みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本国内で外貨で引き出せる口座ってありますか

みなさん教えて下さい。

海外旅行のために外貨預金の口座を作りたいと思っています。
日本国在住で日本円から外貨(USドル)預金をして
日本国内で外貨のまま引き出せたり、
外貨のまま海外送金できる口座って作れるのでしょうか?

外貨のまま引き出せなくてもドル建てのまま海外送金できる口座って作れるのでしょうか?

ワールドキャッシュのように海外で引き出せなくてもいいんです。
できれば金利がつくような都合のいい口座は作れるのでしょうか?

自分なりには調べたつもりなのんですが皆さんのお知恵を借りれればと思っています。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2008-10-13 11:41:12

QNo.4398115

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

 ご希望の条件ではシティバンク銀行が最適でしょう。外貨預金をすること、預金した外貨を現金で引き出すこと、預金した外貨を海外送金に充てることのいずれも可能で、手数料も邦銀他行に比べ安く済みます。

 最初に日本の銀行における「外貨預金」一般論について述べます。
(1)国内銀行の外貨預金商品は、大半が外貨での引き出しや送金に対応していない
 外貨預金は昨今多くの銀行が扱うようになりましたが、外貨を「帳簿上の数字」として保有するだけで、外貨現金での引き出しや外貨での送金はできない商品が大多数です。それらの商品の目的は適宜のタイミングで日本円に戻して差益を得る点にあります。
 インターネットバンキング専門のソニー銀行などその典型例(*1)で、狙いが為替差益のみならお勧めなのですが、外貨のまま使いたいとなると候補から外れます。
(2)外貨での入出金に対応している銀行でも、自由に出し入れできるわけではない
 日本円普通預金はどの銀行でも出し入れ自由で手数料(*2)もかかりません。その感覚で外貨預金も「外貨の現金で自由に出し入れできる」と考えてしまいがちですが、外貨現金での入出金が可能な銀行であっても原則として手数料(外貨現金取扱手数料)を徴収します。出し入れするたびに目減りするということです。

 以上の2点を踏まえた上で本論に入りたいと思います。
1. 外貨建て送金
 邦銀上位3行(三菱東京UFJ、みずほ、三井住友)およびシティバンク銀行の米ドル外貨預金は、いずれも外貨建て送金に対応しています[1-5]。シティバンク銀行は[5]に「引落し口座は円または送金先登録の通貨から選択できる」とありますので、外貨預金から出金してその通貨建てで送金できると分かります。
 海外送金では手数料に注意が必要です。日本国内の円送金ですとかかるのは送金手数料のみですが、海外送金では送金手数料のほかにさらに「為替手数料」「リフティングチャージ」「中継銀行・受取銀行手数料」がかかります。
 為替手数料は「送金資金を日本円で持ち込んで外貨建てで送金」の際にかかるものです。外貨預金のように外貨で保有している資金を送金する場合は当然かかりません。ただし外貨預金にしても、預入時の日本円→外貨の振替えで為替手数料を払っているので結局は同じです。
 「リフティングチャージ」は資金として持ち込む通貨と送金に用いる通貨が同一の場合にかかる、海外送金特有の手数料です。ご質問のように外貨預金口座から外貨送金する場合や、円資金を持ち込んで円建てで送金する場合に対象となります。
 中継銀行・受取銀行手数料も海外送金特有の概念ですが、内容は読んで字のごとくです。「コルレス手数料」とも呼ばれます。送金人払い・受取人払いから選択できることもあります。受取人払いの場合は手数料分が差し引かれて着金します。
 具体的な手数料額ですが、送金手数料がだいたい4,000円、為替手数料は米ドルですと1ドルあたり1円です。リフティングチャージは送金額の0.05%ですが、最低2,500円徴収されます。みずほは送金手数料+リフティングチャージ合計で5,500円に設定しているようです。中継銀行・受取銀行手数料は送金経路によって変わってきますが、典型的には1,000円~5,000円くらいです。送金人払いの際は2,500円という設定が多いです。手数料の詳細は[6-9]でご覧ください。
 手数料の点ではシティバンクが有利です。送金手数料は4,000円ですがインターネットバンキングを使えば500円割引かれます。月間平均残高によっても割引があり、残高100万円以上なら2,000円割引、同じく1千万円以上なら無料になります。加えてシティバンクでは個人の送金はリフティングチャージ不要なので、「外貨預金を外貨建てで送金したい」という目的には最適です。

