みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

絵を描くアドバイスをください

現在、中学3年生です。
美術の時間に絵を描いていてわからないことがあります。


1.草原や砂漠などの絵を描く時にバーって塗ってしまいます。
それで友達に「これは何?」って言われちゃってます。
こういう絵にムラをつけるにはどうすればいいですか??

2.遠くに描く木や地平線あたりの海などの背景はどうやったら上手く描けますか?
近くの物と遠くの物が同じ平面にあるように見えてしまいます・・・・

3.今度、授業で木を塗ります。
僕は木の幹などを茶色で3ヵ所くらい明暗をわけて塗って、葉は緑や黄色などを割りばしの先っちょにつけてチョンチョン叩いて塗ろうと思っています。(小学校の頃、わりばしを使って葉を塗った記憶があったので)

美術のど素人で、しかもわかりにくい説明ですいません!
アドバイスお願いします。

投稿日時 - 2008-10-18 19:45:37

QNo.4411318

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

補足してくれたのですね。ありがとう。

水彩絵具には透明水彩絵具と不透明水彩絵具(グァッシュ)というものがあります。中学生なら後者の方だと思い回答します。

1・1色で全ての地面を同一に塗ると「コレ何?」になってしまいます。自然の地面は凸凹していたり、小石や砂利が点在しています。砂漠もそうですね。凸凹しています。凸部分は当然明るく、凹部分は少し暗めの配色になります。そしてこれが遠くのほうが細かく、近づくにつれて鮮明になってきます。凄く遠い(地平線のようなところ)は空との境目を曖昧に薄い色で塗ると「遠く」見えます。空は晴天なら高い部分は青く、地平線に行くにしたがって白っぽくなります。地面も同様です。遠くが薄い色になります。はっきり描かないほうが遠くに見えます。これは「空気遠近法」というものです。
中間部分は一度濃い部分(先に述べた凸凹の凹)を小さく点々に塗り、少し乾いたら(完全に乾く前に)それより明るい薄い色を薄めに重ねぬリします。先に塗った濃い色と混ざる(にじむ)と良好といえます。その際きつく筆をこすりつけないように。近景部分はよりハッキリしますので、だんだんと凸凹を塗り分けてはっきり見えるようにします。根気が要りますが自然と近くのものがはっきり見えるようにできていれば成功です。
草原も遠くは草の塊を曖昧に小さく薄く、ぼさぼさと描いてください。細かく描くと逆効果です。中間部、近景と手前になるにしたがって濃く、細かく描いてください。最後に手前が切れていてもいいので草の先っちょなどを詳しく描くと効果的です。

2・これも基本的に1と同じ手法で良いです。遠くの木はどれぐらい遠くか分かりませんが、山ぐらいになると一本一本は確認出来ません。一本一本を認識できる範囲であれば先の1の草同様、遠くは大まかに1色ぐらいで薄い色で描いても大丈夫です。中間部の距離なら影と日の当たる場所をあまり強弱をつけずに描いてください(太陽光線の向きに注意)。
近景は一本の木の中で明るい場所と暗い場所を最低でも4段階ぐらいに分けて描いてください。これも邪魔くさいぐらいですが、近くをリアルに描くことによって遠くのものが遠くに見えるのです。
海も基本的には砂漠と同じですよ。地平線が水平線に置き換わったと考えてください。水平線はハッキリ描きすぎないことです。そして砂漠でいう凸凹はこの場合「波」に相当します。これも細い筆で水平線近くは省略、中距離でやっと点々もしくは連続した破線状に描きいれます。近景になってやっと三角に近い波の形を描きいれます。波は波自体は濃い色で描きますが波頭はそれより白っぽく描くことです。それをひとつひとつ重ねるのは大変な作業ですが、確実に人に「上手い」と言わせることができますよ。
色も海は「青い」という先入観を捨ててください。青一色ではなく緑っぽかったり、岩が沈んでいる場所は紫っぽかったりします。水面は空を反映することが多いので基本的に空に合わせますが、空よりむらがあるので注意してください。水平線がハッキリしすぎた場合は水で塗らした布などでぽんぽんと軽くふき取って調整してみてください。乾いてからの調整にも有効です。絶対コスってはだめです。

3・木の幹はプロでも苦心するところです。縦方向に濃い色、薄い色を塗り重ねてください。明るい部分でも必ず凸凹はあります。濃い部分は緑と茶を調整しながら混ぜると味のある色になりますので上手く活用してください。木の葉の隙間から空がちらっと見えるのもいいものですので、先に空を「見せる」部分は決めておいて所々塗っておいたほうがリアルですね。

なんにしろ、たくさんの色を使うことです。「海は青だけ」、「木は幹が茶色で葉は緑」ではダメです。これは先入観というものです。濃く塗ったあとに薄く重ね塗ったり、紙の上で混ぜてみたりして偶然出る色合いが良い絵を作ります。
根気も必要です。自然を観察するといえば大げさですが、登下校、昼休みなど、地面や空をよく観察してみてください。時間、天候など条件が変わるだけでも景色というものは一変します。

何か分からないことがあれば何でも聞いてください。また回答します。

投稿日時 - 2008-10-22 11:49:07

お礼

アドバイスありがとうございます!
すごいですねぇ!!こんなにいろいろやり方があるんですね!
ちょっと難しいところもありましたけど、わかりやすかったです!
本当にありがとうございました!

