みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

両親の過保護

僕は素封家に一人っ子として生まれ、厳格な両親の許で言葉遣いや
礼儀作法を躾けられ、いわゆるお受験コースを歩いてきました。
食事を例に挙げると食卓に着けば食べ終わるまで席を立ってはならず、
マナーはもちろん、会話の内容にまで気を付ける…といった生活でした。

今、彼女と彼女の子供達と同棲しています。(そろそろ3年目)
家庭は温かく思いやりに満ち、僕にとってかけがえの無い家族です。
彼女は最低限の注意はしますが、その他は自由で食事中に冷蔵庫を
開けに行ってもいいし、子供達はその日の出来事を口々に話します。
笑いが絶えず、僕はとても安らいだ気持ちになり幸福を感じます。

そんな生活に慣れてしまったせいか、時々実家に帰るたびに息苦しさを
覚えます。母は栄養計算をした朝食を用意し、少しでも食べ残すと
「どこか悪いのではないか」と異常なほど心配します。
両親は60才を過ぎており(年取って生まれた子なので)できる限り
言う通りにしてあげたいのですが、余りにも過保護(過干渉)過ぎて
息が詰まりそうです。(食事は一例に過ぎず、全てにおいてこの調子)
でも、余計な波風を立てるのは避けたいので我慢するほか無いかな、と
思っています。やはりこのまま従っておくのが無難ですよね?

※彼女とは将来結婚予定ですが今回の質問は僕の個人的な問題です。
 切り離してアドバイス頂けたら嬉しいです。(僕は大学生です。)

投稿日時 - 2009-01-27 22:16:07

QNo.4666664

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

こんにちは。
他の方も書いておられるように、私達はみんな生まれ育った家庭環境が正しいと信じて疑わずに育ちます。外の世界が広がるに連れて周囲の友人と比べてみたり、また社会に出れば世の中を見渡した時に自分と違う世界を知り、カルチャーショックを受けるのです。誰でもそうです。そんな中で自分の価値観を形成していくのです。年とってからの子供ならなおさら親子間の考え方の違いには隔たりがあるかもしれませんね。
私もやはり小さな事で波風を立てず、穏便に過ごされるのが良いように思います。小さな事でいちいち逆らっていたら本題に入る前にもっと溝が深くなってしまって親子でも断絶状態になっている家庭もありますから、そうなってしまうと誰も幸せになれません。自分で決めた道なら後悔しないで行けると思います。幸せが来ますように。

投稿日時 - 2009-01-28 17:16:51

お礼

アドバイスありがとうございます。
基本的には自分が育った環境を踏襲して行くものだと考えますが
世代間のギャップはあるようですね。
今まで圧倒的な存在であった両親でしたが、最近はひとりの人間として
捉えるようになりました。
客観的に見られるようになるに従って、僕自身のジレンマも生じます。
焦ったり怒ったりしたら負けなので、じっくり行きます。

--------------------------------------------------------
【お礼】
たくさんのご回答を頂き、大変感謝しています。
問題が解決するたびにIDを削除して来ましたので
今回も締め切りと同時に削除しますが、
また質問がお目に止まりましたらどうぞ宜しくお願いします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-28 17:41:31

ANo.6

以前これと酷似した質問がありましたが・・・・

大学2年生が
・ 素封家や拝読・安堵の息・・・使いますか?
・ 厳格に育ったのに子持ちの女性と暮らしている3年も。
  という事は高校生の頃から?

投稿日時 - 2009-01-28 04:21:04

補足

今の自分が持つべき心構え等へのアドバイスを乞う事はしましたが?

投稿日時 - 2009-01-28 08:06:24

ANo.5

こんにちは。

私も厳しい家庭に育ったので、
その息苦しさとか過保護の親とかとてもよくわかります。

ご実家はご実家で、
もうそう言う家風なのですから、
それはそれでそのままで良いと思います。
60数年生きてきた人の性格は変わらないから、それしか方法が無い。
ご実家に帰った際は、ご実家のやり方で、
波風立てず従っていれば良いと思います。

そして、
今貴方は安らぎとか幸せを感じているのでしたら、
その場所ではそうしたやり方を大事にされれば良いと思います。

この先、彼女と結婚したら、
きっと、彼女の事を貴方のお母様はよく思われないかもしれません。
貴方を過保護に守るということは、
貴方のお嫁様をすごく大事にするか、
すごく気に入らないかのどちらかだと思います。