2. 現金での引出し
 金融機関にとって支払のための外貨現金を準備することは、運用に回せないことによる死蔵コスト、発行国からの運搬コスト、為替変動リスクなどの発生を意味します。そこで外貨現金での引出しに対し「外貨現金取扱手数料」を課して埋め合わせています。
 米ドルは流通量も多いことから、外貨現金取扱手数料は安めなのですが、それでも出し入れの度に目減りすることになります。上記4行の外貨現金取扱手数料の設定は以下の通りです。預金額や1回の入出金額に応じ最適な銀行をお選びください。
・三菱東京UFJ銀行 引出し時1ドル当たり1円80銭 預入れ時同2円(外貨定期預金か外貨貯蓄預金として預ける場合は1ドルあたり1円)
・みずほ銀行 引出し時1回1,000円 預入れ時1回500円 
・三井住友銀行 引出し時・預入れ時とも1ドル当たり2円 ただし残高が1万ドル以上であれば引出し時・預入れ時とも無料
・シティバンク銀行 引出し時・預入れ時とも1ドル当たり2円
6か月以上の外貨定期預金として預ける場合、特定の米ドル建て商品の代金に充てる場合は預入れ時手数料免除[10]。月間平均残高が1千万円相当以上あれば引出し時・預入れ時とも免除。

3. トラベラーズチェックでの引き出し
 銀行によっては外貨現金に代えて、トラベラーズチェック(以下TC)で引き出すことも可能です。TCで引き出すのであればシティバンク銀行が最も有利です。引出し・預入れとも手数料無料で、通常1%かかるTC発行手数料も無料なので「外貨で自由に出し入れ」が実現します。
 三菱東京UFJはTC発行手数料1%がかかります。みずほ銀行は引出し時1回1,000円/預入れ時1回500円のほか、引出し時は1%の発行手数料(最低1,000円)、預入れ時は処理期間分の金利が徴収されます。三井住友は引出し時・預入れ時にリフティングチャージ(最低2,500円)がかかるのでお勧めしません。

4. そのほか
・シティバンク銀行にも短所があります。一つは口座維持手数料、もう一つは支店の偏在です。月間平均残高が外貨で20万円以上、または外貨+円貨で50万円以上のいずれにも満たないと、月2,100円の口座維持手数料を徴収されます[11]。
 また外貨預金や海外送金だけならインターネットバンキングで可能ですが、外貨現金やTCでの払い出しは支店まで出向く必要があります。一方でシティバンク銀行の支店は大都市に偏在しており[12]、お住まいの場所によっては近くに支店がなく使いづらくなります。
・No. 3の回答に、外国為替証拠金取引(FX)業者で外貨を受け取れるとありますが、それはFX業者で米ドルを買い付けたら米ドルの札束を渡してくれるという意味ではありません。FX業者で外貨を(数字上で)買い付けたらそれを国内の適宜の銀行に国内外貨送金し、さらにその銀行で外貨現金取扱手数料を払って出金することで、ようやく外貨の現金を手にできるということです。この方法は上手に使えば少ない手数料で外貨の現金を調達できますが、中級~上級者向けです。

【まとめ】
(1)ご希望の条件(米ドルの外貨預金ができ、かつ現金で払い出せたり、外貨建て送金の資金に充てられたりする)で最適な銀行はシティバンク銀行でしょう。海外送金とトラベラーズチェックに強みがあります。
(2)米ドル現金での出し入れを重視されるなら三井住友銀行がお勧めです。1万ドルの残高があれば米ドル現金で自由に(無手数料で)出し入れができます。ただしトラベラーズチェックは不得意です。
(3)予定の預金額が1万ドル以下で、かつ現金での出し入れが主ならみずほ銀行が残ります。細かい単位での出し入れは手数料が割高になるので、千ドル以上のまとまった額での出し入れが前提です。

参考ページ
[1] http://www.bk.mufg.jp/tameru/gaika/hajimeru/kiso/tesuu.html
[2] http://www.mizuhobank.co.jp/saving/asset/gaika/manabu.html
[3] http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/list/futsu/
[4] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/remittance_transfer/index.html
[5] http://www.citibank.co.jp/ja/help/faqlist/faqpages/fq_citibankonline_remittance_06.html
[6] http://www.bk.mufg.jp/tesuuryou/gaitame.html
[7] http://www.mizuhobank.co.jp/direct/about_direct/gaikoku_sokin.html
[8] http://www.smbc.co.jp/kojin/otetsuduki/sonota/kaigai/shimuke.html
[9] http://www.citibank.co.jp/ja/help/service_fees.html#a01
[10] http://www.citibank.co.jp/ja/help/service_fees.html#a04
[11] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/servicecharges/average_balance.html
[12] http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/branch_atm/index.html

