みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

北欧人から垣間見た日本の女性の社会的地位向上とレディーファースト

日本の女性の社会的地位向上についてです。

まず私が過去に、北欧出身で米国・日本でも働いていた女性から伺った興味深い貴重な見解について述べさせていただきます。
北欧諸国が男女差の少ない地域であることは有名であると思います。しかし男女格差が少ないということは女性に対しても厳しいそうです。

前述の北欧出身女性が日本で働いていた時、日本で女性が仕事で分からないことをすぐ男性社員に当然のように振るのに非常に驚いたと言っていました。それをあっさり受け入れる男性にもあきれてしまったそうです。確かに逆のケースはほとんどないですよね。
極めつけは重さ3、4キロ程の子供でも運べるダンボールの箱が重いといって、男性に運ぶのを半ば当たり前のようにレディーファーストを振りかざし頼む女性と、それをレディーファーストと混同し笑顔で受ける男性には唖然としたと言っていました。

欧州や米国で、女性といえども仕事で子供でも運べるようなダンボールを重くて運べないなどと甘え極まりないことを言うと、言われた相手はぶち切れるそうです。
米国・欧州の一部の国は簡単に解雇される厳しい労働環境のため、仕事分からないと人に振ったり、子供でも運べる重さのダンボールを重くて運べないなどと言っていると本当に解雇もあるそうです。

ここからが本題なのですが、彼女はそのように日本の一部の女性が根底に甘えをかかえている状況では、決して女性の地位向上は有り得ないだろうし、決定権の有る男性管理職・経営陣が重要な仕事を任せることも決してないだろうと言っていました。また欧州・米国ではそんな甘えた人間が、会社に居続けられることなまずないそうです。

もう一点、日本の女性はレディーファーストと社会地位の向上を混同している人が非常に多いと言っていました。
北欧では女性の地位向上の目的は、女性が家計外に出て働くことで国家税収の向上を目指すことが主目的であって、決してレディーファーストではないそうです。女性も働いているからこそ北欧諸国は国民一人当たりのGDPが高いそうです。
レディーファーストとはあくまで一般的な嗜み・習慣といったもので、職場でレディーファーストなど一切なく、そのかわり男女差別もほとんどないと言っていました。日本の女性の公私に係わらずレディーファーストされて半ば当たり前といういびつで偏狭な考えが、女性自らの社会進出の機会を塞いでいると指摘していました。

また日本の特に中高年男性の女性に対する過度の甘さにも首を傾げていました。一般的な日本の管理職の「オジサマ」の女性に対する接し方だと、北欧や米国の一部の企業では、管理が甘いと見なされ管理職をクビになる可能性もあるそうです。

女性の社会進出の最先進国から来た人には、日本はまだまだ男性側も女性側も発展途上に映ったようです。
小柄で華奢な白髪の北欧女性は、外見とは裏腹に厳しい環境で鍛えられ、強い芯と広い視野を持ち、とても合理的で甘えが皆無で、非常に感心させられました。

日本も北欧並みに女性が社会進出し、家計外でバリバリ働き始めれば、再び国民一人当たりのGDP世界一となってもおかしくないですね。

皆さんは、日本の女性の社会的地位向上は、今後どれほどあると思いますか?(日本の経済自体が女性の社会的地位向上分を満たす規模まで行ってないという面もありますが)

投稿日時 - 2008-11-17 00:48:20

QNo.4484723

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

今後は女性の社会的地位は下がっていく一方だろうね。

アメリカを見れば分かるだろ。
女性の上級管理職はアメリカじゃ7%しかいなくなってしまった。

後進国の貧困東南アジアでは70%もいるのにな。

マスコミのフェミニズムの声が大きくなってるだけで実体は伴ってない
むしろ大衆の反感買ってるだけなんだろうね。

こっちはか弱い女を守るだけ

投稿日時 - 2012-12-15 14:22:52

ANo.8

私はそもそも海外のあり方が日本より優れているとは思いません

よってレディーファーストの文化事態を否定します

レディーファーストの起源や解釈などどうでもいいのです

問題は平等社会においてそのあり方はどうなの?ということです

レディーファーストに反対の日本の男性は海外の女性と日本の女性を比較して文句を言ったりしますが

日本の女性は大和撫子という言葉があるように時代が移り変わっても比較的、男性に好意的だと思います、


そもそも海外の女性が傲慢なのです

兵役の義務が男性にだけあるってどういうことなのでしょう?

