みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

病人にうそをついてしまいました。

父は約一年半ほど前に、脳梗塞で入院しました。今は、リハビリ病院でリハビリを続けている毎日ですが、一向に良くなる気配がありません。最近では、本人の気力も体力もなくなり、家族はなすすべがありませんでした。そんな時、以前父が通院していた小さな病院が、立派な病院に建て変わっているのを見ました。(父はそこの先生をとても信頼している) 私はよく調べもせず、父に・・・頑張ってもう少し体力がついたら、そこに転院しようと話をしました。父はとても乗り気で、それ以来とても元気になった気がします。ところが、よく調べてみると、そこは、通院のみの病院だったことがわかりました。私もうかつだったのですが、間違いだったと今の内に伝えるべきでしょうか?それとももう少し治るまでだまっておくべきでしょうか?皆様のご意見お聞かせください。

投稿日時 - 2009-06-05 04:48:32

QNo.5018041

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

だまっておいて良いのではないですか。
気持ちが安定してきた時に、あえてまた気落ちするかもしれないことを言うこともないでしょう。
僕も職場に職場復帰困難と思われる病状になってしまっている同僚がいますが、月に1度くらい希望の言葉をかけにいきます。本人自身は、そんな状況がもうすぐ1年続くことになるので、自分の状況を少しづつ理解してきてしまっていますが、身内であっても最終的な部分は自己の判断になると思います。安定した気持ちで判断をくだせるようになるまでは、希望のある言葉って必要だと思いますよ。たぶん。ただ、うそをつきつづけるわけにはいかないでしょうから、どこかで良く調べてみたら通院だけだったよ。って話すことは必要でしょうけど。先生とよく話し合って通院でリハビリ可能なレベルになったら話してみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2009-06-05 05:18:10

お礼

ご回答有難うございました。(気持ちが安定してきた時に、あえてまた気落ちするかもしれないことを言うこともないでしょう)・・・この言葉の通りです。早く元気になってもらいたいので、しばらく様子を見ます。そして、元気が出たらまた考えます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-06-05 15:22:32

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

私は言わなくてもいいと思います。
私の父はすい臓がんでしたが、大きい病気をしたことがない人でしたので、気落ちがものすごかったのです。
なので、私には余命宣告もありましたが、「少し良くなればまた退院して散歩も楽しめるよ。」と励まし続けました。
病気って気力も大切です。ご自身の体調が良くなってきたり、リハビリが功を奏して体が動くようになってくると、もっといろいろなことが話せるようになってくると思います。
ご自宅で通院リハビリができるようになった時に、そちらに転院し、通院することもできるのではないでしょうか。「転院」=「入院」でもないと思います。
ここで伝えてリハビリに身が入らなくなってしまうよりなら、とりあえずは様子を見てみてはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2009-06-05 12:56:20

お礼

ご回答有難う御座いました。実は父も何かにつけ気落ちする人で、何か辛いことがあると、すぐ熱を出し(原因不明といわれています)どんどん入院も長引いてきています。最近は、何を話していいのやら、実際わからなくなってしまいましたが、なるべく元気の出そうな話題をしようと心がけています。そんな時につい不確実な情報もしゃべってしまいます。でも、また元気付いてくれたなら、まあいいかな!と考えたいと思います。

投稿日時 - 2009-06-05 15:56:12

ANo.4

情報管理・自己管理はキチンと行わないと
周りの人を巻き込んでしまいますね。

女性は《~よう》《~みたい》レヴェルの情報管理で
暮らしておられるようですが自身の暮らしでは
そのレヴェルで宜しいとしても
誰かを巻き込む情報の管理は
精度をあげたいですね。

体力がついて退院できるころには
自信がついて、通院が可能になっているでしょう。

投稿日時 - 2009-06-05 09:01:46

お礼

ご回答有難う御座いました。鋭い指摘にドキッとしました。実は、いつもこんな感じで、自分でも悩んでいるのです。職業人だったら失格ですよね。今回も、まさに勘違いでした。言う前に、ちゃんと情報を得るべきでした。・・・でも言い訳ではないんですけど、毎日弱気な病人を見ていると、ついつい喜びそうなことばかり、言ってしまって! 反省しつつ言動に気をつけたいと思います。

投稿日時 - 2009-06-05 15:42:47

それは嘘ではなく単なる勘違い。間違いというものです。

とりあえず元気が出てきたのであれば、
それはそれでいいのではと思います。

もう少し体力がついたら、と言ったのですから、
しばらくはまだ体力がついていないということにしておいて。

ある程度回復してから、あそこの病院は通院でしか通えないのだから、
そんなことでは、まだまだ転院できないよ。ということにしておいて
いいのはではないですか。

投稿日時 - 2009-06-05 08:05:39

お礼

ご回答ありがとうございました。そうなんです、勘違い。毎日父と話してたら、何か元気付ける言葉を探している自分がいて・・。だからつい早とちりしてしまい言ってしまいました。でも、少しでも元気になってくれれば、そして通院できるほど元気になってくれれば!・・・そういう日が来ることを祈ってます。そして、その時は、また考えます。

投稿日時 - 2009-06-05 15:32:37

ANo.1

言うべきです。
正直に。
それで元気を落としても、笑ってもらえればいいのですが。。

投稿日時 - 2009-06-05 05:15:16

お礼

ご回答有難うございました。色々考えましたが、しばらく黙っておくことにしました。 ・・と言うのも、父の性格はとても落ち込みやすい方だから・・。もう少し元気になったら、かるーく言おうと思います。

投稿日時 - 2009-06-05 15:10:32

あなたにオススメの質問