みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

貸宅地の評価

いつもお世話になっております。
土地を第三者に貸しており、その第三者が建物を建てて使用しています。
路線価の借地権割合は50%です。
しかし税理士は、
「年間地代が評価額の4%になり、通常よりたくさん貰っているのだから、借地権割合は50%でなく20%しか引けない」
と言われましたが本当ですか?

評価額4000万円なので、50%と20%では差がありすぎます。
そこでいろいろ調べたところ、

 【借地権の目的となっている宅地の価額は、自用地としての価額から、借地権の価額を控除した金額によって評価します。
  借地権の取引慣行がないと認められる地域にある貸宅地の価額は、借地権割合を20%として計算します。】

とありました。
それでは路線価についている借地権割合の記号はどんな時に使うのですか?

相当の地代は6%ではないのですか?
もうちんぷんかんぷんです。教えてください。

投稿日時 - 2008-10-08 16:07:32

QNo.4386704

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

他のことはよく分かりませんが、相当の地代は6%が正しいと思います。当初8%だったものが、平成元年の個別通達(直法2-2)で6%に引き下げられて現在もそのままのはずです。

なお、法人税法基本通達13-1-2は「・・おおむね・・」となっているので、税理士さんの4%も、おおむね6%の範囲内だという解釈かも知れませんね。

投稿日時 - 2008-10-09 16:23:34

あなたにオススメの質問