みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

宇宙項を「失敗」だと思った理由

 本件について、
いろいろと考えましたが、やはりわかりません。

 アインシュタインは、
宇宙は静的であると考えていましたが、
アインシュタイン方程式を解くと
(1) 万有引力によって「収縮」するという解しかでてきこない
ため、
(2) 「万有斥力」を意味する
宇宙項を導入した。

 しかし、
(3) 静的宇宙を観測によって否定された(膨張宇宙)ため、
アインシュタインはこの宇宙定数の導入を生涯で「最大の過ち」(biggest blunder)として後悔したhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%87%E5%AE%99%E5%AE%9A%E6%95%B0
(このエピソードは、様々なところで目にします。)

 ここでわからないのが、
たしかに、アインシュタインの予想に反して、静止宇宙ではなかったわけですが、
宇宙項は斥力を表しているため、宇宙項を導入しなければ収縮宇宙は表現できても、膨張宇宙は表現できないということです。
とすると、
(1)と(2)が間違っているのかもしれないと思いました。

 ご存知の方、よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-03-13 11:12:57

QNo.4792710

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

宇宙項がないなら、宇宙は収縮を続けているか、そうでないなら初めから膨張するような運動エネルギーを持っているしかないわけです。エネルギーが一定の値より小さいならそのうち膨張は止まり収縮に転じるし、大きいなら永遠に膨張を続けることになります。これに気がつけば、アインシュタインはハップルの発見前に宇宙の膨張を予言できた可能性があるわけです。また時間を逆算すればビッグバンにも思いいたる可能性がありました。こんな大発見をするチャンスを宇宙は静的であるという思い込みで逃してしまったので悔やんだんだと思います。

投稿日時 - 2009-03-13 19:46:10

補足

 ご回答、ありがとうございます。
ということは、やはり、
(1)や(2)の表現は、正確ではないということですよね?
(1)は静止宇宙や膨張宇宙の場合もあり、
その場合、(2)は0だったり引力だったりすると考えています。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-03-13 20:43:39

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

> (1)は静止宇宙や膨張宇宙の場合もあり、
静止宇宙はないと思います。ある瞬間に静止していてもその後重力により宇宙はつぶれます。アインシュタインはこの事に気がついたのでなんとかしようとして宇宙項を導入しました。しかし、未来永劫不変の宇宙というのは幻想であるということがその後の観測で分かりました。

投稿日時 - 2009-03-14 00:01:44

ANo.1

質問の意味が不明。
静止宇宙を表現するには宇宙項が必要だったわけで、
たとえ、宇宙項が無くても、膨張宇宙は表現できる。
フリードマン宇宙でググれ。

投稿日時 - 2009-03-13 12:15:58

補足

 質問の意味がわかりづらく、失礼しました。
宇宙項がなければ静止宇宙が表現できないのは理解しているのですが、
質問の意図は、
斥力を意味する宇宙項を導入して「収縮」を止めることが、
なぜ失敗だったと感じたのか、ということです。
(「膨張」を止めるような項を導入してしまったのであれば、失敗と入れると思います。)

 フリードマン宇宙は、ルメートル宇宙のように加速膨張する宇宙が表現できないと認識しています。

投稿日時 - 2009-03-13 16:17:28

あなたにオススメの質問