みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

理想科学工業のリソグラフRC221

理想科学工業のリソグラフRC221



 ■皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。

 理想科学工業のリソグラフRC221を持っています。
 突然、紙がジャムって印刷できなくなりました。

 現象としては、搬送ベルト(第06図)の穴から、空気が吸い込まれ紙を排出部に送り込むのですが、搬送ベルトが移動しなくなって排出された紙が止まってしまうのです。

 以前、ジャムッタことが有りました。このときに何かのショックで、ベルトが動かなくなってしまったのです。

(●Q01)何が原因でこのようなことになるのでしようか?

 自分が考えているのは、紙が詰まったショックで、搬送ベルトを動かすための歯車にかけるベルトが、切れてしまった。背面をはがしてみましたが、外れてしまったベルトは、見つからなかった。

 搬送ベルトが、動いたり、止まったりを制御するクラッチがあって、これが、何かのショックで馬鹿になってしまった。しかし、該当するクラッチを見つけることができません。

 また、搬送ベルトを動かすモータや搬送ベルトから吸い出す空気のモータも見つけることができません。

(●Q01)これらのモータは、写真のどこにあるのでしょうか?

 修理担当のリソグラフ提携店に話しても、製造してから、20年近くたっているので、修理部品が手に入らない。原因が分っても、修理できない。修理箇所に行くだけで10000円かかり、修理できないと心苦しい。

 と言ってます。しかし、どこが悪いのかどこの部品が故障しているのか?代替品や何かの間に合わせで直せないのか気になります。

(●Q01)何か良い方法は、無いでしょうか?

 モーターが、回転を止めることは、元気なモーターだったので無いのではないかと考えています。

参考写真
http://nifty20050416.cocolog-nifty.com/daiuchuu/2009/06/01-66b1.html


 たとえ、一つだけでも、お知りのことが有りましたら、
  よろしく教授方お願いします。 敬具

投稿日時 - 2009-06-16 21:12:04

QNo.5049730

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>RCの前の機種は、RAです。もし、RAのジャンクを入手できれば、RAの搬送ユニットを流用できるでしょうか?

GRやFRシリーズも同様の構造を使っています
そのために、サクションの元気な機体を入手すれば復旧させられる可能性はありますが
それなら、そっちを復旧させたほうがいいような気もします

確か、サクションはRCで確立した技術のためRAだと流用は難しいはずです

個人的な意見では流用できるパーツはまだまだ残っているものの、サーマルヘッドなどの部品やRCでしか使われていない機構の保守部品はもう入手できないため中古やジャンクを用いて修理するくらいならば・・・
という考えはあります。

>理想科学に聞くと紙をセパレートする爪の下あたりと搬送ベルトの出口近くについているとのことです。
>見ると搬送ベルトの出口あたりにガラスの目玉のようなのがあって、これが、それではないかと思いました。あってますか?

そのとおりです。
剥離爪の下のあたりにも同様の部品がありますのでそれを掃除してみてください。
もしかしたら、ドラムを抜いて右側側面にもセンサーがありますが、それの汚れの可能性もあります。
インクで汚れている場所なので注意してアルコールなどを使い清掃してみてください

> ドラムを抜いて内部を点検してカバーを閉めても、ジャムっていますのエラーが出たままです。
>
> このようなエラーの表示は、正しいでしょうか?
>
> このようなエラーの表示の仕方に何か現象を把握でないでしょうか?

用紙検地センサーが汚れるか死んでいるために、用紙を取り除いたことが検地できないためにJAM表示が消えないものと推測されます。

>背面は、モーターがついている。ベルトがついている。基盤があるのです。搬送ユニットをはずすのは、全面からはずすのでしょうか?
>
> ドラムを抜き取る方向からです。背面からはずすのではないかと言われて果たしてそのようなことが出きるのかどうかと考えた次第です。

サクションユニットはフロントとリア側のCリング3点でとまっていたはずです
それをうまくはずせば排紙側よりサクションユニットをはずすことができます

投稿日時 - 2009-06-24 22:30:04

補足

 ゴムリングをかけてしばらく印刷するとまた、ゴムリングが外れてしまいました。

(●Q01) 写真奥の歯車にゴムベルトをかけますが、ゴムベルトが外れにくいようにフランジのようなものは、初めから付いてないのでしょうか?

(●Q02) あるいは、もともと、フランジなどは無くゴムベルトが、消耗して、古くなり、間延びしてしまったので外れやすくなってしまったのでしょうか?

(●Q03) ゴムベルトが手に入れば、交換でしょうか?

(●Q04) ゴムベルトが無いなら、奥をプラスチック板のようなものをかぶせてフランジの代替に使えば、外れにくくなって効果的であると考えるのですがいかがでしょうか?

