みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

相鉄の都心直通と「特急」について

・横浜駅で入手したパンフレットによると、JR直通線がラッシュ時は4本/時・日中時は2~3本/時、東急直通線がラッシュ時は10~14本/時・日中は4~6本/時と書かれていました。つまり、西谷~横浜羽沢間だけでもラッシュ時は14~18本/時・日中は6~9本/時の電車が走る事になるのですが、これは相鉄に直通しない西谷(「各停」しか止まらないから全部止まる二俣川?)止まりの電車も含んでいるのでしょうか?というか、というか、そうでなかったら横浜方面からの電車の入る場所がなくなってしまいますが。また東急直通線のうち、東横線と目黒線の直通本数は半々でしょうか?

・以前相鉄が、都心直通に先立って、「急行」よりも上位の「特急」の新設を予定していましたが、あれは決定事項になったのでしょうか?でしたら、予定している導入時期(都心直通より早いか若しくは同じか)・停車駅・ダイヤなどを教えてください。また当初は本線内のみの設定で、横浜、二俣川、大和、海老名と予想している所が多かったのですが、Wikipediaによれば、いずみ野線への導入も予定されているらしいのですが、実際のところ相鉄はそのような予定はありますか?あったら停車駅は、二俣川、いずみ野、いずみ中央、湘南台かな?

回答よろしくお願いします。

投稿日時 - 2009-03-05 10:41:45

QNo.4769861

13A

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。
東京の鉄道会社で電車運転士をしております。


>・横浜駅で入手したパンフレットによると、JR直通線がラッシュ時は4本/時・日中時は2~3本/時、東急直通線がラッシュ時は10~14本/時・日中は4~6本/時と書かれていました。つまり、西谷~横浜羽沢間だけでもラッシュ時は14~18本/時・日中は6~9本/時の電車が走る事になるのですが、

まだ図面の段階でして、実際に本数がこのようになるとは決まっていません。
設計段階のハナシであり、実際の諸問題の考慮がなされていない段階でもハナシです。
この本数通りにはならないと思っていただいたほうが良いです。

従って、どのような運行形態になるかも決まっていません。

最新の状況では、
○ダイヤ乱れの際に西谷駅でJR・東急線方面に折り返し運転が出来るように設備を整える。
○新横浜駅がホーム2面3線構造になり、折り返し設備を持つ。
○綱島は東横線とは別の場所に「新綱島駅(仮称)」として造る。
・・・・が決まっています。

従って、現在「各駅停車」しか停まらない西谷駅は、「急行のような列車」が停まるようにはなるでしょう。
しかし、直通運転が始まる頃には旅客動向も大幅に変わるので、現行の「急行」「快速」「各駅停車」という3種類の列車運行ではなくなるでしょう。
もしかすると、横浜方面は各駅停車だけになるかも知れません。
この辺りは全くの白紙で考えた方が良いです。


>また東急直通線のうち、東横線と目黒線の直通本数は半々でしょうか?

まだ未定ではありますが、
○西武は相鉄線への直通はしないと表明している。
○日吉駅以南では東横線の本数が、この相鉄からの直通電車に存在で減ってしまう訳でして、東横線直通は現実的ではない。
○一番カンタンで現実的なのは、日吉駅どまりの目黒線がそのまま延長してくる形。目黒に直通する可能性は非常に高いのですが、渋谷に行く可能性は本数設定を踏まえると可能性は非常に低い。
○相鉄⇒渋谷方面は、武蔵小杉などでホーム対面での乗換えにするだろうと思われる。

・・・上記背景から、目黒線がそのまま延伸するカタチがもっとも可能性が高いです。


>・以前相鉄が、都心直通に先立って、「急行」よりも上位の「特急」の新設を予定していましたが、あれは決定事項になったのでしょうか?