貴方はご実家と彼女との間で、
板ばさみになって悩み苦しむ事だと思います。
だけど、
自分にとって大事な物は何か?
安らぎとはどう言う事か?
どういう家庭を築いていきたいか? など考え、
自分なりの考えをもてば良いと思います。
実家の様な家庭を築くのも、
自分なりの家庭を築くのも貴方とお嫁さん次第です。
その時、育ててもらった事を感謝しつつも、
はっきりと
「実家は実家で、自分には自分の家庭があり、
それぞれに大事で、素晴らしいところがある。
家庭の事を干渉しないように」位に割り切っていけば良いと思います。

厳しい家の親は、
結婚相手や相手の家にまで干渉して(文句を言って)きます。
なぜなら、「自分の家が一番素晴らしい」と言う誇りがすごいから。
そして、貴方を愛する気持ちが異常に強いからです。
異常と表現したのは、
愛するがゆえに、愛し方が強すぎて、
異常になってしまうということです。


まぁ、お母様の性格は変わらないですから、
実家を捨てて、自分ひとりで生きる覚悟くらいあれば
縁を切るくらいの覚悟で、
闘うのも方法ですが、
今大学生と言う事は、養ってもらっている身でしょうし、
別に今問題があるわけではなさそうなので、
そのまま波風を経たずにいれば良いと思います。

投稿日時 - 2009-01-28 00:24:50

お礼

丁寧なアドバイスに感謝します。
僕の中で両親(実家)はとうの昔に切り離しています。
保護が必要な時代に守り育ててもらった事には感謝していますし
これからは代わりに両親を守って行く番だと考えますが、
いつまでも思い通りに動く人形にはなりたくありません。
効率の良いアルバイトが出来るので、学費を含め自分で賄っています。
将来の僕の家庭に親が影響を及ぼす事は断固阻止しますが
(多分僕が縁を切られる側だと思いますが)、それでも一人っ子なので
実家を捨てる事はしません。
自分の信念を貫きつつ両親も大切にしたい、相反する難題ですが
これからも僕一人の問題として諦めずに考えて行きたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-28 09:48:46

ANo.4

素封家で厳格という自覚はありませんが、食卓に着けば食べ終わるまで席を立ってはならず、マナーはもちろん、会話の内容にまで気を付ける…といった躾をされながら育った一人っ子の私の両親は、70才を過ぎていますが、実家に帰るたびに私は二人にうるさく言っています。それが成長というものだと思うんです。大切な親の価値観がすべてだと思い込んでいた時期から脱して、世の中を知り、親が築いてくれたのと同様の世帯を共に築けそうな相手と巡り合い、その過程でいちいちカルチャーショックを受けるわけです。それについて、親に何も言わないという選択肢もありますが、私は伝え、変革をもたらすのもまた、文化的進歩だと信じています。ちなみに、学生のあなたにとって60才は老人かもしれませんが、アラハン世代の私には、元気なお兄さんお姉さんです。まだまだ変われますし、受容できるはずですよ。

ただ、私は別に、私がいない時まで両親の生活習慣や生き方を変えてもらおうとは思いません。単に情報として、「共に暮らしていた頃は気づかなかったが、世の中を知ってみると、この家の、ここやあそこが気になるよねえ」(本来であれば「~気になる“わ”よね」)と愚痴をこぼし、「ねえ、あそこだけは改善しようよ(しましょうよ)。見ていると嫌になる(わ)」と打診します。いや、親にしてみれば、打診なんて生易しいものじゃなく、圧力を掛けていると思っているでしょうね。しまいには親子喧嘩して帰ってきます。結婚した頃はよく、「私は普通に幸せに育ったと思っていたけれど、彼の実家を見て、幸せな家族とはこういうものかと、つくづく感じたよ」と言ったものです。親も「あら、それは、よかったわねえ」と、皮肉交じりに喜んでくれました(笑)。

たまに「あなたがあまりに言うから、ほら、ここは改善したわよ」なんて言われます。そして私は、「そろそろ頭の固いお婆さんになっちゃうから、その前にどんどん変わってね」と返します。私にもあなたよりも少し若い息子がいますが、外の息吹きを持ち込む姿は、チクリと来る反面、頼もしく感じますけれどね。ひとつひとつ、ご両親の反応を見ながら刺激していってはどうでしょう。ちなみに、幸せな気持ちで話す言葉は、相手に伝わりやすいです。

