みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

江戸時代の人、『火事』と『ペスト』、どっちが怖い?

私は色彩検定の勉強で、いろいろな色彩に関する本を読みました。
その中のある本に、こう書かれていました。
「江戸時代は火事が多かったので、今でいう『グレイ』を『灰色』というと、
『灰』という字から火事を連想してしまう。
なので『グレイ』を『鼠色』と呼ぶようにしていた。」

なるほど!
「火事と喧嘩は江戸の華」と言うし、
「明暦の大火」は江戸城をはじめ、市中の6割を焼き尽くした事で有名ですよね。
でも『鼠』は怖くないんですか?
ネズミといったら黒死病と呼ばれたペストを媒介する動物でしょう?
14世紀には全ヨーロッパにまたがるペストの大流行が発生!
ヨーロッパの総人口のほぼ3分の1にあたる死者が出て、人口大激減!
その後も、ペストは17-18世紀頃まで何度か流行している。

『火事』と『ペスト』、どっちが怖いですか?
江戸時代の人にとっての回答と、現代の回答者様の立場での回答、
両方で答えていただきたいです。

私はペストのほうが怖いです。致死率高いし。
なにより我が家には鼠がぎょーさん住み着いてるからです!。(恥)
なにしろ築50年以上ですから。
サルモネラ菌だって関係してるし。

火事になっても、家から1キロも離れていないところに
大きな消防署があるので、すぐに消防車が来てくれると思います。

投稿日時 - 2008-11-12 12:17:42

QNo.4472472

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

そりゃペストはコワイですよ。
でも日本ではペストが流行した事はありません。
明治20年代迄の大きな開港地を除いて(神戸とか
横浜とかの)。
火事ですが、火災保険のシビアさってご存じですか?
柱1本でも焼け残っていたら、おりないとかで。

病気で一番残酷だったのは、多分ペストではありま
せんね。(あれは発症も死亡も早いから)
後に重大な後遺症が残ったり、生きながら腐っていく
病気の方が遥かに恐いと思います。

江戸時代の人はペストは知らなかったでしょう?
(幕末にコレラが入ってきて、大恐慌を起こしました
けど)よって江戸の人は、火事の方が怖かったと
思います。
~江戸の人って、川柳で梅毒を笑い飛ばしていたって
 知ってますか?(人間心理ですよ、そこは)
 日本人は梅毒患者が相当多かったのです。遊郭があり
 ましたからね。来日した西洋人の医師が驚く程患者が
 たくさんいましたよ。(日記にその記述が残っている)
★昔は食糧が足りなくなる事が多かったですから、
 疫病の大流行や戦争は、確実に人口調整の役割を果た
 していました。【ハーメルンの笛吹き男】もあれは、
 食糧が足りないから、余り人口を処分しようっていう
 事が作品の底にあったって言いますよ。

投稿日時 - 2008-11-12 19:26:19

お礼

なるほど!ですね。
火災保険のことなんて初めて知りました。
江戸時代の豆知識も知ることができてよかったです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-11-13 00:32:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問