みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

勉強ができない

英会話学校に通い始めて8ヶ月、まったく自分では進歩がみられません。中2レベルにも達していないと思います。

英会話の先生はすごく丁寧に教えて下さるし、自宅での学習方法も指導してくれました。

しかし話せるレベルになりません。
簡単なやりとりすら、単語でしか言葉にできません。

先生の教えてくれた学習法は、

●とにかく何も考えなくていいから、声にだしてテキストを読む事。
●シャドーイング
●毎日、英語で日記を書く
●ラジオ英会話を聞く

これだけです。
でもこれだけの事なのに、なかなか出来ません。

こんな私にアドバイスまたは気合を入れてください。
一年後にオーストラリアへホームステイする事を予定しています。

投稿日時 - 2009-04-24 11:21:26

QNo.4904782

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

自分では上達を感じられないだけで、振り返ってみると最初よりは良くなっていると思うのですが・・・・どうでしょうか。

課題を続けられないのか、続けていても出来るようにならないのかわかりませんが、
続けるのだけでも、凡人にはなかなか大変だと思います。
毎日日記を書く。日本語でも続かない人が多数のはずです。
ラジオ英会話。私はカセットテープと教材を買いましたが、挫折しました。
言われた通りに全部続けられる人ばかりなら苦労しません。
それに、シャドーイングをすぐスラスラ出来たら、英会話を習う必要ないかもしれません(笑)

気合も大切ですが、地道な継続が必要です。
もしかしたらペラペラ喋れる様子を理想にしていませんか?
それはもちろん理想ですが、最初はそうはいかないのです・・・・8ヵ月であれもこれも喋れるようには、普通はなりません。
また、正しく言うこと・理解することは大切ではありますが、
とにかく意思疎通しよう、コミュニケートしよう、と考えることがまずは肝要かと。
で、他の方々がおっしゃるように、何十回も練習してください。
諦めずに。

中2レベルに達していないなら、中1レベルはどうですか?
中1レベルが出来るなら、全然出来ないわけじゃないですよ。
Thank you. Excuse me. Yes, please. No, thanks. Hi. Hello. Bye.
このくらいは分かりますよね? こういうのは大切です。
でも慣れていないと、Have a nice day! / Thank you. You,too.
意外と口からスラスラ出ないんです、これが。

http://allabout.co.jp/study/english/closeup/CU20050826A/
http://allabout.co.jp/study/travelenglish/closeup/CU20041220A/index.htm

投稿日時 - 2009-04-24 13:26:53

お礼

確かに英会話の先生は成長していると言ってくれました。
なかなか自分では成長を感じられず、不安になっていました。

諦めずに頑張ってみます!
とても励まされました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-04-26 15:04:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

こんにちは、僕も学習者です。

此処で、英語学習を楽しんでいます。

ただひたすら、ネイテブを笑わす事を夢見て、文法書とにらめっこしながら、添削してもらってます。

質問番号:4857329、質問番号:4871117、質問番号:4787661、質問番号:4889090、質問番号:4897527、質問番号:4902844

こんな楽しい英語学習の場はありません。

質問者さんも一緒に英語で遊びましょ!

投稿日時 - 2009-04-24 19:49:35

お礼

楽しむ・・・。
あまり楽しんでは学べていなかったかもしれません。
まずはそこから考え方を変えなければダメですね。

投稿日時 - 2009-04-26 15:08:05

ANo.10

No.8です。
No.9の方のご意見を見て。
ああ、なるほど、文法ですか・・・・。

確かに文法がチンプンカンプンだと「簡単なやりとりすら、単語でしか言葉にできません」になりますね。

私は中学レベルが「解るけど使えない」のですが、
もし「使えないだけでなく解らない」なら、中学生レベルの英文法の参考書を読むと良いです。

以下のご回答No.1をご覧になってみてください。
他を読むとややこしくなるかもしれませんので、とりあえず1番だけ。
 ↓

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4904309.html

投稿日時 - 2009-04-24 17:19:59

お礼

中学レベルの参考書を探してみます。
ありがとうございました

投稿日時 - 2009-04-26 15:06:22

ANo.9

中2レベルに達していないとということは文法が分かってないということじゃないでしょうか?
文法ができてないといくら経験を積んでも伸びません。
ネイティブ以外が言葉を学ぶときには文法は必須です。

