みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

夏目漱石 こころ

夏目漱石の『こころ』を読んでいるのですが、下の「先生と遺書」の25章の内容の意味がいまいちよくわからず悩んでいます。
なぜ先生は奥さんとお嬢さんにKと話をするように頼んだかなどがよくわかりません。
25章の解説をどなたかお願いできませんでしょうか?
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2008-11-15 17:46:12

QNo.4480810

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

#1さんに加えて
Kが引きこもって孤独の境地にいることに、友人として
忍びなかった先生が、何とか人間らしい生活をさせようと、
陰で、奥さんとお嬢さんに、Kとなるべく話をしてもらって
心を開かせようとしたのでしょう。
でも、後にこれが裏目に出ますね。(^^)

投稿日時 - 2008-11-15 20:58:28

ANo.1

『私は彼のこれまで通って来た無言生活が彼に祟(たた)っているのだろうと信じたからです。使わない鉄が腐るように、彼の心には錆(さび)が出ていたとしか、私には思われなかったのです。』と理由が明記されていますよ。

  http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/773_14560.html

投稿日時 - 2008-11-15 18:46:04

あなたにオススメの質問