みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

乾電池と充電式電池

一般に市販されているマンガン乾電池やアルカリ乾電池は1本が1.5Vですが、ニッカド電池やニッケル水素電池は1本が1.2Vや1.3Vです。
同じ形状なのに、電圧が違う理由は何でしょうか?

あと、ニコンのスピードライトSB-800を使用しているのですが、これに使う電池としては、アルカリ電池とニッケル水素電池のどちらが向いているでしょうか?使用頻度は2~3ヶ月に1度程度です。
(以前、SANYOの2700mAhのものを使っていたのですが、すぐに使えなくなってしまいました。新しい「エネループ」なら大丈夫でしょうか?)

投稿日時 - 2008-10-30 10:24:59

QNo.4440737

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

使用する電極材料によって電圧が異なる事については
http://kaden.watch.impress.co.jp/cda/column/2007/02/01/381.html
の冒頭付近に。

また、エネループ型の充電池とこれまでのタイプのモノとの違いに関しては
http://kids.gakken.co.jp/himitsu/eneloop/index3.html
こんなページが。

投稿日時 - 2008-10-30 13:18:39

お礼

回答ありがとうございます。
使用する電極材料によって電圧が異なる理由は分かりました。
「技術的に無理」なわけですね。

投稿日時 - 2008-10-30 15:05:20

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

電池の電圧は電極の材質のイオン化傾向で決まってきます。
http://www.inv.co.jp/~yoshi/kigou/ionka.html
プラスとマイナスの電極電位の差が取り出すことができる電圧となります。

エネループ以外の以前の多くのニッケル水素は自己放電で長時間使わないで置いておくと電池残量がゼロとなってそのまま放置すると死んでしまいます。
エネループでは自己放電も極めて少ないので半年放置しても電池残量は十分に残っています。
AGRESSさんの使い方では普通のニッケル水素電池は向いていません。
エネループは充電して置いておけば、すぐに取り付けて使うことができます。

投稿日時 - 2008-10-30 14:13:06

お礼

回答ありがとうございます。
実は1度エネループを購入したこともあるのですが、使い方が悪かったせいか、使えなくなってしまいました。
SANYOの「超急速充電器」を使っていたのですが、これが悪かったのかも知れません。
もう1度、新品のエネループと、専用の充電器を購入しようと思います。

投稿日時 - 2008-10-30 15:08:14

ANo.1

形状は同じでも(同じじゃないと互換性が無くなるので)材料が異なるので、起電力が異なるのです。

「ニコンのスピードライトSB-800」の製品仕様を参照ください。
http://www.nikon-image.com/jpn/products/speedlight/sb/sb-800.htm

仕様電源として、アルカリ乾電池もニッケル水素充電池も問題なく使えます。
また、「発光回数」としては、アルカリなら130回、ニッケル水素は150回とされていますので、充電直後のニッケル水素ならアルカリ電池よりも能力が高いです。

但しニッケル水素充電池の場合、
エネループの様な最大給電容量を抑える代りに、長期間保管しても給電容量の減少が少ない←2,3ヶ月放って置いても消耗しないタイプと
非エネループ型の様な最大給電容量を増やす代りに、長期保管には向かないタイプとがあります。

質問者の様な使用頻度の場合
2,3ヶ月に数回程度ならアルカリ乾電池を
2,3ヶ月に数十~回程度ならエネループ型のニッケル水素充電池を
お奨めします。

投稿日時 - 2008-10-30 11:26:25

お礼

早速の回答ありがとうございます。
>形状は同じでも(同じじゃないと互換性が無くなるので)材料が異なるので、起電力が異なるのです。
これですが、「技術的に同じにできない」のか、「わざと異なる電圧にしている」のか、どちらでしょうか?形状は互換性を保たせているのに、電圧が異なる理由が分からないのです。

私の使用状態だと、アルカリ乾電池のほうが向いているようなことは分かりました。

投稿日時 - 2008-10-30 12:17:12

あなたにオススメの質問