みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

勉強する意味はなんでしょうか?

私は現在中学3年生です。
小学生の時よりずっと考古学者を夢に見てきました。

5教科を勉強する意味が分からないのです。
「こんな勉強している時間があるなら考古学の勉強をしたい」
と思ってしまいます。

5教科の勉強とはなんのためにするのでしょうか?
自分の夢に繋がる勉強だけをしていてはダメなのでしょうか?
もちろん、勉強はしなくてはならないものということは分かっています。
何故「しなくてはならないのか」その理由が分からないのです。

今年、受験ですが上記のことを悩んでおります。
回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-04-06 15:02:01

QNo.4857404

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは

う~ん、いいねーー若い時期には必ず悩む疑問です
みんなこういう悩みを経て、成長していきます

英語・・・どの分野の考古学か知りませんが、
学術論文を調べるのに英語読む必要ありますね

数学・・・論理的思考を養うための訓練です
AがB,BがC、ゆえにAはCである
ということを訓練するには、数学の勉強が最適です

国語・・・考古学勉強して論文発表するにはそりゃ必要でしょう

社会・・・歴史・地理。考えるまでも無く考古学に必要

理科・・・地学なんか考古学には必須でしょうし、化学的分析も
     考古学には大変重要でしょう

なので中学高校レベルで考古学に不必要な勉強なんか
一つもないんじゃないですかね。

>「こんな勉強している時間があるなら考古学の勉強をしたい」
今のあなたの知識で勉強できる考古学の知識ってなんですか?

放射性炭素年代測定 で、発掘された土器の年代を測定することできますか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BE%E5%B0%84%E6%80%A7%E7%82%AD%E7%B4%A0%E5%B9%B4%E4%BB%A3%E6%B8%AC%E5%AE%9A

例えば地層の年代測定で検索すると下記のページが見つかりますが
今の数学の知識で、下記の計算式理解できますか?
http://www.s-yamaga.jp/nanimono/chikyu/nendaisokuteiho-02.htm


正直、中学生ぐらいの時って、確かに勉強することの意義について
悩むんですが、結論としては
「中学レベルの知識は、まったく役に立ちません
もっともっともっと、はるかに高度な勉強をする必要があります
中学で勉強することは基本中の基本です」

そして高校受験・大学受験で、基本ができない人は振り落とします
考古学研究の入り口にさえ立つことができません
ただしそういうルートを経なくても、例えば地元の貝塚の研究だけは
やけに詳しいとか、化石発掘だけに執念を燃やす。年代測定なんかは
専門家にまかせる。なんていうことは可能です

今はまず高校受験に向けて、勉強すること
そしてその先は大学受験に向けて勉強することが必要です

今は、吉村作治先生の著書読むとか
考古学についてかかれた一般書を読むとかで十分かと思いますよ

がんばってくださいします。

投稿日時 - 2009-04-06 15:22:35

お礼

とても納得できました。
いつも学校の先生に聞いても「義務教育だから」みたいなことしか言われなかったので…。
中学生でやってる勉強なんてちっぽけなものなんですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-06 17:04:40

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

少なくとも中学までで言うと最低5教科は必要です。
考古学と言いますが、国内なら古文書を読む力(古文や漢文)、研究結果を発表する力(現代国語)がいりますし、海外の分野なら英語は必須です。論文も英語になりますから。考古学というと社会は必要ですよね特に歴史と地理は切っても切り離せません。また、発掘をするなら地層などに詳しくないとダメだし、発掘した物を研究するのに物理や化学の基礎知識もいるでしょう。また、計算力もないとダメな場合もあります。考古学とは文系でも理系でもあり得ますので、余計に5教科全部の基礎知識は必要です。
それと、現実的な問題として、考古学の学者になるなら最低限大学に入り、さらに大学院などに進む必要はあります。
そうなったときには、良い大学(一般的に言う偏差値の高い大学)に入らないとダメです。また、国立大に行くならどうしても大学受験で5教科が必要になりますので、やっておかないと考古学の門もたたけません。

参考までに。

投稿日時 - 2009-04-06 16:35:34

お礼

文系、理系どっちもなんですか…。
全てオールマイティーにできないといけないのですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-06 17:31:09

ANo.6

わたしも自分の好きなことだけしてたかったです。教科別に見ると偏った人で、方や赤点寸前、方や偏差値100オーバーなんてこともありました。

もし、好きな勉強だけして過ごしてたらどうなったかと考えると、多分たいした違いはなかったと思います。いかなる理由があろと、苦手なことはどうせ年取るとやらざるを得ないし、問題に直面してからやっても遅くはないからです。むしろその方が最適化されます。(苦手な教科は結局モノになってませんので)

ただし、得意なことは非常に早く習得できるんで、学校では教えられる人がいなくて暇を持て余すことになったと思いますけど。

で、わたしも意味がないと思うんですけど、あなたの目指す職業に関連しそうな現実のお話は考えておいてもいいと思います。

一番大切なことは、ある得意な点を職業にしようと思ったら、それを現実に価値のあるものとするためには別の能力が必要になってくるということです。

考古学なら、価値を認めてもらってお金を出してもらうのはかなりの困難を伴うでしょう。研究なら、論文を英文で書く必要があったり、世界の著名な人たちと専門的な議論が出来なれればなりません。その上で、今世界にない知識を新たにもたらすことが出来るのか? といったことがあなたの存在意義になります。単に今ある知識をお勉強したいというだけではなんの生産性もありませんし、そんなことに誰かがお金を払ってくれるはずがありません。

