みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

三角形断面のの曲げ応力度の出し方

曲げ応力度はM/Zですが
断面係数Zは断面2次モーメントI÷図心軸から縁までの距離hなので
三角形断面部材の場合のZは図心軸から上側と下側では縁までの距離が異なりZの値が変わりますが、
この三角形部材の曲げ応力度を出す場合のZはどのように考えればいいのでしょうか?

投稿日時 - 2009-01-11 18:31:56

QNo.4622103

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

もう一つの質問にも回答した通り、断面係数は部材が最も歪む個所
を問題にしているわけですから、三角形断面なら遠い方(頂点側)を
hとすればいいです。
辺側よりも頂点側が2倍遠いので2倍変形します。

ただし曲げのときは片側が圧縮ならもう片側は引っ張りですから
圧縮には強いが引っ張りには弱い材料のような場合は
頂点側が圧縮になるように曲げたほうが、より耐えられます。

投稿日時 - 2009-01-12 02:33:35

お礼

ありがとうございます
なるほど三角形の場合はたわみは同じでも
上使いと下使いでは強さが変わるということなんですね
三角形のコンクリート梁を使用した場合
▽向きにすれば合理的と言うことですね

投稿日時 - 2009-01-13 13:50:40

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問