みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ダビング不可のVHSの保存

昔買ったスキーのVHSテープを今後どうしようか考えています。
ビデオデッキはもう壊れてしまい、再生できません。
ビデオデッキは買いなおすとして、今後もビデオデッキに依存するのはリスクが高いし、できればDVDなどに焼きなおしたいのですが、市販のVHSなので、ダビング防止機能がついている物もいくつかあります。
昔のダビング防止機能はVHSからVHSへダビングを防止していましたが、VHSからPCやDVDへのダビング時でも防止機能は働きますか?

また、昔雑誌の広告で売っていたダビング防止機能キャンセル機(なんて呼べばいいのかわかりませんが)みたいなのを使えばダビングできるんでしょうか?
って言うか昔堂々と売っていたダビング防止機能キャンセル機は著作権法違反ではないでしょうか?
実はその類の機械は全く効果が期待できず、法律に抵触しないと同時に買う意味もない代物だったのでしょうか?

疑問がいろいろありますが、古いVHSのデータをどうやって保存していけば良いか教えてください。

投稿日時 - 2009-06-21 03:06:58

QNo.5061354

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ダビング防止機能は、原盤にかけられているので、録画対象になる物すべて機能しますのでDVDはじめすべてダメです。
解決策としては、私もやりましたが、ダビング防止機能除去装置です。
INとOUTの間にセッティングするのですが、今でも売っているかどうかです。私は、当時VHSからVHS用に購入したのですが、試しにVHSからDVDにやってみましたがうまく行きました。
テープは劣化しやすいので、結婚式のビデオや子供のビデオ全部DVDに納めました。著作権は、販売や貸し出し等個人で楽しむ以外の目的であれば抵触しますが、個人用でしたら問題ありません。

投稿日時 - 2009-06-21 06:38:19

お礼

ありがとうございます。とても参考になりました。

投稿日時 - 2009-06-23 06:51:58

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

> 著作権は、販売や貸し出し等個人で楽しむ以外の目的であれば抵触しますが、個人用でしたら問題ありません。

 全くのデタラメです。

 個人使用目的で複製することは自体は法律で認められていますが、一部例外規定が設けられており、コピープロテクトがかけられている物を、そのプロテクトを外してコピーする行為は、その例外規定に属します。ですから、例え個人利用が目的であっても、プロテクトを外してのコピーは違法行為となり、禁じられています。(著作権法第30条2)

http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html#1000000000000000000000000000000000000000000000003000000000001000000000000000000

 逆に言うなら、コピープロテクトを外さないままでコピーするならば合法という解釈になります。しかし、コピープロテクトキャンセラーを使用しているなら、これはどこからどう見ても明確な著作権法違反であり、弁解の余地はありません。


> ダビング防止機能キャンセル機は著作権法違反ではないでしょうか?

 現在では明確に違法です。

不正競争防止法 第2条10
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/H05/H05HO047.html#1000000000000000000000000000000000000000000000000200000000001000000010000000000

著作権法第120条2
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S45/S45HO048.html#1000000000000000000000000000000000000000000000012000200000000000000000000000000

ただし、市販されている装置はコピープロテクトを解除する装置ではなく、画質改善装置という名目で市販されています。
 コピープロテクト解除を目的として何らかの装置を使用するとこれは違法行為ですが、別の目的で装置を使用する分には違法ではない事になっています。ですから「プロテクトを外すつもりなど全くなかったけど、使ったらたまたまプロテクトが外れてしまった」ということにして使っている事になっています。
 ただし、ほとんどの人は始めからコピープロテクトを外すことを目的として使用しており、購入者・使用者の大多数は犯罪者であるというのが現実です。


 というわけで、現状ではコピーガードキャンセラーを使ってコピーする行為は著作権法違反であり、法律で禁じられているという回答になってしまいます。

投稿日時 - 2009-06-22 17:22:04

お礼

なるほど、思えばダビング防止機能はダビング自体を阻止できるわけではなく、画質を著しく劣化させるだけの機能ですよね。
だから画質改善機として販売するのもあながち的外れでも無いのかもしれませんね。
とりあえず法律で禁じられていると言う重要情報をありがとうございました。

投稿日時 - 2009-06-23 06:56:44

ANo.2

>みたいなのを使えばダビングできるんでしょうか?
マクロビジョン程度ならコピーガードキャンセラーを使えば
ダビングできますが、現在販売されてるものがそれに対応してるか
どうかは判りません。

投稿日時 - 2009-06-21 06:34:51

お礼

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-06-23 06:51:30

ANo.1

こればかりはどうにもなりません。(方法が全くないはけでは無いが・・・)

>VHSからPCやDVDへのダビング時でも防止機能は働きますか?

モロです。
余程古いVHSとかBetaなら働きません。

あなたが質問で言っているのは「画像安定機」とか「ビデオスタビライザー」とか呼ばれるものです。
大手家電量販店では殆ど(否全く)扱っていないようです。

私も何本か持っていてどうしたものかと思っていたのですが、あるビデオキャプチャー機器で取り込んだ所マクロビジョン(コピーガード)に対応していないらしく普通にパソコンに取りこめました。(5000円弱の値段でした)
コピーガードの回避は違法ですが、元から働かないものなので違法性は無いと思っていますが、もしもと言う事もあるのでメーカーや機種名等は控えさせていただきます。

投稿日時 - 2009-06-21 05:26:35

お礼

>「画像安定機」とか「ビデオスタビライザー」
なるほど、そう言う名称なんですね。

投稿日時 - 2009-06-23 06:51:00

あなたにオススメの質問