みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

アフィリエイトの所得に対する確定申告の申告義務

私は今大学生で、アフィリエイトによる収入が年間150万あります。
アフィリエイト以外の収入はありません。
今年から確定申告しなくてはいけないのですが、親の扶養控除などがあるので税金を可能な限り節税したいです。


いろいろググっていて、

Q、学生なんですが…?
A、年間所得が38万円以上あれば年齢に関係なく申告義務はあり、知らなかったでは済みませんよ。貴方が扶養されていた場合だと、年間の課税所得金額が38万円以上で扶養控除が受けれなくなります。
16歳以上~23歳未満の特定扶養親族の場合は所得税で「63万円分」、住民税で「45万円分」。一般の扶養親族では所得税で「38万円分」、住民税で「33万円分」となります。また、多くの企業では家族・扶養手当を出しています。
しかし、「課税者」になったとたんに手当てが全く出なくなる場合がほとんどです。年間で「15~25万円(企業による)」の手当てがなくなります。親や家族にも迷惑をかけるので必ず話をしましょう。

という文章を見つけたので質問させていただきました。



現行の税法において、学生の場合は年間所得が38万円以上なら税金がかかり扶養控除が受けられなくなるので、
必要経費を120万円計上した場合、年間所得は30万になり、年間所得が38万円を切るので申告義務は発生しなくなり、
税務署に青色申告を出す必要がなくなるので、私は「課税者」ではなくなる。ということでいいのでしょうか。

またよく103万の壁、というものを聞きますが、あのルールはアフィリエイトによる収入には適用できないのでしょうか。


どなたかご教示ください。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-03-24 09:51:20

QNo.4822765

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

>A、年間所得が38万円以上あれば年齢に関係なく申告義務はあり…

ちょっと、いやかなり不正確ですね。
「所得額」が「所得控除の額の合計額」を 1,000円以上上回った場合に、年齢に関係なく申告義務が生じます。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
所得が38万円以上あっても、自分で社会保険料を払っているとか、10万円を超える医療費を自分で払ったなどの「所得控除」があれば、必ずしも申告義務はありません。

>必要経費を120万円計上した場合…

実際に120万の経費がかかったのですか。
それを証明することはできますか。
経費とは、任意の数字を適当に計上できると思ったら大間違いです。

>税務署に青色申告を出す必要がなくなるので…

この場合、青色申告の言葉はは関係ありません。

>私は「課税者」ではなくなる。ということでいいのでしょうか…

税法に「課税者」という用語はありません。

>またよく103万の壁、というものを聞きますが…

給与所得者の場合のみの話です。
【給与所得】
税金や社保などを引かれる前の支給総額から、「給与所得控除」を引いた数字。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm

>Q、学生なんですが…

普通の高校や大学であるなら、「勤労学生控除」
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm
により、基礎控除38プラス27万円まで、あなた自身に所得税は発生しません。
ただし、親が扶養控除を取れるかどうかは、勤労学生控除を適用する前の数字で判断します。

要するに、あなたの言う「課税者」ではなくても親が「控除対象扶養者」(これ税用語)にできないケースはいくらでもあるということです。

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

投稿日時 - 2009-03-24 10:33:02

補足

今参考を基にしていくらか調べましたが、
アフィリエイトによる収入から必要経費を引いた所得が30万になった場合、税務署への確定申告の必要はあり、
親の私に対する扶養控除は適用されるままとなる。

ということでよろしいでしょうか。

投稿日時 - 2009-03-24 23:46:41

お礼

>実際に120万の経費がかかったのですか。
>それを証明することはできますか。
>経費とは、任意の数字を適当に計上できると思ったら大間違いです。

これは証明できます。
サイトの広告宣伝や通信費、ウェブサイトのコンテンツ作成のための
電子機器やソフトいろいろを経費に加えて結果的に30万前後になった場合のケースについて聞きたかったのです。

>基礎控除38プラス27万円まで、あなた自身に所得税は発生しません。
なるほどです。参考になりました。

投稿日時 - 2009-03-24 11:59:55

あなたにオススメの質問