投稿日時 - 2009-01-27 23:37:22

お礼

解かりやすいご回答に感謝します。
拝読しながら何度も安堵の息をつきました。
両親と向き合う時、僕は無意識に何も言わせまいとして身構えていました。
誰にも弱音を吐けない、一人前の人間にならなければ、彼女を傷つけたくない
いろんな思いが交錯して自分で自分を雁字搦めにしていたような…
アドバイス頂いたように自然に話せればいいと思いました。
男だからちょっと照れくさい気がしなくもないですが(笑)
>幸せな気持ちで話す言葉は、相手に伝わりやすいです。
深く心に刻んでおきます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-27 23:56:00

ANo.3

私と環境が似ていたのでつい書き込んでしまいました。私も学生の頃は、同じ様に実家のことを考える時期がありました。正反対の環境の方に惹かれ幸せを感じたりしてました。でも卒業して社会に出た今は、親のありがたさや育った環境にとても感謝できるようになりました。今後結婚を考えているそうですが、一般的には子持ちの彼女であれば息子のことを考え、まずは反対されると思います。親に愛されている以上考えをかえることなんてできないと思います。でも、時間もかかるかもしれませんが、分かってもらえる日はくると思います。どんなにつらい日々があっても周囲の人々に分かってもらえる努力をするほうがいいのかなと思います。まだまだこれから色んな出会いや出来事があると思います。今の方が運命の彼女であれば何があっても最終的には幸せになっていると思います。ゆっくり後悔のない選択ができればいいですね。

投稿日時 - 2009-01-27 23:31:17

お礼

的確なアドバイスに感謝します。ありがとうございます。
彼女のことはさておき、僕が自分の信じる道を進む事に
様々な意見がある事は承知していますし、その覚悟もできています。
今の僕はまだ、解かって貰える努力すらできない身分です。
就きたい職を得、男として確固たる自信を漲らせて対峙したいと思います。
それまでは無用な言い争いを避けるのが双方のためかな、とも考えます。
>親のありがたさや育った環境にとても感謝できるようになりました。
僕も今以上にそう思える日が来るのが楽しみです。

投稿日時 - 2009-01-27 23:44:25

ANo.2

今の生活の様子と、自分がどれだけ幸せかをありのまま伝えろよ。
厳格に躾けてもらったからこそ、今の幸せを感じると伝えろよ。
安らぐ環境であることを、真摯に伝えろよ。

ただし、いきなりすべてを伝えると逆効果かもしれん。
徐々に除に・・・。
今の自分の置かれている立場を十分にわきまえた上で。

厳格な躾を受けた奴なんで、今じゃなかなかいないぜ。
多くの人が知らない世界を知っているんだ。
これまで受けた恩恵を違った角度から見つめ直すと、案外得していることに気づくかもしれないぜ。

投稿日時 - 2009-01-27 22:57:28

お礼

的確なアドバイスありがとうございます。仰る通りだと思いました。
両親には充分感謝していますし、現状も隠さずありのまま伝えています。
僕は是が非でも就きたい職があり、生き方にも固い信念を持っています。
後者は両親の期待とは相容れず、親に折れて貰うほか無いので
それ以外のやり過ごせる事(質問した事)にいちいち目くじらを立てるのは
どうかな?と考えました。
しかし、一事が万事とも言いますから意識改革をして貰うべきかな、とも
思っています。熟考のためのヒントを与えて頂き、感謝します。

投稿日時 - 2009-01-27 23:29:15

ANo.1

今の学生としてのあなたのことだけなら、別にそのままでもいいと思います。あなたがそれで特に問題がないのであれば。

ただ、彼女うんぬん関係なくいつかあなたが結婚をすると考えるといまから少しずつ親の感覚を変えておくか、あなたがよほど礼儀作法の厳しい家の人と結婚しないと大変かもしれません。

投稿日時 - 2009-01-27 22:22:12

お礼

アドバイスありがとうございます。
>いまから少しずつ親の感覚を変えておくか
やはりそうですよね。悩むところです。

投稿日時 - 2009-01-27 22:24:33

あなたにオススメの質問