社会的に女性が弱者な部分があるということと義務を分担しないということは別です

男性に不利な部分も社会にはあり自殺率も高いです


それらはそれらで問題解決を考えていけばいいだけの話で差別で差別を正当化していいということではないです


海外は進んでいて日本は遅れていると洗脳されている人が本当に大勢います

理由は 皆がそういっているから ということでしかない

誰かが言い出してよく分からないうちに広まり裸の王様状態


根底から疑う姿勢が必要です

あと男は見栄を張らないで傷みを主張するべきです


優先されてうれしいのは男性も同じ。何で女性だけが?男性ファーストもあってもいいのでは?という男性が増えてほしいです


これからは男性の女性化でその様な意識を持つ人が増えていくと思います

家事育児の分担だけでなく男性の負担も分担していきましょうよ

投稿日時 - 2011-06-17 20:48:13

ANo.7

GDPが世界一でも実際この時期の日本がいろいろな意味で豊かだったかどうかは言わずもがなですね。
女性の方も自分で出来ることは自分でやっていただきたいですね。出来ないんだったらある程度努力して。それでもダメなら誰かに頼んで。
質問者様の言うような女性は俺もウザいです。”私は弱いから守ってね”とかアピールしてるようなやつはマジでウザいです。
オスには自分のテリトリーを守ったり子孫を残そうとする本能はあっても、弱くて何も出来ない女性を守ろうとする本能(母性本能?)はありません。

投稿日時 - 2008-12-10 10:41:46

ANo.6

「女性の社会進出と男女平等」も、「レディーファースト」も欧州から日本が輸入した概念なので、なかなか正しく理解してる人は少ないのかもしれませんね。
結果、都合の良い解釈が横行してるのかもしれません。

「男女平等」という概念は、もともと女性が男性社会に対して自分たちにも同等の権利を認めるよう社会に求めたのが始まりです。
この動きは、古代からもありましたがやはり男性優位社会がずっと続いてきました。
しかし、英国の清教徒革命や仏国のフランス革命などの市民革命により人権意識が台頭してくると、それにともない女性も地位向上を求めるようになっていきます。(中には、女性の方が男性より優れてると主張する人も)
フランス革命後に平等を唱えた人権宣言が採択されましたが、それでも女性は社会からはじき出される傾向にありました。
その象徴敵なのが、参政権が無かったことです。
女性達は、まずこの参政権を求め運動を展開していきました。
最初は、著名な文筆家や思想家による単発的な運動でしたが、19世紀にはいると徐々に組織化され活発化しました。
その結果、第一次世界大戦前後には多くの国で女性の参政権が認められていくことになります。
これによって、始めの目的は達しましたが。
しかし、第二次世界大戦以後に産業構造の変化や米国の大量生産・大量消費方式の社会が形成されていくなかで、「女性の職業選択の自由」などを求めるようになっていきます。
特に、米国ではベトナム戦争や朝鮮戦争などの軍需特需により、女性が工場で働いたりして社会進出が促されました。
それが、「女性も男性と同じように働ける」という自身に繋がっていきました。
そして、「男性優位社会」に対して「男女同権」が声高に叫ばれるようになり、米国の「ウーマン・リブ運動」に象徴されるような「女性解放運動」が盛んになっていきます。
そして、そうした「女性解放」を詠うことや、その人々を称して「フェミニズム(フェミニスト)」と呼ばれています。

日本は、こうした一連の流れを輸入してきました。
しかし、「運動会、手をつないで仲良くゴール」とか「ひな祭りなど、伝統文化の否定」など、間違った「エセ・フェミニズム」が横行していると言えます。
そうした「エセ・フェミニズム」が「反フェミニズム」に利用され、なかなか「女性の社会進出が進まない」などの弊害もあります。


