みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

会社員から独立の際に

現在会社組織で、美容部門の店舗の店長をしておりますが、独立を考えております。

私が退職ということになると、その店舗の専門技術を持っている社員がいなくなり、アルバイトのスタッフは今のところ、自分達も退職し、新店舗に改めて入ってくれるとのことなので廃業ということになると思います。

その場合、店舗で使用していた物品などを買い取りたいと思っているのですが、どのような計算方法になるのでしょうか??
購入時の金額ではないですよね。

詳しい方いらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2009-03-30 00:16:26

QNo.4837667

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

 makikei060さん こんばんは

 #1です。

 事業を行う上で色々な機器類(道具等や事業用の建物等を含めて)を購入して事業を行っている方は多いかと思います。そう言う機器類(税務上は「資産」と言います)は、新品で購入した時点と数年使用した後では故障もし易くなるでしょうし、色々な諸問題も出易くなってきます。つまりそう言う資産は数年使用した事で価値が低下している事を意味しています。
 各種税務処理を行う上で必要な知識の「簿記」の考え方は、色々な資産を全てをお金に換算して考える考え方です。たとえば50円で購入した消しゴムは、一切使用してなけでば50円の価値・半分使用したら25円の価値と言う感覚で物事を全てお金に換算して考えます。例えば100万円で購入した事業用の自動車は購入日では100万円の価値が有ると考え、数年使用した後では100万円の価値がないと判断します。

 具体的に言うと例えば100万円で購入した事業用の自動車は、まず100万円の資産として帳簿上に載せます。そのあと使用した年数に合わせて一定の割合で償却(価値を減らしていく事)して行きます。この償却の事を「減価償却」と言います。この「減価償却」は「減価償却費」と言う科目で経費計上します。したがって事業用で購入した資産は、帳簿上に全ての価値価格が載っている事になります。

 実際の税務処理上の話をすれば、20万円以上で購入した資産は減価償却します。10~20万円で購入した資産は、減価償却するか経費繰り入れで一括償却するかを選択します。10万円以下の資産は、経費繰り入れで一括償却です。ここで解からない言葉が出てきたと思います。「経費繰り入れで一括償却」です。たとえば5万円で購入したPCは価格が10万円以下なので、たとえば電気代・交通費等と同様に粗利益からマイナスして純利益を出す事になります。

 前レスで記載した通り中古業者からの購入でなく実際に使用していた事業者からの直接購入の場合は、「簿価」での購入が一般的になります。この「簿価」とは、減価償却対象資産の帳簿上に載っている減価償却した残りの資産価値の事を言います。たとえば100万円で購入した事業用の自動車の場合は、使用事業者から直接購入する日までの減価償却した残りの価値価格が「簿価」になります。
 以上が減価償却対象の資産の「簿価」です。では減価償却対象外の資産の場合はどう考えるかですよね。この場合は帳簿上は「経費繰り入れで一括償却」ですから、帳簿上の「簿価」は「0円」です。とは言っても実際に使える物を0円で売る訳には行かないと思います。この場合は減価償却対象資産と同様の方法で減価償却した残りの価値を「仮の資産価値」として、その価格で購入購入すれば良いかと思います。

 以上何かの参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2009-04-01 18:12:33

お礼

#1さん ありがとうございます!

大変分かりやすくかつ丁寧に教えていただき本当にありがとうございました。
参考にさせていただきます!

投稿日時 - 2009-04-01 22:01:25

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

 makikei060さん こんばんは

 中古業者からの購入ではなくて現時点の使用者からの購入となると、一般的には「帳簿上の価格」での購入になります。

 以上の内容でお解りになりますか???「帳簿上の価格」ってなんだか解かりますか???この用語が解からないと言う事は、簿記が解かってない事を意味しています。ですから解からない様だったら、再度質問して下さい。お答えしますので。

投稿日時 - 2009-03-31 02:48:06

補足

こんにちは ご回答ありがとうございます!

簿記はほとんど分からないのですが、減価償却 耐用年数 といったことが関わってくるのでしょうか

多分会社側は材料費以外はそういった評価価格はつけていないと思います。材料費だけは毎年たな卸しをして評価していたのですが・・・

その場合店舗にある物品を全ておこして評価して適正価格を出すということでしょうか?

違ったらごめんなさい。ご回答お待ちしております。

投稿日時 - 2009-03-31 08:37:31

あなたにオススメの質問