みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

貯金のコツを教えてください

派遣社員で一人暮らしをしています。
そんなに贅沢をしているつもりはないのですが、貯金ができないでいます。家賃は69,000円、給与は月24万円くらい。服や美容関係に月3万くらいは使ってしまいます。週末に飲み会とかがあって、毎週5千円くらい使ってしまい、そこで浪費しているんだと自覚してはいるのですが・・・。

みなさんだったら、この状況だったら月にいくらくらい貯金できますか?またお金を貯めるための心構えなどがありましたら、ご教授ください。よろしくお願いします

投稿日時 - 2009-01-01 02:22:55

QNo.4596315

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

他の方の回答にもあるように、あまったら貯金ではなく、先に貯金する分を引いて余った分で生活するのが基本です。

いきなり生活を引き締めるのは大変なので、ワタシの場合は毎年昇給があったので給料が上がった分を財形貯蓄にしていました。
派遣社員だと昇給は期待できないかもしれませんが、給料の少ないときを基本の生活費にして、それより多くもらった分は預けてしまうというのがいいかもしれません。

あと預け先ですが、ワタシも銀行の定期預金は自動貸付ですぐに使ってしまうのでダメです。なので貯めるお金は証券会社、使うお金は銀行口座と分けています。

証券会社というと敷居が高いようですが、MRFのように1円から預け入れできて、元本保証ではないものの元本割れすることは事実上なく、しかも銀行の定期と同程度という商品もあります。投資といっても、元本割れはまずないのですから感覚としては銀行の貯金と同じです。
 さすがに1円を証券会社に持っていくのは恥ずかしいので10万円くらいにまとまったら証券会社の窓口に出向き、「MRFにしたい」といって口座を作りましょう。あとは銀行やコンビニのATMなどから1万円単位で入金していけばいいでしょう。振り込み手数料は無料です。

証券会社のいいところは、わずかなお金であっても担当がちゃんとついてくれるところ。お金の入出金をその人に把握されているので、本当に必要なときでなければ心理的に引き出しにくいのです。
投資の勧誘もありますが、「元本が保証されているもの以外は投資したくない」とはっきり言えば大丈夫です。

そのうち慣れてくれば、元本割れせず配当も定期預金よりいい代わりに一定期間は売れない(換金できない)ような投資信託もあるのでチャレンジしてみるといいでしょう。「1年間は使わないので安全に運用したい」などと相談すれば、いい商品を紹介してくれるでしょう。
何しろ一定期間は使えないのですから、確実にたまりますよ。

投稿日時 - 2009-01-07 12:45:17

お礼

お返事大変遅くなりました。
証券会社ですか。本当に良いアイディアですね。そろそろ実行したいと思います。
MRFに興味を持ちました。意志の弱い私にはとてもよいです。今度こそ実行したいと思います。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-26 23:13:27

ANo.11

このQ&Aは役に立ちましたか?

92人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(12)

ANo.12

収入(給与)の金額からすれば、立派に贅沢な生活です。
これを自覚することから始めましょう。

ただ、何もかも我慢では生活が楽しくありませんから、メリハリを
つけることが重要かもしれません。

服は毎月買っていますか? →隔月にする。
毎週飲み会? →隔週にする。あるいは家飲みにする。
これだけで数万円貯まりませんか?

お金なんてあればあるだけ使ってしまうものです。
足りないからと借金するのは本末転倒ですが、最初に1万円でも
いいから貯蓄として取り分け、様子をみてそれを千円ずつでも
増やしていくのがよいと思います。
そして、一度貯蓄用として取り分けたお金には一切手をつけないという
覚悟が必要です。

投稿日時 - 2009-01-12 10:30:33

お礼

お返事大変遅くなりました。
覚悟ですね。本当に意志が弱くて情けないですが、取り組んでいこうと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-26 23:14:30

ANo.10

貯金は先にしてしまう。
残ったお金での生活を考えましょう。
そもそも生活が苦しいのではなく、服が買えない、飲み会に行けないという自己の欲との闘いですよね。

毎日、へこむニュースが多いと思います。
派遣社員がホームレスになって炊き出しに群がっている・・。
なぜ、すぐにホームレスになってしまうのか?
それは、毎月貯金せず、浪費している人が多いのでは。。
となると、あなたも。。。。。。

怖いですよね。今は耐えるとき!100万円がんばりましょう!

