みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

泣き寝入りするしかないのでしょうか。離婚に際する夫との口約束を反故にできますか?

現在、離婚に向けて話合い中です。
離婚することについては合意に達していますが、財産分与と養育費の件でもめています。

結婚十数年、高校生と中学生の子供がいます。
夫は不安定な職である上に、結婚後数年で私に無断で仕事を辞めてしまい、以来収入は下降線を辿っています。
しかも積極に働こうとせず、自分のしたい仕事が見つかった時のみするというスタイルを貫いてきました。
家族のためを思って働いてくれるように何度も懇願しましたが、聞き入れてもらえず、だんだんと仕事の話は来なくなり現在に至ります。
過去数年は超低所得です。


財産はローンの完済しているマンションのみ。預貯金はありません。
夫の婚前の貯金を頭金(購入価格の2/3)にしたため、5/6の持ち分を夫が主張しています。
そのため現在売却した際の価格の1/6相当額を渡すから子供と一緒に出て行くように言われました。

夫は結婚当初の自分の収入額をあげて「もう、十分稼いだから働く必要がない」「お金が欲しいなら自分で稼げ」「薄給の癖に威張るな」と罵ります。
その理論の延長で「自分の方が断然(金額的には)稼いでいるから、家の家具や家電、車も自分のものだ」とも主張してきます。
また、私の収入でなんとか生活できてしまうので働く気がしないそうです。
だから養育費は当然払えないと言いますし、払うくらいなら、あんまり働きたくないとも言われました。


家族は夫の我がままに振り回されてきました。精神的に脅されたり、睡眠を妨害されたり、それに加え、私は性的な嫌がらせも日常的に受けてきました。
また、過去十年くらいは夫の病気もかさなって、たいへん経済的に苦境にありました。

現在は障害年金をもらっているのですが、子供加算分も自分のものだと言って譲りません。
離婚後、養育費としてもらいたいと伝えましたが、自分の生活費として使いたいので無理だと言われました。

私たちを追い出した後、夫は今までと変わらぬ住居で、子供加算分の年金も自分のものとして使い、養育費の支払もせずに暮らすのかと思うと腹立たしくて仕方がありません。

病気の後遺症として軽度の障害がありますが、その身体でできる仕事を家族のために見つけようという発想は皆無の人です。
それなのに、離婚後は経済的に困るので自分の生活費を稼ぐために働くつもりだといいます。

軽度の障害(足を引きずる)があり、低所得だからと言って夫から養育費をもらうことは諦めなくてはいけないのでしょうか。
また、財産分与も妥協して、夫の言いなりにならなくてはいけないのでしょうか。

私としてはマンションを売ってもらってでも、養育費をもらいたいのですが…
夫はマンションを手放したら住む場所を失ってしまうので、断固として拒絶します

夫が「子供が不憫だ」としたり顔でいう度に、その偽善者ぶりに吐き気がしてしまいます。


また、一度は夫の提案(マンション売却益相当額の1/5をもらって出て行く)に承諾してしまいましたが、反故にすることは可能でしょうか。
まだ口約束の段階で、公正証書などにはしていません。

これから子供にお金がかかる時期にさしかかるので、なんとか挽回したいです。
それとも、このまま泣き寝入りするしかないのでしょうか。

まとまりのない文章になってしまいましたが、お知恵をお貸し下さい。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2009-06-18 15:44:26

QNo.5054230

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

質問者様の文章からであれば、財産分与や慰謝料及び養育費等
の請求が可能と思われます。
但し、二人だけでの話し合いでは、結論は出ないでしょうから、
とりあえず家庭裁判所に調停を申込むといいでしょう。

夫がマンションを所有していること、ここ十年位は貴女も
かなりの生活費等を負担していること、また、精神的に脅され
たり睡眠を妨害されたり、更に、性的な嫌がらせも日常的に
受けてきたこと、二人の子供も中高生でこれから学費等々に
かなりの金員が必要なこと、などを申立てれば、かなりの確率
で貴女に有利な調停案が出されると思われます。

それでも不調に終われば、弁護士に相談依頼することです。

>夫の提案(マンション売却益相当額の1/5をもらって出て行く)
>に承諾してしまいましたが、反故にすることはーーー

まず、「売却益相当額」といいますが、この時勢、益は出ない
でしょう。ということは、はなからお金を出す気は無かったと
思われます。もし、このことに恍けられても、文章等のやり取
りが無い以上、貴女も恍ければいいのです。