そして、「レディーファースト」も誤解されることによって女性の社会進出が阻害されている面もあるかもしれません。
もともと、「レディーファースト」というのは中世フランスの騎士道にその萌芽が認められます。
『アーサー王物語』を始めとした騎士道精神を詠った文学作品が、火付け役とも言えます。
こうした文学作品によって「恋愛術」として、男性が女性の奉仕するという規範が形成されていきました。
そして、それが「文化」として「男性が女性をエスコート」する文化が形成されていきます。
あくまでも「男性が女性をエスコート」することであって、「女性が男性に威張って良い」ということではありません。
言い換えれば、男女間のマナーの問題なんです。
しかし、日本は文学や映画を通してこうした文化を輸入していきます。
特に、デパートや外食産業を中心に、女性の消費を促す目的で「レディース・ディ」や「女性割引」などを取り入れていきました。(当然、レディーファーストとは関係ありません)
そして、「レディーファースト=女性が優遇される」と勘違いする人が出てきたのでしょう。
結果として、形式的なレディーファーストや行きすぎたレディーファーストが横行しているとも言えます。

このように、様々な誤解が多くあるためなかなか理解が進まず日本が「女性の社会進出後進国」といわれる由縁かもしれませんね。
正しい理解が進めば、今後も女性の社会進出が促される可能性はあると思います。
また、少子化による労働人口の減少によって、女性を労働力として受け入れざるを得なくなり、それが女性の地位向上に通じるかもしれませんね。

投稿日時 - 2008-11-18 00:48:18

ANo.5

ある程度は社会進出が進むでしょうが、北欧並みにはならないでしょうし、しようとも思わないでしょうね。


日本には日本の文化や国家の成り立ちがあるわけで何が何でも北欧や米国にあわせようとはしないでしょう。
よく、こういう議論で個別の事象だけ切り取って話をされることがありますが、違いますよね。全体で考えるべき話です。税率や自然環境や人口や地政学的な問題なども全部が全部影響しあって制度ができているわけで、女性の社会進出だけを別の事象にしようとは思わないでしょう。

「国家税収の向上を目指すことが主目的」なんて中東の税金0の国に言っても何を馬鹿なこと言っているんだという話です。また、1人当たりのGDPを増やすことが目的なのかも国によって違います。

そこで日本を見ると、消費税率を少し上げる程度で大騒ぎしている国です。全く北欧のような国家を作ろうという意図はないでしょう。

投稿日時 - 2008-11-17 21:32:10

ANo.4

北欧諸国とは、
アイスランド、スウェーデン、デンマーク、ノルウェー、フィンランド
でありますが、
ノルウェーには北海油田、スウェーデンには鉄鉱石と森林資源と、日本と違って、
資源に恵まれています、
一方で、資源に恵まれないアイスランドは金融危機で経済が崩壊しました。
いずれにせよ、G8のメンバーではありませんが。

>皆さんは、日本の女性の社会的地位向上は、今後どれほどあると思いますか?
イタリアやスペインなどの南欧諸国程度に留まるでしょうね、国民性から言って。
イタリアやスペインなどの南欧諸国は、同じ欧州であっても、北欧と違って、
北欧並に就業における男女平等は徹底しておりません。
仕事での自己実現よりも家庭を重視する女性多い影響なのか、
北欧と比べて、出生率は高いですよ。
実は、就業における徹底した男女平等―いわゆる、女性の社会進出―が、
かえって少子化を招くだろうの主張の根拠の一つとして、
イタリアやスペインなどの南欧諸国と北欧との比較が持ち出されるそうです。
ちなみに、イタリアはG8のメンバーです。

投稿日時 - 2008-11-17 21:18:42

ANo.3

> 日本も北欧並みに女性が社会進出し、家計外でバリバリ働き始めれば、
> 再び国民一人当たりのGDP世界一となってもおかしくないですね。

 女性の社会進出と GDP をリンクさせること自体が、あまりに
ナンセンスです。GDP や国の豊かさを左右するパラメーターと
なりうる指標は、ほかにいくらでもあります。

