みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

うつ病療養中にタレント活動するのは非常識?

私は平成15年3月末日にうつ病のため公立高等学校の教員を退職しました。その後精神科に通院しながら軽いアルバイト、塾の講師や高校の非常勤などをやりながら療養していました。現在平成21年になり、同じようにある精神科に通院していたのですが、「心が不安で不安でしょうがない。気が狂いそうだ。」と主治医に相談したところ「ただ将来のことが不安なだけでしょ」と言われ、この先生ではだめだと思い、思い切って病院を変えました。そうしたところ、新しい精神科の医師は「仕事は辞め治療に専念しなさい。できれば月に一日二日程度の仕事ができればベストです。」と言われました。そこで、以前から興味のあったタレントの仕事をしてみようと思いオーディションを受けたところ200倍の倍率をクリアしタレント活動をすることになりました。仕事は月に一度あるか無いかでちょうど良いと思い、また新しい精神科の先生も「全然問題ない。うつ病は心がとどまってしまう病気なので、そのような精神的活動がある仕事は逆にとても良い。ただ毎日だと疲れてしまい病気が悪化してしまう。月に一度ならとても良い。」と言ってくれました。ところが、私の嫁の父がその話を聞き「うつ病療養中にタレント活動するのは非常識だ。場合によっては離縁だ。」と言い出しました。「良識のある大人に聞いてみろ。それを俺に報告しろ。」と言ってきました。そこで、このサイトをご利用していらっしゃる皆様に聞きたいと思い、こちらに投稿させてもらいました。医者が良いというものを私の家内の父親は非常識だと言ってきているのです。ちなみに私の家内の父親は航空自衛隊の教育体長をしていました。私も話をしていて、「頭がカチコチだなこの人は。」と感じました。ここに投稿された意見をそのまま私の家内の父親に印刷して見せようと思っています。どうか、ご協力れのほどをお願いします。助けてください。宜しくお願いします。

投稿日時 - 2009-06-30 14:04:01

QNo.5086798

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

月に一度あるか無いかという、ご自分がやりたい仕事を、奥様のお父様は反対されるとのこと。
何故なのか、さっぱりわかりません。
#3様がおっしゃるように、一般的に言われる「芸能人」や「有名人」ではないとお察しましたが…

>新しい精神科の先生も「全然問題ない。うつ病は心がとどまってしまう病気なので、そのような精神的活動がある仕事は逆にとても良い。ただ毎日だと疲れてしまい病気が悪化してしまう。月に一度ならとても良い。」と言ってくれました。

その先生がおっしゃるとおりだと思います。
私も、とても良いリハビリになると思います。
特に、精神的な病気は、医師と患者の信頼関係が重要で、これを前提として治療が行われるわけです。
質問者様を診察している主治医が、そのようにアドバイスしているのに、反対する理由などありません。
主治医のアドバイスに反対するお父様の方が非常識です。

>私の家内の父親は航空自衛隊の教育体長をしていました。私も話をしていて、「頭がカチコチだなこの人は。」と感じました。

同感です。
お父様におっしゃってください。
「非常識なのは貴方の方です。
 頑固者の偏屈爺さんと言われないように、お嬢様の夫に理解を示すべきです。
 あまりガチガチだと、そのうちに『生きた化石』と言われますからご注意ください」

投稿日時 - 2009-06-30 15:55:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

410815さんの意図する回答ではないかも知れませんが・・・

お医者さんと義父さんではものの見方が違います。ですから義父さんが常識がないとか頭が固いという事ではないと思います。

お医者さんの言われることに間違いは無いと思いますが、タレント活動を推奨しているわけでは無く、月に1・2度やってみたいと思うことに挑戦することが良いといっているのだと思います。
それに対し、義父さんはタレント活動のような何時花咲くかわからないような不安定な職に就くことを問題にされている訳ですから・・・確かに頭が固いのかも知れませんが、娘さんの将来の事を考える父親の意見としてはいたって普通だと思います。

現状として定職に就けない以上、奥様とよく話し合い、義父さんにも病状を理解して頂くのが先決のように思います。また、タレント活動についても、ちょっと意味合いが違うかも知れませんが・・・職として活動するのでは無く、病気の治療の一環だと言うことをちゃんと説明すべきではないでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-30 16:53:16

ANo.7

書き忘れたので追記です。

世の”常識・非常識” ”一般的に・世間では”と言う物ほど
グレーで不確かな物はありません。

その多くが、個人が育った環境・価値観・時代背景等による
一個人の主観です。

この世何処にも、常識を明確に定義出来る物などなく、
全ての人に通じる常識なんて存在しません。

非常識であるかないかは、判断する人の主観です。
その人の価値観や主観に照らし合わせた時にその人にとって
常識だと思う、非常識だと思うという程度の物ですから
この言葉を大切な話し合いの場で不用意に使わない事です。

