みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

先生は、相手によって説明を変えるべきではないか?(長文)

高校の数学教員です。
私がいうのも変ですが、教員って、
決まりきった説明を繰り返す人が多い気がしませんか?

私は昔、繰り下がりが理解できなくて苦労しました。
「隣の位から借りてくる」という言葉が、その原因でした。
「借りたものは、返さないといけないんじゃないの?」
今となっては笑い話です。

ですが、何度先生に質問しても「だから隣から借りてきて…」と、
マニュアルを繰り返すような説明を受けただけでした。
『借りてくる』という言い回しさえしなければ、
タイルやおはじきで数値を視覚化してくれれば、きっと分かったでしょうが、
そういうことをせず、先生は同じ説明を繰り返すだけでした。
子供心に「この人、説明下手だ。他の言い方を知らないんだ」
と思ったことを覚えています。

小学生に限らず、生徒は我々の想像もしない所で引っかかります。
●使われている用語が引っかかっていた。(昔の私のように)
●その分野の、全体的なストーリーを誤解していた。
●先生が当然だと思って略した前提知識を、たまたま知らなかった。
これらはランダムに発生し、学力とは関係がありません。

ですが私の知る限り、生徒の引っかかっている箇所を突き止め、
相手に応じて説明を変えようとされる先生は、ほとんどいません。
誰もがすでに「完成された説明」をもっていて、
それを理解しない生徒を「勉強不足だ」と叱るように思います。

この間も、生徒と社会科の話をしていると、
日付変更線の計算をできない生徒がいました。詳しく聞くと
●NYやパリなど主要都市との時差の公式は習うが。
 一般的な時差の計算方法は、詳しく教わらない。
 質問しても「だからパリの場合は…」と、都市を限定される。
●先生は「日付変更線を超えると、一日ずらして…」としか言わない。
 日付が変わる理屈はまったく説明されないので、ずらす必要性が分からない
●でも、できないと怒られる。
そこで、時差の仕組みと計算の意味を教えると、大変感謝されました。
後で社会科の先生に聞いたところ、
「ずっとこうして教えてきた」
「そんなことで困っているとは、思わなかった」
「他の教え方があるなんて、想像したこともない」
いや、だって廊下で生徒が大声で「全然分からない」って言ってるじゃないですか…

私はそれとは反対で、わりと頻繁に
「分かった?え、分からない?」「うーん、これでは通じないのか」
「じゃあ別の説明は…」などと口にします。
しかし同じような先生を、(他の学校でも)ほとんど見ません。
時間がキツいからできない、などの理由ではなく、
そもそもこういうことに関心がないようです。
それが教師にとって、当たり前なのでしょうか?私の言うことは、甘いのでしょうか?
皆さんはどう思われますか?

投稿日時 - 2009-06-18 18:36:02

QNo.5054639

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

大学教員です。おっしゃるとおりだと思います。「高校」は関心カテゴリーにしていないので,ご返事おくれてすみません。

>「隣の位から借りてくる」という言葉が、その原因でした。
たしかにそう習いますね。私は自分なりに「上位から1つかっぱらってきて赤字を補填する」ふうに理解しましたが。

>●使われている用語が引っかかっていた。(昔の私のように)
>●その分野の、全体的なストーリーを誤解していた。
>●先生が当然だと思って略した前提知識を、たまたま知らなかった。
生徒・学生はこれをうまく言語化できず「わからない」を繰り返しますから,よくよく聞いてみて教えるほうが原因を解釈しなければなりません。すんなりと大学に入り,すんなり教員になった人には,そういう親切心が欠けているかもしれません。

>「他の教え方があるなんて、想像したこともない」
「そりゃ,あんたが本質的に理解してないからさ。わかってる人ほど,説明が易しくなるもんだぜ」というのが,その人への私の返答です。「ぶっちゃけた」説明をできる人は多くはないですね。