投稿日時 - 2009-01-07 00:03:51

お礼

お返事大変遅くなりました。
本当に、他人事ではありません。(ホームレス)
自分との戦いなのですね。毎週の飲み会は今はずいぶんおさまっています。100万円。がんばります。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-26 23:10:54

ANo.9

何かのCMで見たのですが、貯金ではなく給与の何割で生活すること
ですね
CMの中で店主が従業員に、給与渡す際2割貯蓄するように言うと
従業員は、無理と言ってましたが
店主が言い方を変えて給与の8割で、生活しなさいと言うと
従業員は、やってみますと
まずは、生活スタイルからですね

投稿日時 - 2009-01-06 08:26:45

お礼

お返事大変遅くなりました。
2割貯金ですか。それなら自分にも出来そうです。無理し過ぎると、どうせだめになっちゃうし。今月から2割を実践してみようと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-26 23:09:33

こんばんは!
以下、お答えします。

>この状況だったら月にいくらくらい貯金できますか?
家賃71,000円で生活していた時のことですが、
税金支払い後の手取りが月24万円なら月5万円~7万円は貯金できます。
ランチ代、交際費全て込みの生活費が17~19万円ということになります。

>またお金を貯めるための心構えなどがありましたら、ご教授ください。
年間貯めたい金額を設定することです。
60万円なら毎月5万円は給与天引き後、直ちに給与天引き又は他の口座へ入れます。
そして、絶対に(!)触らないことです。
それで生活が厳しいようなら、生活形態を変えることです。
私はルームメイトを探し、1人暮らしを二人暮しに変更したことで家賃・公共料金・ネットや電話等の通信費を半分にしました。
さらに、2人で家賃11万円のところへ引越ししたので月55,000円の家賃にしました。

10年なら600万円、20年なら1,200万円になりますよね。
ちなみに大学時代のバイト料も含めて20年間コツコツ貯めた結果、
昨年念願の新築マンションを現金一括で買いました。
購入費・費用・家具代込みで2,800万円です。
今はスッカラカンですが家賃代わりの管理費・修繕費・固定資産税(月割り)が月2万円ですから生活にゆとりが出てます。
大きな目標があると良いと思います。
頑張ってください^^

投稿日時 - 2009-01-04 21:15:06

お礼

お礼が遅くなってすみません。
すす、すごいなぁ。大きな目標を作ります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-11-26 23:07:52

ANo.7

私も自力では貯金できないので、給与天引きしています。
給与振込銀行で定期預金をするんです。
これなら自分の手元に来る金額は貯蓄分を抜いたもの。
もちろん、手元にある分をすべて使用しては意味ないので、
用途に合わせて財布(封筒など)を作ってます。(家賃や携帯などはすべて引き落としなのでその分は銀行に残してます。)
また、500円や小銭が財布に増えたら貯金箱に入れて、香典や祝儀など突発的な出費の際に使用しています。

投稿日時 - 2009-01-01 14:11:07

お礼

用途にあわせて財布ですが、それはやったことがなかったですね。
なぁなぁになってしまっていた自動積み立てをもう1度やってみようと思います。
回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-03 02:39:43

ANo.6

そうですか。
貯蓄を最優先しても苦しくなって下ろしてしまいますか。
なら、勤務先の天引き制度を使うか、給料が入金されたら何を差し置いても2~3年物の定期にしてしまいましょう。
意思が弱そうなのでなるべく解約困難な定期を選びます。ネット定期より窓口の方がいいかもしれませんね。
預金額はいくらからでもいいのですが、習慣がつくまで少し苦しいくらいで頑張ってください。時期に慣れるしやりくりもうまくなります。
騙されたと思ってケチケチを3年間だけやってください。3年たったら
ケチ程度に緩めましょう。
ただ、3年経って緩めろと言われても習慣はそう簡単に戻らないと思いますが。
それから、欲しい物を我慢するコツですが、商品を見た一度目は絶対に買うのを控えましょう。家に帰って一晩寝てそれでも欲しいと思うなら買うように心がけてください。これをするだけでかなり無駄な買い物が減ります。
苦しい思いをすればするほど一度貯めたお金はもったいなくて使えなくなります。まずは100万を目指してください。塊になればもう崩す気はおきませんよ。100万から1000万は加速がつきます。100万あれば色々と運用もできるので増える速度が増すからです。
余談ですが、私はこの方法で3年間年収の3分の1で生活してました(実家通いでしたが)。もちろんボーナスは全額貯金です。5年弱で1000万貯めました。

投稿日時 - 2009-01-01 09:40:20

お礼

アドバイスありがとうございます。
2~3年物の定期にすれば、引き落としはできないものなのでしょうか?窓口でも作りましたが、どうしても生活が苦しくなると引き落としにいってしまいます。

定期も大切ですが、自分の自覚と習慣をもっと厳しく持ったほうが良いみたいですね。
まずは100万。塊になったら崩す気は起きない、という部分が希望です。その気分を体験したいものです。まずは100万めざして今年こそ頑張ってみたいです。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-03 02:38:00