でも文法を学ばなくても学んだことになる方法はあります。
一番省エネの学習法は中学の教科書の音読です。
教科書の各レッスンをまず音声を聴いて発音やイントネーションをチェックしてから50回以上音読して下さい。
途中で内容を覚えてソラで言えるになってからも繰り返すのです。
それだけで中学レベルの文法が少しずつ体に刷り込まれていきます。
日本人の場合かなり努力しないと英語はものにならないと思います。

投稿日時 - 2009-04-24 16:36:53

お礼

やはり地道な努力が必要なんですね。
ひたすら音読してみようと思います。
ありがとうございました

投稿日時 - 2009-04-26 15:01:48

ANo.7

Milancomさんのエピソードに一票。
ここまでではないですが、北京駅でどのプラットフォームに行けばいいのか判らずに呆然。しょうがないので、近くの見知らぬ人に切符を見せました。しばし見つめた後、物も言わずに私のボストンバッグを掴んで走り出します。「あ!盗まれた!」と思い、こちらも思いっきり爆走。でも速い、速い。ぜんぜん追いつかずに、ひーひー言いながら追いつくと、ここで立ってろとジェスチャー。小銭を出すと、要らん!と拒絶。さっさと歩いて消えてしまいました。
言葉は一切要りません。タクシーも中国語。北京市内で道に迷った挙句に、交番を見つけ、地図を指差し、自分はここに行きたいとジェスチャーしてたら、"What do you want?" え”!! 中国人英語しゃべるじゃん!
びっくり。たった一回でした。知らない中国で英語を聞いたときの安堵感。
言葉がわからずに、旅をする。これは、恐ろしく辛いことです。私は英語の通じない場所で苦労したのは、中国くらいで、目的地についてからは、英語が主流でしたので、安心しましたが、当時英語は堪能ではなく、日本語の無いたった一人の日本人は最悪な苦労を重ねました。
Bastxxd と怒鳴られても、にこにこしている。無理ですよね。意味が判らない。辞書を引いて、まだ判らない。 Fxxk off! 辞書では、leave me alone. ? 雰囲気から違うんだなぁ・・・

一生懸命努力なんてレベルからみると、5桁は違うプレッシャーですよ。
何が起こって、自分がどうなるのか、英語がわからないとぜんぜん判らない恐怖。そこから出てくるやる気。ぜんぜん違います。
生きるぞ!というところまで追い詰められないと、知能は活性化しません。
日本にいて、優しい先生に会い、お金を払ったホームステーにいる。温度差があります。
とにかく、必死になってがんばったほうがいいと思います。
想像してみてください。自分が意味が判らない中にぽつんといたら耐えられるか。

DVDの字幕無しを見れば、実体験できますよ。

投稿日時 - 2009-04-24 13:13:04

ANo.6

ご質問を確認させて下さい。先生から教わった学習法の4つが、実践できないということでしょうか? それとも実践しているけど上達しないということでしょうか?

前者であれば、ご自分のモチベーションの問題になりますが、それでもアドバイスできるとしたら、難易度よりも自分の好きな分野の教材を選ぶということです。それから、日記を書くなら、ブログなどで読んでくれる相手を作ることです。

後者であれば、自分で学習したことを毎回1つずつでいいので、先生に向かって使ってみることです。英会話学校は、その時間で教わるだけだと時間が短すぎます。自分で勉強したことを使ってみる場にすると、より有効活用できると思います。

また、全般的なこととして、1年後の目標だと長すぎて、今日1日のやる気が出ないかも知れません。もう少し、目先の小さな目標を立てることをお薦めします。

投稿日時 - 2009-04-24 12:44:56

ANo.5

翻訳修業中の者です。翻訳と通訳だけではなんとかご飯が精いっぱいで、好きなお酒まで手が届きませんので、英語のお勉強もお手伝いしております。ご質問を伺うと、なんだか自分の指導力のなさを見られているようで、ちょっとつらくなります。しかし、気を取り直してふたつほど、実際にあったエピソードをご披露させていただきます。何かの参考になれば幸いです。

30年ばかり前にアメリカの大学で学んでいたときのことです。同じ大学に日本から勉強にいらっしゃっていたみやこさんという女性に恋人(ではなかったかもしれません)がいたのですが、彼はベトナム人で日本に留学中でした。アメリカにいる彼女に手紙を書いてくるのですが、それがまた彼女の女心をくすぐるのです。こういう調子でした。

