みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

全ての金融機関を国有化すると何か問題ありますか?

数年前に金融機関の不良債権をどう処理するかで大きな政治問題化した事がありますが、その時から疑問に感じている事があります。

全ての金融機関を国有化すると、何か問題ありますか?

経済評論家の説明では、金融機関といっても所詮は営利を目的とする民間企業。 株主もいれば役員もいます。 普通の企業と変わらないはずです。

ところがお金が国内で活発に流通しないと景気や経済成長が瞬時に止まってしまいます。 その意味では、金融業というのは日本経済を支える骨であり、またお金を企業に融通し経済活動を活発にさせる心臓の働きを担っていると思います。

しかし、現実には自己保身のために 「貸し渋り」 や 「貸し剥がし」 が日常的に行なわれているようです。 政府としても業界側に圧力を掛けているようですが、無理な融資を行なった場合また不良債権が増えるだけであり、強引に言うことを聞かせる事も無理だと思われます。 金融機関といっても、先に言いましたように、所詮は一民間企業に過ぎないからです。

私が銀行マンでも、疑わしい企業からは早めに融資を引き上げるようにするでしょうね。 そうしないと今度は自分がやられるからです。

とすると、そんな金融機関の現状に日本経済を支える役目を負わせるのは、基本的に無理があるように思います。

この場合の解決策として、「全ての金融機関の国有化」 という事が考えられるのですが、何か問題が発生するでしょうか?

「そんな事は社会主義国のやる事だ」 とか 「国の意に添わない企業は融資が止められて倒産させられる事になる」 と、自分なりに考えてみたのですが、それ以外に根本的な問題ってあるでしょうか?

そもそも国の経済を支える銀行業務で、とことん利益を追求する事が正しいのかどうか疑問に感じています。 いくら自由主義経済の国といっても ・・・

投稿日時 - 2008-11-04 14:14:02

QNo.4453042

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

銀行などの金融機関が、「社保庁」化する可能性が出てきます。
まあ、これは冗談としても。

新銀行東京なんて良い例があるじゃないですか?
「貸し渋り」 や 「貸し剥がし」は当然問題があるでしょうけど
中小企業に資金を廻さなきゃ駄目だ!というお題目が一人歩きして、倒れる寸前の企業に融資して、資金回収が出来なくなれば銀行に損が出ますよね。
挙げ句の果ては審査の目をかいくぐって、不正をはたらく輩も出てくるし・・・

その失われた資金は何処から出ているか?まあ、実際の割合は少ないとしても我々の預金もその一部です。
危ない企業に金を貸せ!と言うのと
預金者を保護しろ!というのは、聞こえは良いけどどう考えても矛盾します。

その様な難しいバランスを、硬直的な官僚機構に任せて上手い具合に行くと思います?

官僚機構にコントロールされた、親方日の丸金融機関が後先考えないで起こしたのが80年代のバブルとその後の金融機関の迷走です。

決してアメリカ式の何でもグローバリゼーションが万能とは思えないけど、官僚が過度に口出しをするのはもっと危ういことと思う。

投稿日時 - 2008-11-04 14:33:30

お礼

早速のお答え、有難うございました。
たしかに業績の悪い企業に融資をすれば、貸し倒れが無限に増えていきますよね。 なるほど、新銀行東京がその典型なんですか。

でも、そうすると銀行側のリスクと判断で貸し付けが行なわれる今の状態が続くと、どうしても貸し渋りや貸し剥がしが発生しますよね。
で、運転資金さえあれば充分やっていける可能性のある企業も資金が不足して、あえなく倒産 ・・・ 
この辺のバランスは難しいですねえ。

投稿日時 - 2008-11-04 15:46:30

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問