投稿日時 - 2009-06-20 14:08:14

お礼

>>生徒・学生はこれをうまく言語化できず「わからない」を繰り返しますから,
>>よくよく聞いてみて教えるほうが原因を解釈しなければなりません。
そう!そうなんですよね。
「何が分からないんだ」という質問がありますが、
それが説明できないから困ってるわけで。
しかし、相手は私よりベテランの先生なんですがねぇ…

投稿日時 - 2009-06-22 22:34:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

生徒の実態に応じて授業の展開を工夫したり、そもそも教材自体をそれに合わせて選択するなどということは、教科指導のみならず、学習指導・生活指導全般を貫く基本的な視点と思います。

しかし、ご指摘の通り、高校・大学の指導者の中には、まったくその視点が欠けている方々も珍しくありません。

中学校・小学校と対象年齢が低くなるにつれて、そのような指導者は減少すると思います。

なお、「授業は教師が説明するもの」という固定観念も高校・大学に多く見られる初歩的な誤解と思いますので申し添えます。

投稿日時 - 2009-06-20 23:17:35

お礼

>>対象年齢が低くなるにつれて、そのような指導者は減少すると思います。
そうなのですか!
私はむしろ、小学校の先生こそ教え方は丁寧ですが、
それはマニュアルに載っている「丁寧さ」だと思っていました。
マニュアルを離れて、「要するにこういうことだよ」と
ぶっちゃけて言ってくれる先生に、高校で初めて出会ったもので。

投稿日時 - 2009-06-22 22:36:24

ANo.4

授業はともかく、質問を受けた場合は変えるのが当たり前です。

時差の場合は、公式ではなく24時間で1回自転することを下敷きに、
その上で、経度の差がどれだけだったら、何時間のズレになるか、
そういった考え方を教えるべきなのですが…

例に挙げられた社会の先生の場合は、試験で正解を出せることが目的になってしまい、
なぜそうなるかの理解は二の次三の次になっているのでしょう。
まぁ、暗記だけでなんとかなる科目が担当だと、そうなる人も多いようです。
単なる指導力不足ですが。

露骨な言い方をすると、数学や理科だと、範囲を全て消化しなくてはけませんし、
理解させるために考えさせる授業をしなくてはいけません。
しかし、社会などは、暗記させることが目的になってしまっても構いません。
中学校レベルなら、国語や英語、理科でも物理や天文を除く大半の分野がそうです。
(理科の指導力は、そこをどれだけ理解させられるかで推し量れますね)
その差が、説明の仕方、適切な用語、例、喩えの選択につながるのでしょう。

つい昨日のある番組で、10歳の壁に対する授業が紹介されていました。
あれは、恐ろしく指導力が必要で、それ以前の仕込みも大変な授業ですが、
能力が足りない連中に限って、形だけ真似しようとして失敗するんだろうなぁ。