これも全く決まっていません。
従って、何時になるかも分かりませんし、停車駅も分かりません。
相鉄の場合、
○旅客動向が「対横浜」である点、
○通勤路線である点
・・・・が特色です。
JR・東急に伸びても、「対都心・横浜」と、上り電車輸送に重点が置かれるのは変わらないかと推察します。

その為、上るにつれて混んでいく傾向があります。

電車がいずみ野線・本線が合流する「二俣川駅」まで、いずれの優等列車も各駅停車として運行し、
○急行電車が二俣川駅を出るとノンストップで横浜に向かうのも、
○海老名方面が基本「急行電車だけ」なのも、
そういう背景があっての事から。

他社のような速達性を追うよりも、遠近分離による乗車率の平均化という側面の方が重いです。

そんな路線に果たして「特急」が必要かもまだ議論の段階でして、構想段階で消えてしまう事も考えられます。

いずれにしても、まだ工事も用地買収も始まっていない段階ですので、「どうなるか」と答えられる人は居ませんよ。

投稿日時 - 2009-03-06 11:27:04

お礼

回答ありがとうございます。
今後に期待ですね。

投稿日時 - 2009-03-12 03:41:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

>西谷~横浜羽沢間だけでもラッシュ時は14~18本/時・日中は6~9本/時の電車が走る事になるのですが、これは相鉄に直通しない西谷(「各停」しか止まらないから全部止まる二俣川?)止まりの電車も含んでいるのでしょうか?
>そうでなかったら横浜方面からの電車の入る場所がなくなってしまいますが。また東急直通線のうち、東横線と目黒線の直通本数は半々でしょうか?

西谷駅の配線をみると、鶴ヶ峰側に引き上げ線が出来ますので、西谷折り返しが有力です。
そのため、開業後は西谷が急行停車駅に格上げの可能性もあります。
しかしながら、西谷-二俣川は確かに列車本数が膨らみます。
西谷駅の配線を考えると、今の外側の副本線が本線になり、そのままJR・東急への直通線になります。
そして、今の本線は鶴ヶ峰側が引き上げ線になってしまうので、単純に考えると横浜-西谷が折返し運転になると言うことです。

JR、東急直通線は湘南台・海老名から運転予定みたいなことは書かれています。
そして直通先ですがJRは渋谷、新宿となってますが、東急は目黒と書いてありますね。
あとは新横浜⇒渋谷となってます。
もともと、東急はこのプロジェクトには興味はなく、JRは15両の湘南新宿ラインに10両のグリーン車なしの車両が入ってくるので懸念気味。
そこに相鉄がいろいろ頼み込んだと思ってます。
東急も相鉄側への直通はどうでもいいが、新横浜までは興味があったようです。
この直通の短縮硬化時間のPRを見て、思わず笑いましたね。
「あの話は本当だったのかもしれない」とか思いました。
このPR効果広告奥からだと、おそらく相鉄からの直通は全部目黒線に向うと思います。
ただ、目黒線は都営とメトロ、埼玉高速がありますが、配線上相鉄までやってくる可能性は考えられます。
東横線から来る列車は全て東急の車両だけでやる可能性は考えられます。
行き先は新横浜までではないかと思います。
今の日比谷線直通の列車をコレに変更して、日比谷線との直通やめるとかしちゃうのかなぁ・・・。

投稿日時 - 2009-03-07 16:31:30

お礼

回答ありがとうございます。
今後に期待ですね。

投稿日時 - 2009-03-12 03:42:24

ANo.1

パンフを見てないので何とも言えませんが、
相鉄とJRの直通って2015年度、相鉄と東急の直通って2019年度の計画ですよね?
現段階のダイヤは構想であって、何一つ決まってないでしょうから
>回答よろしくお願いします。
と言われても、誰も答えられないんじゃないでしょうか。

いろいろと想像するのは楽しいですが、そうなると聞く場所も違う様な気がします。

投稿日時 - 2009-03-05 22:47:38

お礼

回答ありがとうございます。
確かにそうかもしれませんね。

投稿日時 - 2009-03-12 03:40:43

あなたにオススメの質問