*1 ソニー銀行でも、他の口座からの外貨建て送金を受け取ることはできる(要手数料)。そのほか「MONEYKitグローバル」という特殊なキャッシュカードを申し込めば国外で外貨現金を直接引き出せるが、米ドル以外の外貨は所定のレートで換算した上で「米ドル普通預金から」引き落とされる。
*2 時間外手数料は考えない

投稿日時 - 2008-10-14 23:34:31

お礼

丁寧でわかりやすい回答を頂きありがとうございます。
前提や理由も加えて回答いただいたのでとてもわかりやすくて感動しました。
そしてかなり考えさせられました。

海外送金に関しては、今ある選択肢は2つなんです。
1つはドル建てで海外送金する
1つは少し高い為替レートを使って円換算後日本の支社に円建てで送金する
というものです。このうち前者を模索していたのですがどうもコスト面、手間を考えると後者がいいような気がしています。

現金の引き出しに関してですが必要な通貨がUSドルなのでTCが一番いいと思っています。
シティバンクも遠くではないので今度行ってきます。
今まで額はたいしたことはありませんがドル(現物およびTC)はタンス預金に近いものがあったので
その意味でもシティバンクに行ってこようと思っています。

とてもご親切にご回答いただき、とてもスッキリしてうれしいです。
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-16 07:54:28

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

39人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

#3の方がご提示されている、シティバンクについて補足ですが、過去に取引が無く完全な新規開設であれば、ネット専用口座「eセービング」を開設しますと残高に関係なく口座維持手数料が無料です。

最寄にシティの店舗がある場合は、ネットで「eセービング」を開設して、必要に応じて店舗での外貨引き出しを利用された方が無難ではないかと思います。
http://www.citibank.co.jp/e-Savings/index.html

なお、海外旅行において現地通貨の引き出しですが、日本国内で今のところ一番安い手数料を提示しているのが、イーバンクマネーカードでの引き出しになります。
http://searchfaq.ebank.co.jp/je/faq.asp?fid=30914

シティは、キャッシュカードで海外での現地通貨引き出しも出来ますが、イーバンクに比べますと手数料が割高なので、少しでも手数料の節約を考慮されるようでしたら、目的に応じて口座を使い分けられる事をお勧めします。
http://www.citibank.co.jp/ja/bankingservice/deposit_withdrawal/index.html#a02

投稿日時 - 2008-10-15 21:30:28

ANo.2

送金は知りませんが、外貨預金から外貨で引き出しすることはできます。手数料がかかり、即時ではないようです。
参考URLはみずほ銀行ですが、三菱東京でも、三井住友でも、手数料さえ払えば、外貨の払い出しはできる商品があります。円に戻さないといけない商品もあるので、商品説明書を検討する必要があります。

また、一部のFX会社では、1000通貨、あるいは1万通貨単位で外貨を受け取ることができます。

無料で引き出せるのが条件ですか?

参考URL:http://www.mizuhobank.co.jp/saving/gaika/futsu.html

投稿日時 - 2008-10-13 16:23:49

お礼

回答を頂き本当にありがとうございます。

昨日銀行の窓口に行ってきました。
でも窓口じゃあ明確な回答が得られなくてもうたらい回しです。

条件はTTSと海外送金手数料は当然と考えていますが
引き出し手数料は考えていません。

もう少しいろいろ調べてみます。
教えて頂きありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-16 07:28:08

ANo.1

たぶんないでしょう、私も以前、アメリカに送金しなければならなくていろいろ調べたのですが、皆無でした。シティバンクがドル預金も出来るので、どうかと考えたのですが、やはり無理のようでした。今は変わっているかも知れませんけど、唯一出来る方法は海外で口座を開いて、その銀行から送金する方法しかないと思います。イギリスでの話しですが、日本の銀行もすべてありましたが、同じ日本の銀行なのに日本の自分の口座はまったく別もので外国の銀行とおんなじ扱いでした。シティバンクもそうでしたが、自分の日本の口座でも入金ではなく送金になります。高い手数料とパスポートまで提示しなければなりませんでした。
もし、出来る銀行があったら是非私にも教えてください。

投稿日時 - 2008-10-13 12:30:37

お礼

回答を頂き本当にありがとうございます。

そうですよね、やっぱり難しい話ですよね。
最近では簡単で手数料も安く外貨預金ができるようになったので
外貨預金売却時に日本円ではなく外貨のまま受け取れるような
銀行はないかと探していました。

また、外貨での送金の必要性を感じていたので外貨預金を上手に利用できないか考えていたんです。

これは銀行のサービスの問題じゃなくて日本の銀行のルールなのでしょうか。
もう少しいろいろ探してみます。

ご回答いただきまして本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-13 17:29:00

あなたにオススメの質問