投稿日時 - 2008-10-25 00:55:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.4

私は趣味の範囲内なので正しいかどうかは不明ですが…。

1.の草原や砂漠について
草原の場合は…
筆を縦に使います。同じ方向に適当な間隔をあけて軽く線を引いていきます。これとは別の色で同じことをします。重なっても大いに構いません。これを繰り返します。だんだんとそれらしく見えてくると思いますので,楽しくなってくるのでは?と思います。近くは大きく遠くは小さく薄く線を引くと特に良いです。
砂漠の場合は…
よくわからないので土を描く場合ですが…
綿棒やティッシュに軽くといた絵具をつけてたたいたりすると良いと思います。先にうすい茶色や白をテキトーに塗っておくといい感じに混ざったりしますよ。

2.の平面上の空間について
私は下書きの時に遠いものは薄めに書いておいてさらに遠くの部分の全体を手でぼかします(輪郭はしっかり書きません)。そうすると色付けする時に自分自身に“ここは遠い”という意識がつくので,輪郭をはっきりさせすぎたりすることを防いでいます。輪郭がはっきりしすぎたり,色が濃いと平面に見えてしまったり,近くのものより存在感があったりしてしまいますから(それが狙いなら別ですが…)それを念頭に置いておけばいいと思います。あと海のキラキラ感を出したい時などは歯ブラシみたいなものに軽く白をつけて毛先をはじいたり水滴を遠くからとばすとよいです。この場合必要ないところまで飛ばないように注意です。

3.の木の彩色の仕方について
幹の部分は,1.の回答の筆遣いと叩いて塗る方法が使えると思います。葉の部分は指につけるのもありですよ。例えば人差指の先に緑と黄緑を8:2くらいの割合でつけます。それで叩いたり,線を書くようにひいたりして塗ると良いです。

自分で勝手にやっている方法なので正攻法かはわかりませんが…。
もしよかったら試してみてください。

投稿日時 - 2008-10-22 00:57:08

お礼

アドバイスありがとうございます!
なるほどー、やっぱり奥が深いんですね。
できる限り頑張ってみます!
ありがとうございました!

投稿日時 - 2008-10-25 00:51:47

ANo.3

仕事は違いますが美大出の者です。
既出にあるとおりですが、他には。・・・

学校の図書館に水彩画集の類があるはずです。
そこに凝らされている工夫を真似するのです。
もちろん画集にある絵はプロのものがほとんどでしょうから近づく事は難しいでしょうがきっと以前よりは次元の高い表現が出来るはずです。

失礼ですが授業の絵(ごとき)でここに質問するとは前向きですね、将来美術の方向に進みたいとか?。
いずれにしろ頑張って下さい。

投稿日時 - 2008-10-21 18:59:50

お礼

アドバイスありがとうございます!
前回の作品の評価がよかったので今回も頑張ろうと思っただけで別に美大にいくつもりはないですよ。でも美術がもっと好きになったら考えちゃうかも・・・・ですね^^

投稿日時 - 2008-10-25 00:49:35

ANo.2

1、水彩絵の具ですかね?絵の具のノリにムラをつけるには、一回で全部塗ろうと思わずに、筆にたっぷり水を含ませて塗ったあと、
乾かして上から濃い目の絵の具を重ねたり(逆も可)面倒ですがそういった手順を何回か繰り返して絵の具を重ねてみましょう。
上達してきたら絵の具ののせかた、たらし方・色なんかも工夫してみるといいかもしれないですね^^
たとえば、草原は緑一色ではないはずです。朽ちた木や花の色なんかもありますよね?描写しろなんてことは言いませんw
緑色にちょーっと赤を入れてみるとか工夫次第で一層味のある色がでますよ。

2.空間の問題ですね?結論からいっちゃいますと、地平線のライン付近の部分を濃い色or厚く塗ることです。ただし普通の水彩絵の具だと、
熱くするのはむずかしいと思うので一番遠いところは濃い目の色で手間にかけて薄くグラデーションで塗るといいと思います。
そうするとその部分が引っ込んで見えるので、自然と空間が出てきます。あと地平線自体を水平じゃなくて斜めに描くって手もあります。

3、質問の意図がちょっと…?です。木というのは木材ですか?造形した木ですか?色の塗り方ですが、ティッシュで叩いて塗ってみるとか筆で垂らしてみるとかいろいろ身近な道具を探して試してはどうですかね??

投稿日時 - 2008-10-18 20:10:43

補足

アドバイスありがとうございます!
木というのは画用紙に鉛筆で下書きした大木の事です。

わかりにくくて本当に申し訳ないです!!

投稿日時 - 2008-10-20 00:06:34

ANo.1

こんばんは。私は質問者さんのお父さんぐらいの年齢の男性だと思ってください。絵を描くことを仕事の一部にしています。

まず、質問の意味なのですが、画材と描く素材を教えてもらったほうが回答しやすいですよ。

たとえば「白い画用紙に鉛筆で下書きして水彩絵具で塗る」などの方法のことです。そのほうが的確なアドバイスを得られます。
絵を描く用具、素材によりアドバイスが違ってきますので先にそれを教えてください。そののち回答させてもらいます。

投稿日時 - 2008-10-18 20:02:19

補足

本当にすいません!

画用紙に鉛筆で下書きし、水彩絵の具と筆で色をぬります。

ぜひアドバイスをください!

投稿日時 - 2008-10-20 00:02:13

あなたにオススメの質問