みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

8mビデオテープのDVDへの移行について質問です(長文)

表題の通り、旅行で録画した8mビデオテープの画質が劣化する前に、DVDに移行してしまいたいと考えています。質問にあたり、当方の環境を書いておきます。当方、動画に関してはほとんど素人です。PCでDVDをコピーしたりする程度の知識しかありません。

PC: Thinpad G41 Pentium4 3.06GHz, メモリ 1024MB, HDD 120G , XP2 Pro SP2

再生機側: Sony DCR-TRV300K iLink対応(IEEE1394の小さな4pinタイプ)DigitalHandycam Digital 8 。iLink以外に、Sビデオ端子、一般の赤、白、黄の端子もあります。デジタル8mもアナログ8m(Hi8)も再生できる機種です。
http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200101/01-0124/

【制約】8mを再生できるのが現在、TRV-300Kしかなく、市販のDVDレコーダーではできない状態です。DVDに移行したいのは、主にHi8テープです。

【二つの選択肢】PCを使うか、それとも専用機を使うか?(悩んでいます)

1. 専用機を使う場合: Sonyより発売されている、DVDライター、VRD-MC5 というものがあります。おおよそ、23,000円ほどします。SONYのサポートセンターにて確認したところ、iLinkを通じでも、Sビデオ端子等の接続でもDVDに録画でき、通常通りファイナライ ズすれば一般のDVD再生機で見ることができるとのこと。非常に簡単な操作とのことです 。

http://www.sony.jp/products/Consumer/dvdirect/products/VRD-MC5/index.html

2. PCを使う場合。USB2.0接続のDVD書き込み装置を持っており(IO-DATA DVR-UN18E)、ソフトと8mビデオ信号をDVDに焼くためのキャプチャカード?(ビデオボックスというので しょうか?)を購入すればできるはず。

ここで困ったことが生じてしまいました。当然、1の専用機のほうがSONY同士でiLink接続でき、簡単なのですが、Amazonの口コミや価格コムの口コミで、次のようなものがあります。

http://www.amazon.co.jp/review/R2VVVNEIKL70F7

「VRD-MC5では、ビデオテープの最初や最後の部分のように、何も録画されていない無録画部分はDVDに記録しないように、自動的に無録画部分では一時停止する仕様になっています。しかし、ビデオテープの一部ノイズが逆にその無録画部分と判断され、ノイズのたびに一時停止状態になって、全然DVD記録処理が進まないという症状も発生します。」この症状は、価格コムにも出ており、ノイズによってはDVDへの録画が止まってしまい、DVD-Rを何枚も無駄にした人もいるそうです。SONYもこのことは認めており、「仕様です」とのこと。これでは、録画中に席を外すことができません。

長くなりました。

【質問】 VRD-MC5を使わず、PCを使ってDVD動画作成ソフトと変換器を使用してDVDに録画しようとする場合、どのようなソフトと変換器が必要なのでしょうか。できるだけ高画質で録画したいため、変換機はiLink(1394)搭載か、Sビデオ端子搭載で、性能のよいものが欲しいと思っているのですが、ネットで調べても、チューナー内蔵などと書いてあり、かつ、私が動画をPCでキャプチャしたことが一度もないため皆目見当がつきません。デスクトップも所有しておりますので、PCIタイプのキャプチャカードでも構いませんが、できるだけノートを使って作業したいと考えております。

お詳しい方、お答えいただければありがたく存じます。なにとぞよろしくお願いいたします。長文を読んでいただき、ありがとうございました。きちんとお礼は書かせていただきます。

投稿日時 - 2008-10-24 06:17:22

QNo.4425360

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

IEEE1394が活躍するのは、そのテープがDV方式で記録された場合です。そして、取り込むには、莫大な空き容量が必要です。
Hi8やVHSなどのアナログビデオ信号をDV-AVIとして取り込むには、DVキャプチャーコンバーターユニットというものが必要ですが、現在販売しているかどうか怪しいです。ソニー、カノープス、IOデータ社などから発売していました。

