みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

サキシマヒラタクワガタの産卵

今、家で、サキシマヒラタの雄を飼っています。
当然まだ、冬眠中ですから、もう少しして、
夏になったら、サキシマヒラタ
の雌を飼って、産卵させようと思います。
どのような木材やマットがいるか、など詳しく
教えてください。ちなみにオオクワガタは、ペアリング
して、産卵させて、2代目ができたのですが、
ヒラタとはやり方が違うと良く聞くので。
あと、できれば、幼虫ができた後から、
成虫になるまでも詳しく教えて下さい。
お願いします。

投稿日時 - 2009-03-13 16:43:30

QNo.4793469

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

門外不出、一子相伝の技とまではいきませんが
教えてくれる人もなかなかいないでしょう。

基本セットはオオクワと同じなので、同じやり方でも
産卵はしますが数は減ります。

爆産させようとしたら素材から替える必要があります。

・マット
十分発酵が進んだマットならそのままでOKですが
無い場合はオオクワ用埋め込みマットとカブト用マットを
50:50で混ぜます。
これに加水して、数日放置します。
これで2種のマットと水分がなじみます。
水分は多めでギドギト程度がいいです。
(このマットでカブトの幼虫を育てると結構デカクなります)

・産卵木
朽木の柔らかいものを使用します。太さは関係ないです。
細いものほど、柔らかいものが入手しやすいです。
できれば、カマボコ板のように薄くスライスしたものが理想です。
(パプキン用に売っているものがいいかもしれません)
また、オオクワの幼虫を取ったあとのバラバラになった産卵木でも
大丈夫ですが、取りこぼした卵や幼虫が居ることもあるので注意。

あとは、プラケースの(大)以上の大きさのケースがあればOK。

・セット方法
ケースの底に約3cmほどマットを硬く敷き詰めます。
その上に産卵木・朽木カスを隙間なく並べます。
だから平べったいカマボコ板のようなものがいいのです。
その上にマットを約3cmほど硬く敷き詰めます。
さらにその上に産卵木・朽木カスを隙間なく並べます
2層構造にするわけです。
最後にマットを上に掛けて固めます。
できれば、その上に足場となる朽木や餌皿を置きましょう。

ムシは朽木の層3cmのマットを潜って移動します。
そして硬いところ(朽木やケースの壁)にぶつかった
ところに産卵します。
だから層状にするのがいいのです。
さらに、幼虫になっても逃げ場が多いのでメス親に食べられて
しまうことも少なくなります。

幼虫になったら、あとはオオクワと同じでいいです。
昔はヒラタは、朽木発酵マット+菌糸カスと相場が決まっていましたが
いまの菌糸ビンは改良されていますから大丈夫です。
泥食いアンテにも使えるほどですから。

投稿日時 - 2009-03-13 18:07:10

お礼

お礼遅くなってすいません。大変っすね・・・。
丁寧な回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-03-28 19:04:58

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

基本オオクワと変わりませんよ。柔らかい材が必要なだけ。
マットは普通の埋め込みマットかアンテ用のものがいい。

投稿日時 - 2009-03-14 20:44:22

あなたにオススメの質問