こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

スキーウエアのアンダーシャツについて

質問です。今度二月はじめに新潟県のスキー場で友人とスキー旅行に行くのですが、その際に着ていくウエアのアンダーシャツで困っています。
スキー自体は何度か行ったことがあるのですが、昨年までは学校の春休みを使った春スキーにしか行ったことが無く、本格的なシーズン中のスキー場のコンディション(気温、天候)が全くわかりません。
そこでなのですが、ウエアの下に着るアンダーシャツの種類(具体的な商品名でも良いです)と重ね着の有無・枚数をアドバイスしてください。ご回答お願いします。

投稿日時 - 2009-01-05 22:16:21

QNo.4606744

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

No.1さんの仰るとおり、太陽が出ているか?風が吹いているか?といった条件が気温以上に影響すると思いますので、天気予報を見ないと何とも言えないと思います。
が、とにかく言えることは、肌の上に直接着るウェア(肌着?)が綿などの汗を吸う素材だと、リフト上で汗が冷えて体が冷える原因になるので、絶対に避けた方が良いと思います。
私はアンダーアーマーのコールドギアタートルネックを着ています。その上に長袖または半袖のTシャツ一枚、その上にスキーウェアの上着を着て、どんな天候でも滑っています。吹雪かれたときでも、体が寒くなる前に、手足の指先が冷えてきて我慢できなくなるので、これ以上着込んでも仕方ないかなと言うのが私の感想です。
という訳で結論は、
・肌着は汗を吸わないで発散してくれる素材の物
・過剰な寒さ対策をしても、手足(顔面←マスク被れば大丈夫)が冷えればどうせ無駄なので、動きやすい服装を。
ついでに、日帰りの際は着替えを持って行っておくといいです。最低でも靴下ぐらいは履き替えましょう。

参考URL:http://www.domeshoppingzone.com/underarmour/html/item/001/004/item3077.html

投稿日時 - 2009-01-06 09:46:12

お礼

ご回答ありがとうございます。肌着は汗を発散するものがいいのですね。わかりました。アンダーアーマーは着用している方を見かけたことがあり、気になっていました。
体が冷える前に手足が冷えると寒さ対策はあまり意味が無いとのことですが、確かにそうかもしれません。体を暖かくするよりリフト等で体を冷やさない工夫が大事なのですね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-06 15:21:52

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

防寒の重ね着は、最近はきちんと考えられた構造があります。

一番下に着るものは汗を吸ってもすぐ乾く素材がよく。
そしてその上に着るものは、その水分が抜けるよう蒸気を通しやすい素材のものを選ぶとよいです。

私の場合は、「汗を吸って発熱し速乾性がある」MIZUNOの「ブレスサーモ」にしています。
こちらはスポーツショップなどにおいてありますが、厚さが何種類かあります。
私はこの中の一番薄いものを着ています。
その上にプロテクター内蔵(ひじ、背中、脇腹)の上着を着ます。(この素材はフリース素材でしょうか?専用のものなので蒸気を通す素材ですね)
このプロテクターは着るだけて結構暑いので、この上に3レイヤーのウェアを着て終了です。
下も同じでブレスサーモのタイツにブレスサーモの靴下、足首まであるプロテクター、そしてウェアです。

これで本州では普通に1日過ごせます。
天気のよい日中は暑いくらいで、その場合はウェアのベンチレーションで調節しています。
逆にこれでも寒い場合は(北海道以外では殆どありませんが)、プロテクターの上にさらにフリースを着ます。
最終的に汗を逃がさず吸収する綿等を着ては意味がないだろうと思い、フリースを選んでいます。

私は末端冷え性で、手足はどうしても厳しい時があります。
でもカイロ等を使うと今度は低温やけどをしそうに痛くなるうえ、温度調節がしずらいので使いません。
リフトに乗っている時に指や手首を動かしたり、足首を回したり、腰を動かして血の巡りをよくするようしています。