その導入には非常に覚悟が入ります。高画質追求の為とはいえ、DV-AVI記は1時間で約13GBというとんでもない容量です。そのかわり、DVDを遙かに上回る高画質(現在SDサイズでは最高画質を誇るが、キャプチャーユニットなのでアナログ元画像品位に左右される)をキープ出来、1/30秒、一コマが確実に存在するので、1/30秒単位の高精度編集が出来ます。DVキャプチャーユニットの現在の入手経路はオークションでしょう。

「いったいどの程度の編集レベルでDVD化するのか」という事で、使うユニットの選択が変化します。私の場合は、イベントなどの撮影をしたら、すべてDV-AVI方式でパソコンに取り込んでしまいます。編集ソフトは、お手軽ならユーリード社のビデオスタジオシリーズを使います。このビデオスタジオで、DV-AVIのまま、「カット編集」「タイトル挿入」「画像加工」「音楽やナレーションの挿入」を行い、DV-AVIで新しいビデオファイルとして保存します。この時点では理論上は殆ど画質劣化はありません。

問題はこの後で、どうやってDV-AVIをDVD規格に遵守したMPEG2に変換するか。です。ここで大幅な画質劣化があります。悲しいかな、ビデオスタジオやムービーライターはソフトウェアエンコードでのMPEG2化の能力は劣っており、駒落ち、遅延による残像が発生することがあります。

時間がある場合は、私はペガシス社の「TMPGEnc XPress」という有償ソフトで、2パスエンコードでMPEG2化します。2時間のDV-AVIファイルは、4時間から6時間くらいで綺麗なMPEG2ファイルに変換してくれます。この変換ソフトの性能が画質を大きく左右し、フリーのものでは荒れた画像で仕上がってしまうことが多々あります。

時間が惜しい時は、一旦書き出したDV-AVIの完成ファイルをIEEE1394端子経由でDVテープやデジタル8テープに書き戻し、それをアナログ接続でハードウェアエンコードのビデオキャプチャーボードに接続して、リアルタイムでMPEG2化します。

MPEG2化したら、ムービーライターシリーズなどのオーサリングソフトで、チャプターの設定、メニュー画面の設定等をして、オーサリングすれば完成です。

ヒト駒にこだわらない大雑把な編集でいいのでしたら、外付けキャプチャーユニットGV-MDVD3のUSB2.0接続でMPEG2化させて、ムービーライターで簡易編集をしてDVD化すれば完成です。これが一番簡単で早いです。

要は、どのくらいの画質と編集を追求するか、です。そして臨機応変に作業を切り替えるのも大切です。DV(デジタル8も同様)からDVDにすると、必ず画質は落ちます。ここを割り切れるようにしてください。

ご参考までに。

参考URL:http://www.iodata.jp/prod/multimedia/tv/2003/gv-mvpidv/index.htm

投稿日時 - 2008-10-24 14:33:01

お礼

ご回答ありがとうございます。IEEE1394での取り込みは高画質な反面、非常に手間がかかるのですね。SONYのDVDライタイーがIEEE1394取り込みできるとのことでしたので、PCでも同じようなものだという認識がありました。また、キャプチャーカードの入手も現在では難しいということが分かりました。デープからDVDへのダビングでは画質の劣化が避けられないとのこと。当然ですよね。Sビデオ端子を使えば、それなりの画質は保ちながらダビングできるのですから、GV-MDVD3が一番良いということが分かりました。

>ヒト駒にこだわらない大雑把な編集でいいのでしたら、外付けキャプチャーユニットGV-MDVD3のUSB2.0接続でMPEG2化させて、ムービーライター
>で簡易編集をしてDVD化すれば完成です。これが一番簡単で早いです

これで決定しようかと現在考えております。色々と教えていただき、大変ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-24 17:38:22

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.6

追伸
ANo2です。
本論からさらにずれますが
8mmビデオ(子供の成長記録)からDVDを3セット作り5千円ほどのDVDプレーヤーを用意し両実家にも持って行きました。
5千円ほどのDVDプレーヤーでも我が家の32型ブラウン管TVでは遜色の無い画像が 両実家では(液晶32型)ひどい画像でした。特に動きの早い画像は悲しいほどです。