とにかく法律に詳しい第三者を介さなければマズイと思います
よ。。。
大変でしょうが頑張ってください。

投稿日時 - 2009-06-18 18:19:58

お礼

ご回答ありがとうございます。
kakasigoroさんのご回答を拝見して、勇気が出てまいりました。

17年間の中で夫との間にできてしまった主従関係のようなものがあり、
なかなかうまく自己主張できなくなってしまいました。

このままだと今までの苦労が水の泡となり、
いいように利用されてだけのようで泣きたい気持ちでいっぱいです。

夫は常にクローズした中で私と話し合おうとします。
これも、私を言いくるめようとする夫の戦略かもしれませんね。
第三者をはさんで、きちんと思いを訴えようと思います。

子供のためにも頑張ろうと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-06-19 14:00:48

ANo.2

 マンションに関しては、その分割が妥当ではないかと思います。
結婚前の資産での購入分が2/3 結婚後は2等分ですので1/6。
 しかし、慰謝料や養育費は権利がありますので、弁護士を立てましょう。
私は全くの素人ですが、旦那様にマンションという財産がある以上
養育費や慰謝料の支払いを拒否する事はできないでしょう。

 質問者様の場合、二人で話し合っても平行線だと思われますので
弁護士を立てないと、良い様に言いくるめられてしまいそうです。
 大変かと思いますが、頑張ってください。

投稿日時 - 2009-06-18 16:31:08

お礼

お返事遅くなりました。
ご回答ありがとうございます。

夫は職業柄口もうまく、頭のいい人なので
自分ひとりで立ち向かわずに、専門の人を間に入って頂くことにします。

いくらマンションの権利の持ち分が1/6とはいえ、
現在離婚も成立していないというのに「大きな顔して暮らしているんじゃない」とか
「いつでもここを売ってお前たちを路頭に迷わせることができるんだ」とかいわれることに納得がいきませんでした。

ついつい、脅しが怖くて夫の案に屈してしまいがちですので、
夫に言いくるめられないためにも弁護士さんにお願いしようと思います。
子供と今後のためにも、頑張ろうと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-06-19 13:54:43

ながら>反故にすることは可能でしょうか。

反故にすることは可能です。
養育費を公正証書にしたって反故にすることは可能です。
ない袖は振れないのですから。
こんなものは信頼関係の問題です。

妻との仲が悪いからと離婚したとしても、
子供が可愛く、将来を案じれば
養育費を払おうというのが一般的な
父親でしょうけど、

夫を働く機械、金を稼ぐ道具にしか考えていない
ような元嫁には養育費の名目でさえ金を払いたく
ないと考えるのも道理でしょう。

きっちりと調停にかけて、
第三者立会いの下でお互いの理、非理を
納得のいくまで話し合うことです。
http://www.rikon.to/contents3-2.htm

こういう話し合いではどちらが正しい。ということではなく、
最終的には泥仕合になりながらも、どこかで
つけるべき折り合いをつけることになるはずです。
調停でお互い納得した条件を二転三転させることも
よく聞く話です。

投稿日時 - 2009-06-18 16:25:50

お礼

お返事遅くなりました。
ご回答ありがとうございます。

夫は子供のことを心配するようなことをいいながら、
自分の生活を守ることに固執し、養育費を拒んできます。
そのくせ、子供には頻繁に会いたいと言ってきます。

一般の人の離婚にかんする認識と違うことにも閉口しています。
離婚後の住まいに口出ししてきたり、関係を持とうとしてきます。
私としては子供のことを蔑ろにしている以上、
こちらの生活には関与してほしくないのですが…

あと、夫を働く機械のように捉えてる訳ではありません。
現にわたしはほぼプータロウの夫、後に病気の夫のため
文句も引き受け、支えてきました。
好きだったからこそ、ずるずると夫のだらしなさに目をつぶってきてしまったのです。
夫は自分でも認めていますが、家族を持つことに向いていない人種なのだと思います…

双方で話し合っても埒があかないし、
結局夫の都合のいい方向へ話を持って行ってしまわれるので、
きちんと財産分与の申立てを立てようと思います。

口約束のが反故にできると分かり安心しました。
(考えてみると、これまでも夫の方から何度も話を差し戻しにされたり
反故にされてきたので、私がビクビクする必要はなっかったのですよね)

ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-06-19 13:48:52

あなたにオススメの質問