みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

自己破産後の住宅ローン

はじめましてよろしくお願いいたします。
私は2002年の3月位に自己破産の免責が下りました。
その後結婚&子供もできまして、そろそろマイホームを考えていますが
実際自己破産者でも住宅ローンはいけるのでしょうか?

「個人信用情報」内の破産情報のが消えるのは最長10年と聞きました。
それが消えない限りクレジットカードや通常のローンも組めないと
聞いたことがありましたが、実際の私の場合、5年強してから
クレジットカードも作れましたし、ショッピングローン&車のローンも
組め現在滞りなく支払いもしております。

このような状態での住宅ローンはどうなのでしょう?
詳しく分かる方がおられましたら、回答のほどよろしくお願いいたします。
長文、駄文申し訳ありませんでした。

投稿日時 - 2008-12-14 21:24:39

QNo.4555933

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

住宅ローン審査経験者です。
&かつて『個人信用情報機関』の1つである『CIC』の『個人情報取扱主任者』の認証を受けていました。

> そろそろマイホームを考えていますが実際自己破産者でも住宅ローンはいけるのでしょうか?
過去に自己破産した人間は、どんなことがあっても一生住宅ローンを借りられない…ということは【ありません】ので、安心してください。
ただ、ご質問者さまが「どう」なのかは、『個人信用情報機関』(取り敢えず『全国銀行個人信用情報センター(KSC)』と『CIC』の2機関)に「本人情報の開示」をしていただいて、その「内容」を提示していただかないと、全く回答できない問題なんです。

> 「個人信用情報」内の破産情報のが消えるのは最長10年と聞きました。
はい。
現在、日本には大きく5つの『個人信用情報機関』があるのですが、そのうちの2機関では、「官報記載情報」の登録期間が10年とされています。

> それが消えない限りクレジットカードや通常のローンも組めないと聞いたことがありました
その情報は「嘘」です。
『個人信用情報機関』に「ネガティブ情報」がある=クレジットカードの発行やローンの審査に通らない…というのは、「真っ赤な嘘」です。
『個人信用情報機関』に登録されている情報は、あくまでも「情報」としてしか利用してはいけないことになっています。
それに、「『個人信用情報機関』に「ネガティブ情報」がある人には、お金を貸したり、それに準ずることをしてはいけない」と法律などで定められている訳ではありません。
ですから、お金を貸したりそれに準ずることをする「企業」が、自身の判断に基づき、「OK」とすれば、お金を借りることもできますし、クレジットカードの発行も受けられたりします。

> 実際の私の場合、5年強してからクレジットカードも作れましたし、ショッピングローン&車のローンも組め
そのクレジットカードの発行・管理をしている会社が加盟している『個人信用情報機関』はどこでしょうか。
また、そのショッピングローンや車のローンを利用した会社が加盟している『個人信用情報機関』はどこでしょうか。
「最長が10年」であって、それより短い期間しか保有していない『個人信用情報機関』が3機関ありますよ。
しかも、いずれの機関も「○年以内」としていて、「○年間は絶対保有している」という決め方はしていないと思いましたけれど。
また、保有期間は、「免責」からではなく、「自己破産手続開始の決定日」から計算されます。

できれば、ご質問者さまが「住宅ローンの利用を検討している銀行」と「その銀行が利用する保証会社」の双方が加盟している『個人信用情報機関』を調べ、そこに対して「本人情報の開示」手続きを取り、その結果を把握されてから、「こんなカンジなんですが…。」とお尋ねいただけると、もっと突っ込んだ回答ができるのですが、現状では、「何とも言いようがない。」としか申し上げられません。

住宅金融支援機構の『フラット35』をご利用になるのでしたら、申込先金融機関が加盟している『個人信用情報機関』と、住宅金融支援機構が加盟している『KSC』と『CCB』になります。

現在、日本にある『個人信用情報機関』は、
・全国銀行個人信用情報センター(KSC)
・CIC
・CCB
・全国信用情報センター連合会
・テラネット
の5機関です。
「本人情報」の開示の仕方は、それぞれのウェブサイトに記載があります。

最後に、細かいことなんですが…。
「ローン」については、「支払い」ではなく「返済」という言葉を使ってください。
「借りているものだから、他の『支払い』よりも優先しなければならないものだ。」と思えずに、他の「支払い」と同列に捉えられてしまうのが、「間違いの元」のようです。
「返済不能」になられた方は、この区別ができない方に多かったものですから…。

投稿日時 - 2008-12-15 11:19:11

お礼

Domenica様
早速のご回答有り難うございます。
大変丁寧に教えていただき感謝いたしております。
やっぱり「個人信用情報」の開示は必須みたいですね
開示の準備も進めていましたので、早速手続きいたしたいと思います。

それが分かり次第、また質問するかも知れませんがその時はよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-12-16 06:49:34

このQ&Aは役に立ちましたか?

15人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問