この件をこちらで質問しました。
http://okwave.jp/qa4111052.html
お持ちのTVは大事にした方が良さそうです。

投稿日時 - 2008-10-24 20:54:48

お礼

情報ありがとうございます。そうですか、液晶によってはそのような画面になるのですね。私の家のブラウン管は、10年ちょっと前でしたが、現在の大型液晶テレビと同じくらいの値段で、清水の舞台から飛び降りるほどの買い物でした。マンションですので、CATV信号が来ており、信号が安定しているためか驚くほど画像が美しく、地デジ導入の必要性を感じないほどです。エコロジーの意味でも、壊れるまで使うつもりです。

液晶とブラウン管テレビに関するご質問のリンク先、読ませていただきました。今のブラウン管TV、大切にしたいと思います。

このたびは、ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-25 03:40:19

ANo.4

第4選択として、プロに任せるというのもあります。
「ビデオ 変換 業者」で検索すると、山盛り出てきます。

投稿日時 - 2008-10-24 09:46:08

お礼

ご回答ありがとうございます。私も、プロに任せるということも考えました。60分一本を800円程度でやってくれるようです。当然プロですから、申し分のないDVDを作りあげてくれることは間違いないですね。

ただ、家族との旅行ばかりで、個人的な会話なども入っているため、何となくプライバシーの観点から、ちょっと抵抗感がありました。それと、ビデオの総数が、50巻ほどあるため、機材を購入するほうが安いという想いもありました。

プロですから、プライバシー等はきちんと守っているはずです。一番楽で、高画質であることは多分間違いないと思いますので、一つの選択肢として考えてみます。情報ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-24 10:20:11

ANo.3

今回のご質問者さまのノートパソコンにIEEE1394端子がない、PCカード拡張スロットがない、USB2.0は搭載している、という環境でしたら、まず、ハードウェアエンコーダータイプのUSB2.0接続ビデオキャプチャーユニットの導入をご検討下さい。

IOデータ社のGV-MDVD3という製品であれば、高品位でMPEG2変換で取り込めます。編集ソフトは「DVD MovieWriter 5 SE」が付いていますから、これで事足ります。新品で1万円程度だと思います。これならデスクトップパソコンでも転用できます。

この製品の類似したものなら、他社製品でもいいと思います。注意点は、高品位キャプチャするなら、ソフトウェアエンコーダータイプは価格が安くても避けることです。

あと気になることは、ハードディスク容量が120GBしかない事です。外付けのUSB2.0対応のHDDを別途ご用意し、NTFSに変換して4GB以上のファイルでも扱えるようにしてから、作業領域をそちらに移せばいいと思います。

ビデオテープの録画状態によっては、信号が乱れて録画が停止してしまうことがありますので、場合によってはビデオスタビライザー等という同期信号すげ替え機材を追加購入する必要があるかもしれません。この用途だけなら1万円以下の安価な製品で充分です。

以上、ご参考までに。

参考URL:http://www.iodata.jp/product/tv/capture/gv-mdvd3/index.htm

投稿日時 - 2008-10-24 08:18:20

補足

ノートには、IEEE1394端子はありませんが、PCカード拡張スロットにIEEE1394カードバスを挿入してありますので、1394は使用できます。もし、おすすめのGV-MDVD3よりも、IEEE1394を用い、更に高画質でDVDに焼ける製品があるのでしたら、是非ご紹介ください。検討してみたいと思います。また、外付けHDDは4台ほど持っております。作業領域は外付けHDDにします。この辺りが全く分からず、ありがたい情報です。PCはド素人というわけではないのですが、質問にも書かせていただいたように、動画とゲームは無縁で、全く分からない有様です。

投稿日時 - 2008-10-24 09:50:02

お礼

ご回答ありがとうございます。GV-MDVD3ということで、No.1の方からも推薦いただいた製品ですので、これでお二人目になります。ということは、矢張り画質は8ミリを再生したときとほぼ同じような劣化のないものなのかと考えております。ソフトも付いているということで、安心です。

>この製品の類似したものなら、他社製品でもいいと思います
価格コムあたりで探してみます。類似製品があるのですね。少しでも高画質で移行したいため、GV-MDVD3の類似製品でより良いものがあるのであれば、そちらも検討してみたいと思います。ハードウェアエンコードが鍵なんですね。