「いま、しごと、おわる。みやこ、いない。さびしい。びーるのむ。ねる。はやく、あう。うれしい」

みやこさんは、このてがみを何度も読んでくれました。これが、流暢な日本語だったらこれほど彼女の心を動かしたでしょうか。もちろん、外国語だからこそできる技です。自分のことばでこんな手紙を書いてくる大人がいたら…うん、それはそれですばらしいかも。

もうひとつは、つい5年ほど前までよく話していた友人です。彼女は(また女性の話でごめんなさい)、英語とフランス語の表現をそれぞれいくつか知っていました。英語でいえば、Hello./How much?/Thank you./Goodbye./How old are you?それから、1から10までも言えたようです。いつもちいさなノートブックとペンを持ち歩いていました。それで、世界中ひとりで旅行するのです。

ホテルに泊まるときは、値段の手頃そうで「おしゃれな」(これは、とても重要で、そういう空気が感じられるものなのだそうです)ホテルを探して、はいります。フロントに立って、Hello.と微笑んでみて、笑顔で対応してくれればたいていOKだし、なんだかんだとわけのわからないことをいいだしたら、それは「今夜は満室だ」と言っているのだから、Thank you.といって、次を当たるのだそうです。

この調子で、ノミの市で値切り交渉もやってのけます。店の人に笑顔で、Hello.そして、めぼしいものがみつかったら、How much?すかさずノートブックとペンを差し出す。書かれた値段は、しばらく見つめて思案顔。おもむろにバッテンをして、矢印のさきにうーんと安い値段を書いてみせる。そうすると相手もバッテンつけて返してくる。これを繰り返して、折り合えばOK!(そう、彼女はこれもいえる!)とばかりお金を払う。そうでなければ、Goodbye.と店を出る。と、ときには襟首つかまれて引き戻されることも。そういうときは、たいていさらに値は下がる…。

これで結構地元の人とも会話をエンジョイしてくる。イタリアの田舎町を旅行したときなんか、公園でひなたぼっこしてるとおじさんが話しかけてきたそうです。むこうさんも、英語は外国語だし、彼女のとつとつした英語を聞くとゆっくり話してくれる。

Where are you from?
Japan. Okayama.
Where is Okayama?
さっそくノートブック登場。実におおざっぱな日本地図を描く(あとで実際に見せてもらったのですが、日本の中学校の地理の時間だったら落第とはいわなくてもかなりひどい点数しかもらえないに違いないしろものでした)。
(地図に●を描きながら)Tokyo. Kyoto. Hiroshima. Okayama.
Tokyo, Okayama. 3 hours. Fast train.
そうしているうちに、公園の人が三々五々集まってきて、鼻だの目だのを何と言うか、日本語とイタリア語の交換会になったそうです。目をイタリア語でオッキーというと聞いて、
Okkie is big in Japanese. Big Okkie. Okkie Okkie.
などとトリリンガル(?)なジョークまでかまして大いに受けたとうれしそうに教えてくれました。

英語を学んでいて、このベトナム青年と日本人の友人のコミュニケーションに対する態度をいつも心に刻んでおこうと思っています。心を忘れたことばは、どんなに流暢でも何も伝えることができないから…。なんだか、自分の反省を書いただけで、回答になっていませんね。すみません。

投稿日時 - 2009-04-24 12:42:21

お礼

回答ありがとうございます。
とても面白い内容でした。

投稿日時 - 2009-04-26 15:10:46

ANo.4

ひとつ気になることがあります。「できない」というのは、単なる思い込みではないか、ということです。話し相手からの目線で見れば、あなたの英語がどうなのかはあまり関係ないのです。それよりもどういう人なのかに興味があります。これが世界から見た「あなた」なのです。

勉強の効率を上げるには、ご自身の興味のあるものをピックアップしてください。趣味や特技etc. それをitunes などのPodcast に検索させてダウンロードしてください。始めのうちは難しいかと思いますが、そこは気持ちでカバーできます。

もうひとつは、未来を想像してみましょう。これが結構やる気を起こさせます。楽しいホームステイをです。落ち込んでいる場合ではありませんよ。

【気合】というのは、いかにも体育会系ですね。あまり責めたり、追い込んだりしないほうがいいですよ。少なくとも、話し相手はそういうものを望んでいませんので。

投稿日時 - 2009-04-24 12:12:06

ANo.3

頻度にもよりますが、英会話学校に8ヶ月通っても、すらすら話せるようになる人は稀です。

1時間ほどの海外ドラマ1話分をまるごと暗記してみてはいかがでしょう?暗記できたら、テレビの音声をOFFにして、自分の声をあてていきます。

この練習方法で大事なのは、ある程度暗記できてからも同じ内容を暗唱しつづけることです。同じ内容を暗唱しつづけるうちに、イントネーションの微妙な違いに気づいたり、頭で考えなくても声に出せるようになります。1日1時間、3ヶ月ぐらいやると確実に効果を実感できますよ。