ANo.5

金融機関職員です。一般論ですがアドバイスを

まず、カードや電子マネーなどの「見えないお金」の利用はやめた方が良いと思います。そこが多い人は貯蓄が難しいです。
通常、収入の1割ぐらいなら毎月貯金出来ると思います。

給料から直接引いてしまう(財形などの)貯金形態があれば、勝手に貯って行くので一番なのですが無い場合には給与受け取りの銀行に行って相談するのが簡単です。

一例として積立定期預金(みたいなもの)を使ってみるのはいかがですか?
これは毎月一定額を定期預金にしてしまう商品ですが、例えば収入の24万円のうち4万円を毎月定期預金にします。
毎月20万円以上使うと残高がマイナス表示(赤残の為)になりますから、お金を引き出すのにブレーキが掛かりやすくなります。
もちろん赤残ですので意図的に(お金がどうしても必要なときは)使うことも出来ますが・・・

金融機関側としてはお客様にお金を置いといてもらいたい、という考えもあって一般的にはあまり知られていない商品とかも有りますので、一度窓口へ相談に行ってみるのも手かと。

残ったら貯金、では貯蓄は出来ないとおもいますよ。

投稿日時 - 2009-01-01 04:14:17

お礼

実は・・・マイナス表示の貯蓄・・・やっています。
マイナス表示が当たり前になりすぎてしまっていて、効果を出していないようです。。(情けないです)
定期にしても、生活が苦しいと手をつけてしまうんですよね。こんな自分の意志の弱さをどうにかできないか悩んでいます。今一度天引き・積み立てをやりなおしてみようと思います。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-03 02:30:21

ANo.4

こんにちは。

私は元々浪費家で、社会人になって親の助けが無くなった時に痛い目に合い、現在少しずつ貯金が貯まって来ている者です。

アメリカの印刷会社でデザイナーをしてるのですが、現在の給料は日本円で年収320万。月の手取りは20万前後です。アメリカでは日本でいうところの“アフターファイブ(死語ですかね?)と言うのは無いので、ご質問者さんと出費をしている所は違うのですが、私はとりあえず、自分の生活費(お小遣い)として使うお金を貯める銀行口座と、もう一つ、手を着けずただお金を貯めるだけ用の口座を持っております。

月の始めに(生活費を払う前に)まず1万円だけ、自分が使う方の口座からお金を貯める方の口座に自動的にお金がトランスファー出来る様に設定をしておりますので、嫌でも1万円は貯めさせられる状態になります。

残ったお金でやりくりをして、月の終わりに少しでも残っているお金があったら、次の給料が入る前にお金を貯める方の口座に入れてしまい、毎月、その月に貰った給料でだけ生活をする用に心がける、と言った様な事を続けていたら、最近お金が貯まって来てる事に気付きました。

後は、仕事が終わって家に戻って来た段階で財布を開け、入っている小銭は全部家の貯金箱に入れる、というのも続けていたら、気がつけば30万程になってました。


こまかく、どのくらいの金額を節約するにはどうしたら良いかは解りませんが、貯金の方法で私が使って成功した物を紹介させていただきました。

ちりも積もれば山となる、じゃ無いですが、たった数千円でも残ったお金は使わないで貯める用、と決めてしまえば、少しずつでも違いは出て来ると思いますよ。

投稿日時 - 2009-01-01 03:32:11

お礼

>たった数千円でも残ったお金は使わないで貯める用、と決めてしまえば、少しずつでも違いは出て来ると思いますよ。

この部分がすごく心に響きます。
最近、ほんの少しでもいいからお金をためたい、と思うことで生活様式が変わってきました。ほんの少しでも安い日用品を買うとか、外食を控えるとか。参考にさせていただきます。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-01 04:07:28

ANo.3

手取り24万なら月3~8万くらいでしょうか?

ただ、生活状況に応じてですが。まずは
手取り-家賃-水道光熱費-食費=貯蓄分+その他
と考えてみてはいかがでしょうか?


もし自分で貯金の分を取っておくのが大変でしたら財形のように毎月勝手に決まった額を引いてもらうのが有効だと思います。残った分しかないものと思えばそれはそれで何とか生活できるものです。
(^_^;)
もし会社にそういった制度がなければ、給料が入ったと同時に自分で貯金分を銀行などに振り込めば同じことです。
ただし、口座は普段使用しているのとは分けておかないと使ってしまう可能性があるので貯蓄用に新たに口座開設することをオススメします。
手間がかかるとお思いでしょうが、苦労して作ったなら尚更、せっかく作ったのだから、と手が出しづらくなる…ハズ?