必要なお金を稼ぐために、自分の知識や研究を元にした文献を執筆するなんてことも必要になってくるでしょう。本を書くなら日本語もちゃんと出来ないとダメです。なんでもそうですが、基礎がわかってないと、意味の通る文章を書くことが出来ません。表現できない知識はこの世にないのと同じです。

研究費をマネージメントするために数字に強くないとダメでしょう。これらは、高校までに学ぶレベルは必要になってきます。

後はまぁ、科学的なものの考え方や基礎も必要ですよね。論文を読んで理解できないんじゃお話になりませんから。

それから、第一人者になりたいなら (考古学は生産性はありませんのでお金をもらうには一流である必要があるでしょう) 新しい境地を開く必要がありますが、新しい発想をするためのスキルの一つとして、他の領域の考え方を持ち込むというのがあります。そのためには勉強に限らず、広い領域の知見が必要になります。

夢を諦める必要はありませんが、それが「遊びなのか? 価値ある活動なのか?」は常に問うていかねばなりません。社会に貢献できないなら、対価を受け取ることは出来ません。(裏道もあるけど最初からそれを目指のはお勧めしない)

どっちにしろ、成績が良くない人をわざわざ高い地位につけたりはしないですよね。あなたは中学高校程度の勉強など軽がると超えていく能力の高さを示す必要があります。

投稿日時 - 2009-04-06 15:42:24

お礼

やっぱりどう見ても生活するには厳しい職業ですよね…。
社会に認められる考古学者になるためにも、今の勉強を頑張ります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-06 17:23:09

ANo.5

国語・英語:論文発表&参考文献を読むのに使います。地域によっちゃ古文・漢文等も使います。
数学・理科:考古学だと、例えば出土した物の年代を計測する・統計・分析などはこれらの知識が必要です。地学は当然・薬品知識は化学。生物植物・気象の知識も当然必要…
社会:歴史・地理・社会学・経済学も必要でしょう。
高校までじゃ習いませんが宗教・哲学(当時の生活観・死生観の考察)まで要求されます。


というか、考古学ほど五教科内容がフル活用される学問もそうそうないんでは?と思います。
高校程度なら理系&文系の両方を勉強して全部判った上でまだ足りないって位ではないかと。

投稿日時 - 2009-04-06 15:37:13

お礼

とても壮大な学問だったんですね…。
自分の持っている知識がまだまだ下の下位の知識なんだと思いました。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-06 17:15:10

ANo.4

前の回答者の方とかぶりますが、他の職業ならいざ知らず考古学者なら5教科全部必要(考古学につながっている)でしょう とりあえず

あと、中高の知識は世間では結構常識として扱われてしまいます 例えばこの先炭素14測定法は詳しく説明してくれることはあっても 炭素とは同位体とは… を説明してくれる人はいません


中学の内容はあくまで“基本”なんで、やらなければその先の高度な知識は身につかないかと

投稿日時 - 2009-04-06 15:32:41

お礼

考古学の上級者向けの資料を読んだときに難しいなぁと思うことがありました。
基礎がなっていないからですね…。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-06 17:11:49

ANo.3

勉強は5教科だけでないとは思いますが、
参考までに。

国語は、当然”人にものを説明する”必要があるため、必須です。
算数(数学)は・・・だから・・・であるとか、証明等必要になることもありましょうし、空間図形等の把握にも必須です(これくらいしか思いつかなかったですが・・)
社会は言うこともなし、必須ですよね?
英語は、文献を読むには必須です。(話す必要もあるでしょう)
理科は、言わずもがな、必須ですよね。(例えば、半減期を知らない考古学者はいないわけで:理科、というより物理学ですが。)

体育は、体力つけるために必須です。体力がないと研究が進みませんよ。
家庭科!?はサバイバルをするのに必須です。
音楽はリラックスするのに必要です(笑)

ほら、必要でしょ?専門的になれば5教科もいらないとは思いますが、
大学にいっても5教科(っぽいもの)やりますし、体育があるところ
だってありますよ。
中学生程度の勉強は基礎固めなのです。
基礎固めがしっかりと出来て、飛び級くらいできるようなったら
思う存分夢に向かって進めばよいと思いますが、これいかに。

投稿日時 - 2009-04-06 15:28:27

お礼

とても分かりやすかったです。
数学や理科は関係ないと思っていたのですが、何をするにも5教科は必要なのですね。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-06 17:08:55

ANo.1

英語ができないと、自分の発見を海外に知らせることができませんし、海外での活動もできません。
もちろん通訳などもいるでしょうが、自分の言葉でしか伝えられないものがあります。

数学ができないと、論理的な説明力が養われません。
さらに遺跡や発掘品には数学の産物もあるでしょう。
(ピラミッドなどは建築に数学的な手法を使っているようですし)

社会は言うに及ばないのではないのでしょうか。
歴史も地理も公民も…

理科ができないと、放射性炭素による年代測定などの測定原理や科学的調査のアプローチ能力などに困ります。

そして何より、考古学者よりも憧れの仕事が見つかるかもしれません。
そのときのために、勉強を放棄して可能性をつぶしてはあなた自身が困ります。

投稿日時 - 2009-04-06 15:18:58

お礼

確かに未来はどうなるのかは分かりませんね…。
いつも絶対になるとばかりに思っていたので、そんなこと考えたこともありませんでした。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-04-06 16:56:15

あなたにオススメの質問