 今回教えていただき勉強になりました。構造のことを少しでも、学べたことは、プラスです。電源を切ったとき、搬送ベルトが、固くなく、簡単に動くので、なんか変だなと感じていました。ゴムベルトから外れていれば、軽く動くのは、当然ですね。インクドラムと連動しているとお聞きしました。インクドラムは、硬くてなかなか動かないのに、簡単に動くのは、変だと思ったのです。
 また、搬送ベルトが、どこから駆動して動くのか興味がありました。搬送ベルトの操作パネルを正面に見て左側の軸受けの奥が、壁を破って駆動を受けているのか調べると軸受けは、壁を破ってなく貫通していないことに気づきました。つまり、駆動は、壁を貫通した軸受けから駆動されているわけではないのです。排紙部を良く見るとゴムベルトが外れているのを発見したしだいです。

 たとえ、一つだけでも、お知りのことが有りましたら、
 よろしく教授方お願いします。               敬具

投稿日時 - 2009-07-04 13:00:22

お礼

 ■yui_oさん、そして、皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。



http://nifty20050416.cocolog-nifty.com/daiuchuu/2009/07/rc221-f64f.html

>RCの前の機種は、RAです。もし、RAのジャンクを入手できれば、RAの搬送ユニットを流用できるでしょうか?
>確か、サクションはRCで確立した技術のためRAだと流用は難しいはずです

 了解しました。やはり、異なる機種で代替は、危険ですね。
>

>剥離爪の下のあたりにも同様の部品がありますのでそれを掃除してみてください。

 参照リンクにも写真を載せています。しかし、紙ハガシ爪の周りには、センサーは、見つかりませんでした。

>もしかしたら、ドラムを抜いて右側側面にもセンサーがありますが、それの汚れの可能性もあります。
>インクで汚れている場所なので注意してアルコールなどを使い清掃してみてください
>
 参照リンクの説明文にも、書きましたが、原因は、センサーではなく、搬送ベルトを駆動するゴムベルトが外れていたことが原因でした。ゴムベルトをかけると正常に印刷が始まります。
>
>>背面は、モーターがついている。ベルトがついている。基盤があるのです。搬送ユニットをはずすのは、前面からはずすのでしょうか?
>>
>> ドラムを抜き取る方向からです。背面からはずすのではないかと言われて果たしてそのようなことが出きるのかどうかと考えた次第です。
>
>サクションユニットはフロントとリア側のCリング3点でとまっていたはずです
>それをうまくはずせば排紙側よりサクションユニットをはずすことができます

 Cリングの意味が分かりました。今回、サクションユニットをユニットを外さずに済みそうです。

投稿日時 - 2009-07-04 13:00:03

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

最近触ってないのでうるおぼえですが・・・

サクションファンはサクションユニット(搬送ユニット)の内側にあります。
サクションを駆動させているのは、メインモータからの動力をベルトを介して使用しています
んで、それらのOnとOFFは確か電磁クラッチを使っていたかな

で・・・
サクションユニットに反射式センサーがついているんだけどこれが汚れると用紙があるのに用紙がないって処理されて紙送りがとまります。

多分サクションユニットの用紙検地センサが悪いと思うけどなぁ・・・

これ以上は実機を見ないとわかりません。

基本的な構造は後継機種にも受け継がれているため、流用できる部品はある程度存在しますが
使用することにより、トラブルが発生する可能性があるためどこもやりたがらない修理だよね・・・
(パロマのガス器具みたいに人の命にかかわることじゃないけど、お客様のためを思って改造して修理すると後々のトラブルでそのことが問題になるってこともあるしね・・・)

投稿日時 - 2009-06-16 22:39:39

補足

 修理の人は、簡単に部品の交換となります。交換すれば、直りますが、部品がないとお手上げです。
 しかし、ほこりの汚れや空回りなどで部品の交換無くして修理できる可能性があるのではないかと思量しています。

 何かサポートできる提案をよろしくお願いします。

 RCの前の機種は、RAです。もし、RAのジャンクを入手できれば、RAの搬送ユニットを流用できるでしょうか?

投稿日時 - 2009-06-22 00:12:41

お礼

 レスありがとうございます。


>反射式センサー

 と言うのは、どこについているのでしょうか?

 理想科学に聞くと紙をセパレートする爪の下あたりと搬送ベルトの出口近くについているとのことです。
 見ると搬送ベルトの出口あたりにガラスの目玉のようなのがあって、これが、それではないかと思いました。あってますか?

 爪の下あたりの反射式センサーは、どこだか分かりません。
 該当らしいところをよく拭いて再起動しましたが、紙つまりは、改善されません。
 理想科学の提携店が来てくれることになりました。搬送ユニット全体を交換しなければ、ならないが、部品が無いから、解体する意味がないと言われて新しい機種を進められました。

 印刷するとすぐに紙がジャムってエラーの表示がでます。ジャムった紙を取り除いても、エラー表示は、消えません。オールリセットのボタンを押して初めてエラーが消えて印刷できますの表示がでます。

 ドラムを抜いて内部を点検してカバーを閉めても、ジャムっていますのエラーが出たままです。

 このようなエラーの表示は、正しいでしょうか?

 このようなエラーの表示の仕方に何か現象を把握でないでしょうか?

 搬送ベルトを動かすと抵抗無くころころと言う軽い音がして簡単に動くので、メインモータからの動力を受けるベルトが、空回りしているように見えます。
 クラッチが、バカになって駆動できなくなっているのかベルトが、から回れしているような印象です。

 搬送ユニット全体を解体するのは、素人の私には、困難なように感じました。それに、動作して検査する方法も十分に分かりません。

 背面は、モーターがついている。ベルトがついている。基盤があるのです。搬送ユニットをはずすのは、全面からはずすのでしょうか?

 ドラムを抜き取る方向からです。背面からはずすのではないかと言われて果たしてそのようなことが出きるのかどうかと考えた次第です。

投稿日時 - 2009-06-22 00:12:16

あなたにオススメの質問