あとは将来、何か大きい買い物をしたいというのはありますか?お家だったり車だったり。もし購入する際に一括で購入できたら、ローンを組まないで済みます。
つまり金利などの余計なお金を払わずに済むということです。金利もトータルで考えると馬鹿になりませんよね。これはかなりの節約になります。


お金があるから買うのではなく何か欲しいものがあるから使う、貯める、という風に考えるのもいいと思います。
目標があれば、そしてそれが自分にとって魅力的であればあるほど頑張れますよね。

ちなみに私は(薄給で恥ずかしいですが)手取り14万で家賃は4万(ボロアパートです)ですが毎月5万ずつ貯金してます。

貯金、頑張ってくださいね。
(o・v・o)ノ

投稿日時 - 2009-01-01 03:30:53

お礼

手取り14万で毎月5万貯金ですか。
頭が下がる思いです。大きな目標はないのですが、貯金がゼロに近い自分が恥ずかしく、とにかく100万以上の貯金を持ちたいと切に願うようになりました。

今まで引き落としで強制的に貯金をしようとしていたんですが、設定額に無理があったようです。
ちゃんと現実を見つめて貯金額を設定するのがよさそうですね。

手取り-家賃-水道光熱費-食費=貯蓄分+その他
この公式がとても参考になりました。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-01 04:03:55

ANo.2

貯金のコツは簡単なことです。
端的に給料から最も先に優先して確保すればいいのです。
すなわち、家賃や食費や被服費の全てに優先させるだけのことですよ。
もっと簡単に言えば、貯金しようとするお金は最初から振り込まれて無いのです。給料マイナス貯蓄額があなたの月収です。

余ったお金を貯めるという発想は今年は捨てましょう。

投稿日時 - 2009-01-01 03:15:20

お礼

以前その方法でやっていたのですが、つい生活が苦しくなるとおろしてしまったりして手をつけてしまいました。無理な設定をしすぎていたのかも知れません。金額を見直して、もう1度貯蓄預金を再開したいと思いました。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-01 03:55:21

ANo.1

【いくら貯金できますか】ではなくまず貯金額/月を設定してしまうこと。
次に手取り給与から家賃・貯金額を除外する。
そこまで設定してから切り詰めるべきものを考える。

と言っても身体が資本である以上食費を削る事は考え辛い。
交際費もそれが必要な交際(仕事上の利益に直結する)であれば仕方がありませんが
派遣社員の立場でそれはまず有り得ないので削れる対象です。最低限の交際として5,000/月でしょうかね。
衣服と美容で月3万は高すぎると思うのですが。これも5,000~10,000/月ぐらいに抑えられると思います。

金を貯める秘訣は徒然草217段を読むことですね。

【あるものすごく大金持ちが言うには、
「人間はどんなことをも後回しにして、ただひたすら金を作るしかない。
貧乏人は生きていても仕方がないからだ。金持ち以外は人間じゃねえ。
金持ちになりたいと思ったら、何はさておき、まずは金持ちの心構えを修行する必要がある。
その心構えというのは何も難しいことではない。
人間の命は永遠だと安心して、間違っても形ある物は全て壊れると思ってはいけない。これが一番のポイントだ。
次には、どんなことでも自分の思い通りにしてはいけない。
生きていれば、自分のことでも、他人のことでも欲望は果てしなく沸き出してくる。
欲望の赴くまま思い通りに暮らしていたら、百億円あったとしても、少しでも手元に残るはずがない。
欲望は尽きることはなく、金はいつか底を尽きてしまう。
限度のある貯金を抱えて、無限の欲望に振り回されることなんて、できっこないのだ。
ということで欲望が心に芽生えたら、自分を滅ぼす悪魔が来たのだと用心して、ちょっとのことでも節約しなくてはいけない。
その次は、お金を奴隷か何かと勘違いして使うものだと思っていたら、一生貧乏は辞められないと思いなさい。
お金をご主人様や神様のように思って恐れ敬って、決して思い通りに使ってはいけないのだ。
その次は恥ずかしい思いをしても決して怒ったり、恨んだりしてはいけない。
その次は、嘘をつかないで、約束を絶対に守らなくてはならない。
この気持ちを忘れないでお金を稼ごうと思えば、お金が転がってくることは、乾いた物に火が付き、水が低いところに流れていくようなものだ。
お金が貯まって次第に増えてくると、宴会やパーティ、女遊びなどということもどうでもよくなり、住む場所も簡素になり、欲望を追求しなくても、心は穏やかでいつでも楽しい」と話した。】

参考URL:http://www.tsurezuregusa.com/contents/217.html

投稿日時 - 2009-01-01 02:48:54

お礼

交際費月5000円、衣服美容が月1万円ですか・・。
なかなか厳しい感じがします。工夫というよりは欲望を断たないとお金を貯めることは難しそうですね。まさに修行ですね。参考にさせていただきます。回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2009-01-01 03:53:33

あなたにオススメの質問