みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

中学不登校と法律

法律には無学な者が質問させていただきます。
私は主に「学問&教育」の「高校」「中学」のカテを拝見しております。
昨年12月頃から入試関連の質問が多く見受けられます。
質問ですが、中学生がほとんど不登校で、中学の授業を受けず、進級・卒業ができ、受け入れる高校も多いと回答にありました。では、結果的に義務教育を受けていないのですが、これは、法律に違反しないものでしょうか。
生徒は授業を受ける権利を放棄している。親は学校に行くように勧めても行かず、結果的に黙認状態。中学は進級させ、卒業させています。
誰が損をしたということはありませんが、義務教育を受けていない事実は消えません。これは、法律的には問題ないのでしょうか。
多くの方からのご回答をお待ちしております。

投稿日時 - 2009-02-04 02:11:57

QNo.4687663

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ロコスケです。

主に法律をカテゴリーとしている者です。
このカテの住人として(笑)お答えします。

貴方の疑問に関して、テレビ番組の行列なんとかでも全員の弁護士が
その件に関して誤解しておりました。

義務教育とは、子供が教育を受ける義務があるという意味ではないの
です。
国が子供達に教育を受けさせる義務があるという意味なのです。

ですから、義務教育を全てを受けずに中退した者でも高校がそれを
受け入れても法的には問題ありません。

大学においても高校中退の者でも別途のカリキュラムを受ければ
入学可能な大学があります。(ただし通信制ですが)

>生徒は授業を受ける権利を放棄している

義務の放棄なら問題となりますが権利の放棄は問題となりません。

こんな回答でよろしいですか?

投稿日時 - 2009-02-04 10:27:44

お礼

ご回答ありがとうございました。
法的に問題がなければ、私が文句を言う筋合いはないのですが。
ただ、中学の勉強をほとんど受けないで高校に進学する。高校では中学の復習からしなければ、高校の授業についていけないと思うからです。
これは、法律とは別問題になりますが。

投稿日時 - 2009-02-04 15:48:45

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

 在籍していれば、権利を行使していることになる。でないと、「何となくしんどい(行きたくない)」と「39度の熱があって」の区別が法律上つきにくく、風邪で休めなくなる。ちょっと前に小学校にも住民票がないため、行政も知らずに登録・在籍さえされなかったパターンが、法律に触れる。

投稿日時 - 2009-02-04 04:32:31

お礼

病気のために数日休むのは、仕方がないことです。
法律上区別がつきにくい、と言われれば、そうなんですか。
病気で半年以上入院して、元気になり、翌年に同じ学年の授業を受けるのなら理解できるのですが。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-02-04 15:42:33

ANo.2

しかし、学校教育法第23条の規定による就学させる義務の猶予又は免除を受けることができる事由に相当する事由があると文部大臣が認めることもあるらしい。

そういう人の場合は、学校に行かなくてもいいのかも。
わからんけど。

参考URL:http://edb.shizuoka-c.ed.jp/soudan_db/hutoukou_db/sanko10.htm#no2

投稿日時 - 2009-02-04 02:53:19

お礼

ご回答ありがとうございました。
参考URLをよく読んでみます。

投稿日時 - 2009-02-04 15:36:32

ANo.1

学校教育法第17条の違反で10万円以下の罰金に処せられるのではないのでしょうか?わからんけど。

第17条 保護者は、子の満6歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満12歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。ただし、子が、満12歳に達した日の属する学年の終わりまでに小学校又は特別支援学校の小学部の課程を修了しないときは、満15歳に達した日の属する学年の終わり(それまでの間において当該課程を修了したときは、その修了した日の属する学年の終わり)までとする。
2 保護者は、子が小学校又は特別支援学校の小学部の課程を修了した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満15歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを中学校、中等教育学校の前期課程又は特別支援学校の中学部に就学させる義務を負う。 
3 前2項の義務の履行の督促その他これらの義務の履行に関し必要な事項は、政令で定める。

第145条 第20条の規定に違反した者は、10万円以下の罰金に処する。

投稿日時 - 2009-02-04 02:37:37

お礼

法律的な回答ありがとうございました。
根拠法令まで書いていただき感謝しています。

投稿日時 - 2009-02-04 15:33:12

あなたにオススメの質問