みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

病気の申告について

昨年末から、右足の甲が上に上がりにくい状況になり、原因不明なまま、神経内科と整形外科を行き来する日々がつづきました。

今年1月に下垂足と診断され、下肢装具を作ってもらいました。

しかし、今年春に自律神経が悪化(転職によるストレス等で)したことに起因するのか、足がより上がりにくく、筋力がさらに落ちたような気がしました。

気になって、急きょ神経内科(大学病院:埼玉県)へ行ったところ、「念のため、髄液検査をしましょう」とのことで、八月に検査入院しました。日帰りです。

髄液検査の結果、まったく異常なし。
その際にした「自己免疫性の異常はないかを調べる遺伝子検査(近畿大学」を試しに行ったところ、それも異常ありませんでした。

しかし、他の遺伝子検査では「遺伝性で若干の陽性がある」という診断でした。

父方祖父が、若干内股で、足が少し悪かった、と聞いています。

遺伝子検査については、足の神経は調べつくしたので(遺伝子検査2種+自己免疫性の遺伝子検査)、やはり、父方のそれの遺伝リスクを抱えてしまった、と考えています。

神経の病気は多岐に亘るようで、神経内科の方の医師もまだ、はっきりとした病名を伝えてくれません。
今までのはなしだと、「ギランバレーとか多発性ニューロパチーの類いだと考えて良い」とのことでした。

個人的な話になるのですが、この秋、転職して新しい会社へ移ります。
いろいろ病気等のことで気に病むことが多く、精神的に完全ではないので、まだ転職活動中の最中です。
下垂足の診断書はあるのですが(整形外科発行)、神経内科の方で、根源となる病気の診断書をもらえていません。

仮にギランバレー症候群と認められる場合、難病指定になるのでしょうか?その場合、普通の就職は可能なのでしょうか?

人材紹介会社に聞いたところ、「業務に支障(平日に会社を出て病院に行かないと行けないとか、業務で特段の配慮が必要がある)がなければ、あえて言う必要はない」とのことでした。


まずは、神経内科のお医者さんにこのことを相談して、神経の方の診断書とともに、仕事をする上での配慮事項を文書でもらおうと思っています。

・このように、神経難病と疑われる病気の場合、面接時に告知義務はあるのでしょうか?

・医師の診断書は、病名をハッキリと特定できない場合、発行されないのでしょうか?また、診断書以外に生活や仕事で配慮すべき事項を人に伝えるための、文書等は発行してもらえるのでしょうか?


以上、長々となってしまいました。

まだ、気持ちの整理ができていないため、見にくくてすみません。
アドバイス頂けますと、幸いです。何卒宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2008-10-10 21:27:29

QNo.4392270

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

GBS罹患者です。

まず、症状からするとGBSの可能性は低いように見えますが・・・
ごく短期間に運動神経が左右対象で進行する事が多くの症例でし、ルンバールで髄液の検査も以上なしですよね。
医師ではないので分りませんが。

>>1さんのお礼に
>>10年スパンでゆるやかに進行するものらし
とあるのでGBSの可能性は低い感じですよね。神経の病気は多岐に渡るのできちんとした診断結果が出るといいですね。

>>仮にギランバレー症候群と認められる場合~
難病(特定疾患)になりますが、別に何も変わりません。職業が規制される訳でも、医療費の補助ももちろんありません。

>>面接時に告知義務はあるのでしょうか?
体を使う仕事の場合は自己申告しべきでしょうし、先方から尋ねられた場合も申告するのべきでしょう。また1さんとダブりますが、後々のトラブル防止の為にも申告しておいたほうが心身共に楽だと思います。

>>医師の診断書は~
診断書に関しては医師に聞くのが一番だと思いますよ。
『○○の疑いの為、経過観察中』や『○○の疑いのある為、生活上△△には注意する事』くらいは書いてもらえると思います。

投稿日時 - 2008-10-29 13:30:00

お礼

ご回答ありがとうございます!

今日も面接なのですが、部屋を出てゆく時に、足元を見られているような気がしてたまりません。

気にしすぎでしょうか?

精神的に疲れやすい質なので、いろいろ考えてしまいますが、
ひとまず、もう一度お医者さんと話して決めたいと思います。

病気くらいで、人生のチャンスを逃したくないので、これからもがんばります。

ありがとうございます。

lexsiorさまも、がんばってください。

投稿日時 - 2008-10-29 14:08:21

ANo.1

頼りにならない大学病院ですね・・・。
遺伝性のニューロパチーを疑ったのでしょうが、どうも診断能力に問題があるようにも見えます。

おそらく神経伝導速度や筋電図検査で異常は出ているのだとは思いますが・・・。

それはともかく、おおまかなグループで診断がなされれば難病の認定がなされることはあります。
けれども、保険料などの点でいずれ勤務先にはわかってしまいます。それを理由に仕事に支障がないのに仕事内容を変えることは違法です。
面接時にも聞かれなければこちらから言う必要はありません。

でも提出書類に、持病の有無があれば隠すわけにはいきません。面接でも「体の具合で悪いところはありませんか?」などと聞かれても同じです。

でも、誤解のないように。隠してよいことはありません。例えば、仕事中に足の具合が悪いために事故を起したとします。聞かれたのに隠していた場合は、まず労災は認められないと考えますし、会社は保護してくれません。それどころか、損害賠償を請求されかねません。隠さなければ防げた事故だったかもしれないからです。

聞かれもしないのに言う必要はありませんが、隠してはいけません。

投稿日時 - 2008-10-10 23:19:16

お礼

早速、アドバイスいただきありがとうございました。

難病指定については、他の医師に聞いてもまだ、その段階ではないようです。
10年スパンでゆるやかに進行するものらしく、今の症状がもっと進むことがあれば、再検査して考えましょう、というような話でした。

話が足らず、すみませんでした。

まだ転職活動中ですが、あまり気にせず、がんばれればいと思います。

有り難うございました。

投稿日時 - 2008-10-14 16:04:39

あなたにオススメの質問