都会では常識でも、田舎では非常識、10年前は常識でも現代は非常識
エチケットやマナーとはまったくかけ離れた不確かな物です。

投稿日時 - 2009-06-30 16:07:07

補足

皆様ありがとうございます。ひとつ報告しわすれたことがあるのでsuekunさんの回答の補足内容で補足させていただきます。タレントは病気治療のためだけにやっているということを補足させていただきます。うつ病が治ったら学習塾自営で開きタレントはきっぱり辞めるつもりでございます。そしてタレントと言ってもキリのほうのタレントで良くてもTV CM 大体の仕事はチラシ・DM・WEBのモデルでございます。家族、親戚を巻き込むような大それた仕事ではありません。それから今辞めようと思えばすぐ辞められるたぐいのタレントレベルです。以上をご考慮の上ご意見をお願い致したいと思います。すみません。よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-06-30 16:34:28

ANo.5

鬱の状態もさることながら、タレントとはプライバシーの全てを
商品に変える覚悟が必要ですよ。

それは家族縁者にまで及びます。

自分自身を商品として売り物にしている訳ですから、
自分は売って欲しいけど、奥さんの事はそっとしておいてくれ
なんて理屈が通らない世界です。

さらに、一度仕事に入ったら、自分のテンションが、精神状態が
なんて関係なく仕事に努めないといけません。

親が危篤で死期が迫っていても笑顔で仕事をこなす訳です。

確かにタレントと言ってもピンキリですが、少なくとも
上記に記した内容の覚悟だけは必要です。

一つ間違えばマディアの扱いも違ってきます。
プライバシーさえも自分の都合で売り物にするこの職業に
私は身内を着かせる事は絶対ありえませんね。

投稿日時 - 2009-06-30 15:47:32

ANo.4

初めまして 二児の母です。

お仕事をされるにも、あまりにも極端ですよね。
タレント活動とは、個人だけの事では無く、その家族をもプライバシーは守れない事がある と言う事はありますよね。

興味がある仕事 と 出来る仕事の 区別ってありますよね?
奥様は 興味がある と言うだけで、普通にタレントさんでさえ、鬱病になるって職種です。
出来る仕事だとは思いませんけどね。
万一 悪化した場合、貴方がどれだけサポート出来るのか、、、そしてお父様の手前どれだけ庇えるのか 考えた方が良いですよ。
精神的活動なんて タレントじゃなくても山ほどあるでしょ~。
ボランティア活動だって そうですしね。
私的には その医者も随分無責任だな って思いますよ。
要するに《本人がやりたい事をチャレンジする事が大事》って事で 勧められたのでしょうけど、タレントさんがどれだけ精神的にダメージを受けるのか ってご存知無いからじゃないかな?

投稿日時 - 2009-06-30 15:01:58

ANo.3

「タレント活動」というとイメージが先行してしまいますが、別にタレント=芸能人になる、と言うのではないのでしょう?
月1,2回では無理ですものね。
要は「将来にわたっての責任が生じなく、精神の高揚が得られ、その後しばらく平静にしていられる活動」が精神的リハビリに良くて、偶然質問者さんの興味のあった「タレント活動」がそれに当てはまっていた、と言うことでしょう?

鬱病は「精神的な骨折の様な物」と聞いた事があります。
自分は肘関節の付近を骨折した事があり、その時のリハビリを思い出しました。
関節にある程度の負荷をかけて軽く痛めつけて、その後はしっかりと休ませる事が必要なんですよね。時間が空きすぎるとまた良くないし。

精神の骨折でも「気持ちが上がり、その後一定期間休める活動」が必要なんでしょうね。

投稿日時 - 2009-06-30 14:51:58

ANo.2

 「うつ病療養中にタレント活動するのは非常識?」の直接的な回答でなく申し訳ないのですが、奥様の父君としては「娘の夫がタレントになる」事そのものが許せないだけじゃありませんか?

 もと公立高等学校の教員だったのですからなお更だとおもいますよ。しかも一般的に(?)「鬱でも興味のあることなら行動とれるんだー」と思われてしまうのはありがちだとおもいます。

 ポイントは「嫁の父」ではなく、質問者様の奥様がどう思っているのかではないでしょうか。「嫁の父」を説き伏せたからと言って肝心の奥様がタレントになろうとしている質問者さまと共に生活を営んでくれるのかどうかが要なのではありませんか?

 個人的に・・・わたしも鬱を一時的に煩ったことがありましたが、何事にも意欲が沸かなくなり苦しかったことを覚えています。
>以前から興味のあったタレントの仕事をしてみようと思いオーディションを受けた
随分と意欲的な活動ができるもんなのだな~と、感心しました。

 おそらく「嫁の父」は「うつ病なのに」ではなく、「タレント活動」そのものに異議を唱えているのだと思います。

 ご夫婦の結束があるのであれば、どうでもよろしいことではありませんか?

投稿日時 - 2009-06-30 14:26:24

ANo.1

精神科のお医者さまは良識のある大人でしょうか。
それともうつ病の方のお仕事についてテキトーなことを言う輩でしょうか。

投稿日時 - 2009-06-30 14:22:02

あなたにオススメの質問