 たとえば北欧の消費税は 24 %で、収入に占める税金の割合は
5割を超えます。見かけ上の GDP は高くても、可処分所得は
日本より低くなります。そのため貯蓄率は先進諸国でもっとも低く、
いわゆる「 老後の蓄え 」はないに等しいのです。

 そのぶん、社会保障を篤くして国民の老後に備えるわけですが、
そのために国家予算の4割が社会保障費に当てられています。国が
ちゃんと回っているうちはいいのですが、経済危機に襲われたら
お先真っ暗です。アイスランドはすでに国自体が破綻しました。

 かつてのイギリスが「 ゆりかごから墓場まで 」の社会福祉制度を
推進したために、国家財政が破綻しかかったのはご存知でしょう。
もちろん福祉が薄くてはダメですが、篤すぎてもダメです。どち
らかが正解というわけではなく、どちらも正解ではないのです。

 社会保障ひとつをとってみてもこれほど問題があるのに、女性の
社会進出という抽象的な概念から、日本が遅れていると断定するのは、
思考停止と言わざるを得ません。民主主義でさえ完全に機能して
いない国がたくさんあるのに、女性の社会進出といったあやふやな
概念で日本という国を推し量ろうというのは、行き過ぎた行為です。

投稿日時 - 2008-11-17 20:59:13

ANo.2

>日本の女性の社会的地位向上は、今後どれほどあると思いますか?

何を持って地位が高いかは価値観の違いもありますので
欧州のモデルをなんでも盲信してしまいがちな左よりの人たちにもウンザリですが。
まぁ、それはおいておいて。
欧州とは文化や根付いている物や現代取り巻く環境も違いますので
欧州みたいには、なれないでしょうね。
左よりの人たちは、そいう考え方を輸入して広めるのは得意ですが
権利ばかり主張して責任を教える事を同時に解かないから
看板ばかりが先に立ててそれを守る事に必死だから都合の良いことばかり言う。
聞いた方も自分の都合の所しかとりああげないから権利ばかり主張する。
大体、文化も歴史も違うのだから、そのまま輸入して自己利益の為に
その考え方をカスタマイズもせずに根付かせようと言う発想自体がおかしいから
余計に悪い状態になっていっている。
その負のスパイラルから抜け出す事は、もはやこの国のシステムでは難しい。
欧州スタイルが確立したとしても何十年?もしかすると何百年?先の話ではないかな。

あとGDPの話だけど、女性の地位が確立したからと言って
それはまた別問題。日本はGDPをあげる為のハードウェアを持っては居るけど
それを使うソフトウェアがない。つまり現状でも人が溢れて居るのにこれ以上
生産量の増加をしても単純には上がらない。
人工の少ない欧州と同じと考える事はできない。
これからさき、資源の少ない日本が何を作り何を売るのか確立する事の方が先。

投稿日時 - 2008-11-17 04:33:18

ANo.1

私の場合は管理職ではないけれども管理職が女性に甘過ぎて厳しく言うとトイレに入って泣いてしまったことがあります。でもその女性は泣いたことは口に出さずに言ったことをきちんとやるようになりひねくれることもなく成長し、今では結婚して幸せになっています。部長は「俺そういうのは嫌いなんだ。」と常に甘い人でしたが、そういう管理職では
常に真面目に仕事をしている者にばかり負担が集中して楽な人間はいつまでも負担がなく楽をすることになります。不況になりそういう楽をしていた人で退職した人も多いですが、それならその人のためにもきちんと厳しくてもものになるように指導するのが管理職の勤めだと思います。欧米においては逆に権利を主張して長期休暇を取るケースもあります。日本でも最近は起業して成功する女性も多いし地位は向上する傾向にありますのでよくなっていると思います。日本の場合は女性の方が優秀でうずもれている人が多い気がしますのでそういう女性に機会を与えないのは大きな損失ですね。

投稿日時 - 2008-11-17 01:07:11

あなたにオススメの質問