あと、シャドーイングのコツですが、30秒程度のセンテンスを、15分程度繰り返します。ストップウォッチで計るぐらいの勢いでどうぞ。

兎に角、頭で考えなくても勝手に声がでるくらい、ひとつのことを練習することです。ひとつのことを完璧にすれば、横に広げるのは案外簡単ですので。スパルタ方式でいきましょう!

投稿日時 - 2009-04-24 12:06:42

ANo.2

英語は、量がものをいいます。自宅で1日何時間くらい学習していますか? いま中2レベルにも達していないということですと、まったくの初心者と考えて、少しでも聞き取りやすくなるなど進歩が見えるようになるには200時間、片言でも会話をやりとりできるようになるには、1000~2000時間の学習が必要です。やり方が悪かったり、人によってはもっとかかります。

もし、毎日30分程度しか学習しておられないとすると、8ヶ月くらいで進歩が見られないのは、むしろ当然です。まずは自分が英語学習についやした時間を記録することからはじめてみてください。可能な範囲で、1年の学習時間の目標を立ててみるといいでしょう。

音読やシャドーイングは何回くらいずつやっておられるでしょうか。まずは、最低30回音読をやってみてください。そのときうまくできるようにならなくてもかまいません。別の日に同じものをまたやりましょう。同じテキストをあわせて100回とか200回とか音読すると、かなりすらすら読めるようになってきます。

シャドーイングは、あまりできないようであれば、最初のうちは1文ずつ英語をとめて繰り返して言うリピーティングとか、テキストを見ながらシャドーイングのように音を追いかけるのもいいでしょう。ぜんぜんできないことをやるよりも、楽にできるかちょっとがんばればやれる程度のことを繰り返して、完璧にできるようにしていくことが大切です。

日記は、いまのところはそれほどがんばらなくてもいいと思います。書くのなら、毎日1行か2行でいいでしょう。テキストにある文章の一部を変えてみるような練習をしたほうがいいかもしれません。たとえばShe has a dog.とあれば、I have a dog.とかHe has two dogs.とかいう文章を作ってみる。

投稿日時 - 2009-04-24 11:45:30

ANo.1

●の課題をこなせば、必ずOKになるか・・・・会話は別次元と考えたほうがいいでしょう。
自発性が要求されますが、自分で何か訴えたい欲求が不可欠な気がします。
●は、発音を上手にするために必須です。しかし、会話では上手な発音より、中身が相手にとって興味があるかどうかが肝心です。さらに、これが最も困難なのですが、聞取ることができるかどうかが最大の難関で、これさえ判れば、自分の意見を言えるので、楽です。
それと、行けば判ると思いますが、スピードです。
とにかく、決まった文句は暗記していないと付いていけません。
例えば、
You ate your dinner, didn't you.
という当たり前の言葉が、前後で結びつくように練習しないと、
You had your dinner, weren't you.
となります。
なんでも、aren't you で済ました人も知っています。これが初心者には余裕がなくて、動詞を合わせられないのです。

自発性の練習は、日記です。なんでもいいので、自分で説明をできるように、出来事を解説する練習です。雨が降った。踏み切りで待たされた。自動車にはねられるかと思った。いすから滑って落ちた。
なんでも、かんでも、英語で解説できないと、会話は成立できません。
幸い、オージー(Ozee)は、発音が比較的聞取りやすいのと、人柄が優しいので、苦労することは無いかもしれません。
文法が、とか、正しくは、とか、一切忘れることです。通じればいいんです。大胆にいい加減かつ、適当にしゃべりまくれるかどうかが分かれ目です。判らないときには、聞く。必ず判りやすく説明してくれます。

日本では質問するのを極端に遠慮します。英語圏では反対です。恥ずかしいという概念が無いと思うほど、つまらない質問を連発します。
同じ手法でいけば、判らないときには、質問攻め。Why?で一杯にします。
ホームステーということは、大抵お客さんですから、多少ずうずうしくても(あんまりだとまずい)大丈夫です。
楽しんできて下さい。

投稿日時 - 2009-04-24 11:34:04

あなたにオススメの質問