みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

工場 コスト削減について

工場勤務です。QC発表が有り、他の会社の方も交えて成果の発表会が有ります。今回は「コスト削減」についてのテーマで発表します。発表の準備としてテーマ決めをそろそろしないといけません。コスト削減について何か取り組むことは有りますか? 金型業界で車の部品を作っています、金型作成の際は磨く作業をします。コスト削減として、塗料用シンナーを無駄なく使用することや、型を石で磨く作業の際の石の節約(小さい石でも捨てない→細かい場所を磨く際に使える)ことなどコストを削減するために取り組めば良いでしょうか?その他身の回りでコストを削減できることなど案は有りませんか?宜しくお願いします。

投稿日時 - 2009-05-12 22:12:50

QNo.4953761

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

ウチではもう製造工程でのコスト削減は限界に近いところまでやってしまった感じなので、製品や資材をまとめて輸送するとか、値上がりしそうなモノは早めに買っておくとか、深夜や休日は電力料金が安いぞとか、シルバー人材センターから何人か来てもらおうとか、そんなことばかりやってますねぇ。
発表ではなくコスト削減を目的にして、QCの形式に拘らないで考えてみてはどうでしょうか。

資材を無駄なく使用するというのが本当にコスト削減になると分かっているのであれば、現状分析とかパスしていいので明日から始めちゃいましょう。

投稿日時 - 2009-05-13 02:19:53

ANo.5

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

時間短縮じゃだめなんですねぇ~・・コスト削減がテーマですか???
ネタが着きますよね・・・泣

『コスト』でキーワードを並べあげるしかないですねぇ~泣
そして、テーマの文章とテーマの題目ですね・・・・泣
人件費・材料費・廃棄物削減・廃棄量の重量などですか?
廃棄物を減らすテーマでかなりのコスト削減ですが!笑
今更するなって言われそうですね!
何人のチームかわかりませんが、、、データーを取るのが大変ですね。

でもQC自体がコスト削減だし時間短縮だからいつも道理で良いのではって思ってしまいます。

ちなみに廃棄物でQCしたら、、、
現状把握も目を向ければ沢山ありそうだし、メーカー別で把握が作れてグラフも作れ共通の材料でデーターが取れて、要因も対策・結果まで持っていけますが・・・
QCするものは材料としたら・・・後は量の減小ですか?内容がかなりしょぼいですが、、、変なアイデアしたら、現状把握で時間かかりそうですね・・・泣

あっ、勉強会の実施ってどうでしょう?
この不景気なので時間があると思うので、、、
全員が同じ仕事が出来るわけないでしょう、そこでQCで作業者が全員できるようになったと報告する手法はどうでしょう? 
勉強会のおかげで、一般で行う講習会代金の削減なりこの勉強会の実施時間単価でみんな出来るようになりました、また全員が出来るようになったおかげで作業効率も上がり、メーカーごとの作業スピードを秒単位で集計表を作れば・・・目標設定でおわり!

QCって、、、嫌ですよねぇ~♪  僕は嫌いです!
11月発表ぐらいですか?  
最悪なQC活動がんばってください。 
テーマリーダーって罰ゲームですよね本当にね!

投稿日時 - 2009-05-13 01:02:37

ANo.3

大企業に多い発表のために無理矢理改善テーマを作り、改善をした振りをしてその発表をしてお偉い人を喜ばす状況になっていませんか。
改善活動とその発表活動を辞めると作文作成の時間とこの発表の場でボーット聞いているお偉い人の無駄な時間給を効率化出来ると発表するのが一番よろしいかと思います。

投稿日時 - 2009-05-12 22:28:33

ANo.2

自社でQC手法の社内講師をしている、QCサークル指導師です。

発表のためにテーマを決めるのですか?
発表というのは、活動成果発表ではないのですか?
成果発表なら、その成果はどんな活動の成果なのですか? テーマも無くて活動していたのですか?
まか不思議な会社ですね???

コスト削減について何か取り組むことは有るかどうかは他人に聞く事ではなく、あなたの所属するQCサークルチームが考えるべきことです。
「何かないか」ではなく、まず、「どこに無駄があるか?」を自分たちで現状把握することです。
改善活動の7ステップの基本に立ち返ってください。

自分たちの困っていることや上司からの方針で”やるべきこと”があるはずなので、その現状把握をすれば、自然に課題が見つかります。
発表のためにテーマを探すのではありません。
テーマは探すものではありません。

投稿日時 - 2009-05-12 22:24:30

ANo.1

 
QCの手順にのっとり、七つ道具を使って現状分析から始めましょう。
すべてのコストを調べて層別することで活動の対象が見えるかも知れません。

 

投稿日時 - 2009-05-12 22:19:14

あなたにオススメの質問