投稿日時 - 2009-06-19 17:18:17

お礼

確かに教科の差といえば、そうかもしれません。
時差も本格的にやると、理科の「地学」になってしまうし、
社会の先生として、それが妥協のラインなのかもしれませんね。

あと10歳の壁は、私も聞いたことがありますが…
努力しておられる先生方には、本当に頭が下がる思いです。
私にはマネできない……

投稿日時 - 2009-06-22 22:32:04

ANo.3

>先生は、相手によって説明を変えるべきではないか?
個別指導でかつてバイトをしていたものです。
個別指導ではそれをするのが当然と思っています。むしろそれができないと個別指導で教える資格はないというぐらいに思って指導にあたってきました(できていたかは別にして)。
1対1で教えていると本当に生徒には個性があるということを感じます。同じ学校から来ている2人の生徒に同じテスト範囲を教えるにしても教え方は全く違います。
私もかつて(小学校ぐらい?)は学校の先生になることを夢見ていましたし、大学で教職課程を取るかどうか悩んだ結果取らず、予備校講師も一つの道かな…と考えていた時期もありました。しかし、このような個別指導をやればやるほど、「ああ、自分には集団で教えることは決してできないな」という思いを強くしました。集団授業で全員にわかってもらえるような説明をすることは並大抵のことではないと思います。それをしようとすれば今の教育課程にある授業時間では全くできないでしょう。できることがあるとすれば「80~90%の理解度に達する生徒の割合を増やす」ことないような気さえします。
「完璧な理解ではないけど何となくわかった過半数の生徒」はおそらく質問に来ません。くるのはほとんど理解できていないごく少数の生徒でしょう。こうなると、「他の生徒は理解できているんだからわからないこいつが悪い」と先生側が思ってしまうのも仕方ないのかも知れません。
集団で教えている時は理解できる生徒がなるべく多くなるような説明をして、わからないからと質問に来た生徒には別の教え方をする。というのが集団授業でできる限界のような気もします。それをしようとしている質問者様は立派だと思います。

長文失礼しました。参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2009-06-18 23:34:05

お礼

言われると、うなずけることばかりです。
特に最後の段落は、自分でも気づいていない心理を
言い当てられてたようで、ドキッとしました。
今後は自分の心理にも注意を払いたいと思います。

投稿日時 - 2009-06-22 22:29:01

ANo.2

一般社会では、当たり前の事だと思いますが・・・

全く違う例えですが、営業マンがマニュアル通りの説明しか
出来なければ、たとえ素晴らしい商品でも、売れ行きは
イマイチでしょうね

これは、娘の話ですが、ある数学の問題で、先生の説明では、
どうしても理解できない生徒がいて、代わりに娘が説明してやった
ところ、その生徒が理解できて、その先生は、これから使わせて貰う
と言ったそうです

これだけ価値観が多様化している社会で、一通りしか説明方法を
持っていないというのは、いかがなものでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-18 19:35:01

お礼

>>一般社会では、当たり前の事だと思いますが・・・
やはりそうですよね。
また、娘さんとその先生は、どちらも素晴らしい方だと思います。
分からないのは、例の社会科の先生は特に怠惰でもなく、
人間としては普通に良い方だということです。

私はまだ二十代後半ですが、
私よりもずっとベテランで、熱心な先生はたくさんおられます。
しかし誰も、私のような対応をされません。
熱心な先生になればなるほど、
通じていようがいまいが同じ説明を繰り返し、
分からないという生徒には
「なんだ!サボってるからだ。ちゃんと聞いてたのか?」
「だから言ったじゃないか!もっとよく勉強しなさい!」
と、相手を責められます。

まるで、何かあれば「まず生徒を叱る」のが常態化しているようです。
どうもご本人達は、厳しい躾のつもりらしいんですが、
自分の説明を省みられる気配がないのが、腑に落ちません。
大先輩に対して、私もそんなことはとても訊けませんし…

投稿日時 - 2009-06-18 20:40:49

ANo.1

教師ではありませんが・・・・。

甘いとは思いません。
素晴らしい先生だと思います。

公式を丸覚えすると公式自体を忘れたときに全くわからなくなりますが、公式の原理を理解していれば応用がききます。

例えば、以前台形の面積の公式をどの段階で教えるかという議論(?)があったと思いますが、まず、平行四辺形の面積を計算する際にどのように考えるかということは図を使えば一目瞭然です。
台形の場合も図を使って説明すれば平行四辺形の応用であることから公式をおぼえていなくても計算方法を導くことが可能です。
また、この考え方(分割してみる、移動してみる)は他の図形の問題にも応用できるものだと思います。

理解してもらえないことを理解してもらうためには、原理を理解してもらう他に「ビジュアル化」や「たとえ話」が有効ではないかと思います。

投稿日時 - 2009-06-18 19:11:29

お礼

お褒めいただき、ありがとうございます。
また、私の言いたいことも、まったくその通りです。
こういうことは、何十年も教師をやっている人には、
当たり前だと思ったのですが…

投稿日時 - 2009-06-18 20:31:18

あなたにオススメの質問