を考えて出資する考えを徹底すべきであると思います。

これは、むしろ法が逆行しています。銀行は不良債権を持ってはならぬと言うのがBIS規制のものですし、グレーゾーン金利の廃止により、事実上無担保で金を貸してはならぬというのが、日本の「正義の味方」の下した判断です。

土地成金をふやして景気対策というのが無意味であるということは私も思っていますが、残念なことに日本人は異常にリスクを嫌いますから、将来の稼ぎそのものに価値を見出すことができていないのでしょう。土地と現金くらいしか信用していない。

投稿日時 - 2009-07-01 23:22:52

お礼

ありがとうございます。
 銀行が、この事業はいけるとなれば資金を出した企業と一体となって、汗をかいていけば、失敗は怖いかもしれませんが成功報酬も大きいと思います。値上がり街で空き地を抱え込んでいることに高い税をかけるべきとさえおもいます。
新聞は地価が下がれば不景気だと騒ぎ、上がれば景気に悪い影響を与えるのではないかと騒ぎます。
 学習していないのは新聞社ではないかと思います。思い切って、納税者リストを地下に葬ったように、地価公表は古き慣行としても中止していいのではないかと思います。

投稿日時 - 2009-07-02 06:28:43

あなたにオススメの質問