ちなみに、ブレスサーモはちょいとお高いです。
同じような機能で違うメーカーからもたくさん出ています。
さらに、ユニ○ロでもお手ごろ値段でそういった商品はあります。
特に今年は話題になっているようですね。
しかし冬用の商品は、男性用は「速乾」とあるところ、女性用はその代わりに「保湿」となっています。(今年のものはちょっとわかりませんが・・・)
その為私はこちらの商品で代用するのをあきらめています。

また、私はボードなので、ウェアの構造や動きが若干違う分、スキーの方とは微妙な差があるかもしれないですね。
ボードの方がウェアやブローグの防水加工が強いと聞きますし。
一応参考程度にお役に立てればと思います。

投稿日時 - 2009-01-08 13:23:30

お礼

ご回答ありがとうございます。ブレスサーモですか。「汗を吸って発熱し速乾性がある」となると、スキー・スノボーのみならず冬季に大活躍な気がします。ぜひチョイスしてみたいと思います。ユニクロ製品も気になりますね。
ボード派ですか。私はどうしても足を揃えてすべるスタイルに恐怖を感じて手が出ません・・・。

投稿日時 - 2009-01-08 20:42:16

ANo.3

> 手足の指先が冷えてきて我慢できなくなるので、

グローブを2枚重ねたり、靴下を2枚重ねたりすると防げますよ。
グローブ2枚だとモコモコなので、手首から下だけの手袋(事務のおじちゃんが黒いのをしている感じのやつのポカポカのやつ)をするんでもだいぶ違います。
それと、極端に寒い日は、フードのないリフトはやめる事。
フードのついているリフトかゴンドラのあるゲレンデを選ぶ事。
これで、手足の寒さはかなり防げる。

私は、手足が冷えてきて我慢出来なくなった経験は多いですが、
次回に工夫すれば、かなり防げました。
(多い時は、年間70回滑ってたので、手足が寒い程度の事でイチイチやめてられんし)

投稿日時 - 2009-01-07 15:36:32

お礼

再びのご回答誠にありがとうございます。手袋、靴下の二枚重ねですか。それは頭にありませんでした。実践してみたいと思います。

投稿日時 - 2009-01-08 20:34:21

ANo.1

2月とヒトクチに言っても、寒い日と暖かい日があります。

すんごい寒い日は、薄手のアンダーウェアを2枚、その上にフリースを1枚、下手すると2枚着て、モコモコになったりします。
このように、合計4枚着る日は、滅多にない寒い日。いや、でも5枚着る日もある。
こーゆー日は、リフトに乗ってるだけで、グローブの中の手が冷たくなってきて、ブーツの中の足の指が冷たくなってきます。

同じ2月でも暖かい日は、薄いアンダーウェア1枚にフリース1枚の合計2枚です。

ゲレンデに到着して、駐車場で、「今日は寒い」または「今日は暖かい」を判断して、これを着る、着ないを判断します。

失敗して着過ぎた日は、1枚脱いで、木の枝にかけたまま滑ったり、わざわざ下までおりてロッカーに預けたり、ウェアのジャンバーを全てあけたりします。

失敗して少なかった日は、耐えられないので、休憩が多くなるか、下手すると、駐車場までフリースを取りに戻ったりします。
あまりに寒くて、ゲレンデで、フリースなどを買い足した事もあります。

ってな訳で、「2月の新潟ならどこでも同じ」な訳がなく、その日の寒さによります。
超寒い日と、超暖かい日では、全然違いますから。

投稿日時 - 2009-01-05 22:54:25

お礼

とても丁寧にお教えいただきありがとうございます。「ゲレンデに到着して、駐車場で、「今日は寒い」または「今日は暖かい」を判断して、これを着る、着ないを判断します。」この言葉を頭に入れておきたいと思います。

投稿日時 - 2009-01-06 13:21:44

-広告-
-広告-

あなたにオススメの質問

-広告-
-広告-