みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

生命保険の満期に関わる税金について

先日、生命保険が満期になりました。母が私の名前で契約して満期になったものですが、この場合(満期金ー払い込み保険料)の差額に対して20%課税されるんですよね?それとは別に確定申告で雑所得として申告しないといけないのでしょうか?確か利率は1%なのでそれほどたいした金額でないでしょうけれどなんで2度も税金がかかるんでしょうか?というか・・申告しないといけないんですか?
まったくわからないので、ご回答お願いします。

投稿日時 - 2009-02-26 13:39:27

QNo.4750713

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ここでわからないのは、契約者=保険金受取人となるのですが、払い込み
は何処からあったか?という所まで調べられるということなのでしょうか?
支払い者と受取人が違うというのが、生命保険会社から行くということなんでし
ょうか?
(A)100万円以上の支払については、保険会社から明細が税務署に行きます。

昔はよくこうゆうのがあったと思うのですが、今はごまかせないということですね?
(A)以前は、契約者重視だったのですが、今は、実質支払者重視です。

養老保険では10年満期で年間払い込み保険料が479,432円です。
そうすると、これは年間110万まで贈与ということにはならないですよね?
なったとしても定期性贈与とかなんとかになるんですよね?
(A)保険料払込時ではなく、受取時課税となります。

もう既に満期となって私の口座に入っていますが、これから移す手続きをしたいと思います。
(A)これは、待ってください。
保険会社からは、質問者様に支払ったという連絡が税務署に行きます。
その時点で、贈与されたことになります。
そのお金を御母堂様に戻すと、今度は、質問者様から御母堂様に贈与したことになり、二重課税となります。
税務署に連絡を入れて、事情を説明して、「受け取るつもりはないので母親に返したい」と言えば、税務署も鬼ではないので、「では、そうしてください」ということになると思います。
その時点で、税務署の担当者の名前を確かめて、現金ではなく口座振替を利用して、御母堂様の口座に振り込んだことを証拠として残しておいてください。

もしくは、税務署から、相続時清算課税制度を利用するように指導があるかもしれません。

投稿日時 - 2009-02-27 12:09:15

お礼

何度もすみません。ありがとうございます。
なんだか保険と言うのは難しいものですね。。
私は何もしてないのに贈与になるなんて・・
ほんとトホホなお話です。
わかりやすく詳しい内容で教えていただきましてありがとうございました。
今後は家族で話し合ってもう少しこのようなことについて話して行きたいと思います。助かりました。

投稿日時 - 2009-02-27 13:05:16

ANo.3

『契約者と払い込み人が違う場合は贈与の対象になるのでしょうか?
なんだか随分面倒なことをしてくれたと思っています。
でも、税金がかからなくて安心しました。ありがとうございました。』

(A)国税庁の説明について、大きな誤解をしておられるようです。

『契約者と払い込み人が違う場合は贈与の対象になるのでしょうか?』
保険料を払った人と、受取人が違う場合には、贈与税となるのです。
保険料を誰が払ったのかということが重要であって、契約者が誰であろうと関係ありません。
国税庁の説明でも、契約者という言葉は出てきません。
「保険料の負担者」です。
(契約者が誰か、ということは、保険業法や商法では重要ですが、税法では契約者が誰かではなく、保険料を払ったのは誰かということが問題になります)

保険料負担者=御母堂様
受取人=質問者様
となっているので、質問者様には、贈与税が課税されます。
計算方法は……
(満期保険金)-(贈与税の基礎控除110万円)=(課税対象額)
満期保険金が110万円以上なら、贈与税を払うことになります。

保険料負担者=受取人=御母堂様ならば……
(満期保険金)-(支払保険料総額)-50万円(控除額)=(一所得の金額)
(一時所得の金額)の2分の1が他の所得と合算されて、課税されます。
なので、満期保険金と支払保険料の差額が50万円以内ならば、課税されません。
今からでも、受取人を御母堂様に変更できるのなら、そうするべきです。

または、相続時清算課税制度を利用して、相続税にしてしまって、課税を先送りするしか方法がありません。
相続税は、税控除額が大きいので、非課税になる可能性があります。
5000万円+1000万円×(法定相続人の人数)

ご参考になれば、幸いです。

投稿日時 - 2009-02-26 17:41:38

補足

すみません。もう1つ質問してもいいですか?
この満期金は母が郵便局に行って現金でもらってきたのですが、その場合も受取人は母でなかったということになりますか?その後に母の口座に入金された形跡は無い訳です。そして私の口座に700万の入金があったということです。そこまで調べますか?何度もすみません。。わからなくて・・・困ってしまって・・

投稿日時 - 2009-02-27 10:53:47

お礼

ご回答頂きましてありがとうございます。そうですか~やっぱり贈与になりますか。。ここでわからないのは、契約者=保険金受取人となるのですが、払い込みは何処からあったか?という所まで調べられるということなのでしょうか?
支払い者と受取人が違うというのが、生命保険会社から行くということなんでしょうか?昔はよくこうゆうのがあったと思うのですが、今はごまかせないということですね?養老保険では10年満期で年間払い込み保険料が479,432円です。
そうすると、これは年間110万まで贈与ということにはならないですよね?なったとしても定期性贈与とかなんとかになるんですよね?
もう既に満期となって私の口座に入っていますが、これから移す手続きをしたいと思います。いろいろありがとうございました。まったく知識がないもので困っていました。感謝いたします。

投稿日時 - 2009-02-27 10:25:39

ANo.2

契約者=受取人ですか?(契約者と受取人が違う場合贈与税)贈与税の計算は参考URLをご覧ください。

保険期間が5年超える場合で保険金を一時金として受け取る場合一時所得です。
所得税と住民税がかかります。
一時所得は、{(保険金-保険料総額)-特別控除50万円}×1/2で計算され、給与所得などの他の所得と合算し合計額を算定(総合課税)します。
2度も税金はかかりません。
50万円以上の満期保険金受け取った場合の一時金は確定申告必要です。
保険金支払い者から税務署へ通知がいっていますの申告しないと脱税と看做される場合があります。

>差額に対して20%課税されるんですよね

生命保険の保険期間が5年以下の満期の場合 源泉分離課税 で20%課税されます。

一時払い養老保険の場合、(保険金-保険料総額)×所得税15%と住民税5%を控除され、給与所得などの他の所得とは合算しません。

参考URL:http://sap.eastakr.com/100/post.html

投稿日時 - 2009-02-26 16:15:42

ANo.1

さんこうに

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1755.htm

投稿日時 - 2009-02-26 15:58:31

お礼

ありがとうございます。母は「このままだと税金がかかってしまうのでお前の名義に変えた」ということですので途中から契約者と受取人を私に変えたようです。
そうしたら、おたずねのようなものがきたら私はサラリ-マンなので年末調整のときに経理に渡せばいいのですね。契約者と払い込み人が違う場合は贈与の対象になるのでしょうか?
なんだか随分面倒なことをしてくれたと思っています。
でも、税金がかからなくて安心しました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-02-26 16:40:15

あなたにオススメの質問