みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

40代での転職。心すべき点は?

私の勤務先は40代を中心に大規模な(従業員規模からすればですが)希望退職者を募っています。
第一次分が締め切られ、自分の知っている人間も何人か手を挙げたことに、驚きと寂しさを強く感じています。
私自身は中間管理職で部下も少なく、先はまったく明るくありません。
外にコネがあるわけでもなく、転職先は今からほとんどゼロから見つけないといけない感じです。
会社は転職先のあっせんも、アウトプレースメント会社に丸投げで腹が立ってしょうがないです。
世間では、「我々は○○グループだ」などと大きなことを言いながら、そのグループ会社から助けも求められない経営陣は一体何なのか、と。

まあ、その点はともかく、自分の身は自分で守るしかないわけです。

妻子もあり、私自身は残り十数年、最後まで会社にしがみつくのが得策とは思っていますが、
今回、周りから多数の離職者が出ることを見て、「やはり細い縁をたどってでも、外に出たほうがいいのでは…」という気持ちに傾いています。
私自身は1-2年で景気が回復しても、今の会社の状況は好転しないと踏んでいます。かなり厳しい業界のひとつです。

外に職を求める行動する際、どういうことに気をつければいいと思いますか。

今考えているのは、大学の先輩で、日本でも有数の巨大企業の役員をやっている人に面会の予定があるのでその関連会社にいい口はないか、聞いてみようと思っています。
また、自分の郷里の有力者(初対面ですが)と会う機会もあるので、Uターンの可能性も探ってみたいと思います。

ある意味、ジタバタしているようにも思いますが、ジタバタしながら模索したほうがいいような気がしています。

体験者、今同様な状況にある方のアドバイス、ご意見をいただきたいです。

投稿日時 - 2009-02-21 07:42:47

QNo.4735826

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

他の回答者の方もおっしゃられているように、この時期で今より良い条件の会社に転職する可能性は低いと思います。
あと1~2年まだ余裕があるようでしたら、今から今後の転職の事を見据えて行動することが大切ではないでしょうか。

まず、自分の仕事の棚卸をする。履歴書や職務経歴書を実際に記入してみるといいかもしれません。
「自分はどういう経歴を歩んで何を目指して行動してきたのか」を客観的に分析し書類に出来れば、今後どういった目標を持って仕事をしたいのかを考え、業種やポジションを絞っていき、
準備期間中は仕事をしながら転職先を探してみて求人広告からどのような人材を募集しているのか汲み取れるようにしてみてはいかがでしょうか。

転職後、40代に期待することは20~30代全般にはない知識や経験にともなった中長期を考え、ポジションを図りうまく動いていくことです。
生え抜き社員は特に注意して扱わないと若い世代の社員が成長していくにつれお役御免になってしまいますので特に気をつけなければいけません。

一般的に通常通り転職活動を行うよりコネの方が人材のイメージがわかりやすいので、入社する方も迎えるほうもミスマッチが少ないのでコネの方が良い結果が生まれやすいのだと思います。

質問者様が良い結果に恵まれることをお祈りしています。

投稿日時 - 2009-02-24 12:39:32

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

私は転職経験者の一人ですが、とにかく今の時期の転職は他の方がおっしゃっているように厳しいと思います。

ただしやはりMACHIYA9さんがおっしゃっているように、外の世界にある可能性を探ってみる可能性は必要だと思います。
私の知人の会社も倒産しました。もはや5年後10年後自分の会社がどうなっているか分からないからです。

私は転職のマニュアル本を使って活動しましたが、特に仕事先を探す方法に関して優れていたと思います。でも、いくらやり方が抜群でもこのご時世では受け手側の企業が有利なため、あくまで転職先候補を探すことを目的とするだけで、アクションは取らない方がいいんじゃないかと思います。

また、コネで探すといろいろしがらみが発生するため、可能な限りは知人を使わず自力の方がいい、というようなことも書いていました。

投稿日時 - 2009-02-25 02:46:30

ANo.3

質問者さまのご認識の通り、コネ以外はこの時期かなり困難です。
ハローワークは大盛況で、入りきれず外まであふれかえっているのが現状です。

質問者さまの答えは出ているような気がするのですけど、とにかくコネを駆使して次の仕事が確定してから希望退職に手を上げれば良いと思います。決まらずに手を上げるのは、時節柄あまりにもリスキーです。
コネを駆使しても次の仕事が決まらなければ、今の仕事にしがみつくしかないのじゃないですか?妻子を食わさなければなりませんものね。

投稿日時 - 2009-02-22 16:34:39

補足

kome-maroさんのご意見、まったく同感です。
心の準備、その他はしますが、動きすぎてもいけませんよね。
結果的には、しがみつくしかない、あるいはしがみついている、と思います。

投稿日時 - 2009-02-23 11:22:22

ANo.2

つきなみですが

 希望退職に応募するしない選択の前に、自分の履歴書と職務経歴を実際に作成してみて(写真も貼ってみて)、今までの振り返り、過ぎた年月の確認、職務能力、所有資格などを洗うのが良いと思います。自分を客観視しておくと、冷静な判断もできます。自分の売りは何か?ですね。
 その次に、ハローワークなどで世間で採用がある分野、中味を見てみることです。中年以上は人脈を利用したコネ採用が一番良いと思います。でも、世間の状況は新聞で見る以上に足を運んで知っておくとよいと思います。情報収集は重要ですから。

投稿日時 - 2009-02-21 10:57:37

お礼

>中年以上は人脈を利用したコネ採用が一番良いと思います。でも、世間の状況は新聞で見る以上に足を運んで知っておくとよいと思います。情報収集は重要ですから。

ご指摘のとおりですね。
ただ、求人については、公開されたものより、やはりコネのほうが早いような気がします。

いずれにせよ、自分の振り返りは必要ですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2009-02-22 06:15:04

ANo.1

おはようございます。
ハローワークでは、そのような不安を抱えている方を対象にしたセミナーを開催したり、相談窓口を開設したりしています。
是非、お尋ねになってください。

投稿日時 - 2009-02-21 08:16:36

あなたにオススメの質問