>ビデオテープの録画状態によっては、信号が乱れて録画が停止してしまうことがありますので、場合によってはビデオスタビライザー等という同期信号すげ替え機材を追加購入する必要があるかもしれません。

そうなんですか。Hi8の中には少し古いものもあるため、心配になってきました。ビデオスタビライザーを調べてみます。知らないことばかりでお恥ずかしい限りです。わかりやすいご説明と、多くの情報をいただきまして感謝しております。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-24 10:11:00

ANo.2

三つ目の選択しになりますが
私はテレビ放送を録画するHDD内臓DVDレコーダーを購入しました。
まずHDDに保存し不必要な部分をカットし約2時間分づつをDVDにコピーしました。
HDD内臓DVDレコーダーを購入したので副産物で地デジ、BSデジタルを見られるようになりました。
今は安くなって4万円前後からあるようです。
http://kakaku.com/kaden/dvd-recorder/ranking_2027/
注意)
8mビデオテープは捨てないように。
コピー完了後私は8mビデオテープを総て捨ててしまいしました。
コンピューターを良く知る知人にその話しをしたところ
「HDDやDVDは不良になるとほぼ総てを失うけどテープなら不良部分の切り取りが出来るからデータの保管にはテープの方が良いかもしれない。」
と言われショックでした。

投稿日時 - 2008-10-24 08:16:00

お礼

ご回答ありがとうございます。なるほど、HDD内蔵DVDレコーダーという選択ですね。実は、HDVDとBlueRayとの競合があり、決着がついてからDVDレコーダーを買うつもりでおりました。地デジもギリギリまで待てば、より安いチューナーが手に入るだろうと思っていたため(テレビ自体が、今でもブラウン管なのですが、アナログハイビジョンも見ることができた非常に高価なものですので、テレビは買い換えず、チューナーで対応しようと考えております)、HDD内蔵DVDレコーダーの購入を控えていました。しかし、どのみち、8ミリをDVDに移行するに当たって、2万円程度の出費がかかるのであれば、BSデジタル、地デジも見ることができるようになるのであれば、4万程度の出費はある意味お得とも言えますね。

8mビデオテープに関するアドバイスありがとうございます。盲点ですね。大切な思い出が詰まっているので、決して捨てないでおこうと思います。

別の視点からの良いアイディアだと思います。検討してみます。ご回答、感謝申し上げます。

投稿日時 - 2008-10-24 09:49:00

とりあえず、この辺の機種はどうでしょうか。USB接続型のキャプチャユニットです。この手の製品の常として、専用のキャプチャソフトが付属するため、これだけあればOKです。

http://www.iodata.jp/product/tv/capture/gv-mdvd3/index.htm

こいつは、ハードウェアエンコーダを内蔵しているので、キャプチャ時のCPU負荷が低減されます。またUSB接続ということは、ノートでうまくいかない場合にもデスクトップに持って行って試せると言うことでもあります。

言い換えると、iLink接続の場合はキャプチャ時の面倒を全てCPUが見ることになります。また、iLunk接続に対応したソフトが必要です。ソフトを単体で買うと、キャプチャユニットと価格差がない、あるいは高くなったりすることがあるため、ちょっと微妙な気もします。

投稿日時 - 2008-10-24 08:09:21

お礼

ご回答ありがとうございます。USB接続のキャプチャユニットを使えば、同じことなのですね。リンク先を読ませていただきましたが、なかなかの画質のようです。また、iLink接続の場合、iLink接続対応のソフトが必要であるということを全く知りませんでした。Hi8(アナログ)信号を、iLinkを通じて接続すればデジタルで転送されるため、Sビデオ端子より高画質かと思っておりました。

個人的なことになりますが、今は亡き両親も映っているため、できる限り高画質で残したいと考えていました。

Sonyの専用DVDライターは、iLink接続ですから、その本体にCPUも入っており、同時に録画もできるということで2万3千円ということを考えると、案外中身は安物なのかもしれず、PCでキャプチャして焼いたほうが良いような気もしてきました。

投稿日時 - 2008-10-24 09:33:47

あなたにオススメの質問