みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

捕まえた下着泥棒の弁護士への対応

数ヶ月ほど前の深夜、自宅アパートの庭(洗濯物などを干すスペース)に男が侵入するのを目撃しました。自宅から様子を窺っていると、その男が私の家の洗濯物の妻の下着に手をかけました。

私は明らかに何かの間違いで庭に入ってきた等ではないと確信したので窓から出て、男を捕らえました(逃げ出したので)
その後警察に引き渡したのですが、男は警察の取調べに対し下着に手をかけた事を認めず。(庭に入った不法侵入は認める)

その後、単なる不法侵入なのか窃盗未遂なのかで裁判を行う事となり、私は目撃者の証人として出廷する事となりました。

そこに至るまでに警察と検察が当方の自宅に来訪し、夜半時の暗さ(外がハッキリ見えるのか)などを調べていきました。
しかし、警察や検察の調べた結果を不服として、犯者の弁護士も当方の家に来て確認したいとの申し出を検察から受けました。

そこで質問があります。来訪する弁護士に対してどのような点を気をつけて対応すればよいでしょうか?

検察官の話では、相手は警察や検察の調べた夜半時の暗さ(外がハッキリ見えるのか)を疑問視していて来訪するのではないか
また不法侵入の件は認め謝罪(示談)するので来訪するのではないか
(検察官にもハッキリとはわからない)との事です。

来訪する弁護士が何の目的で何を調べに来るのかも不明瞭なので不安です。一般人の無知につけこみ不利な証言(言質の録音)や書類を取られるのでは…
との危惧もあり、アパートの狭い部屋なので知らない男に何人も入ってこられるのが単純に嫌だというのもあり、妻も嫌がっています。
現段階ではこちらの電話番号の通知のみ承諾し、電話で話した結果、来訪を承諾するか拒否するか決めて良いとの事です。(検察が言うには)
それに、もし示談の場合、不法侵入しか認めていないのは癪ですが相応に誠意のある金額ならばもうそれでも構わない意向もあります。(何度も電話をかけられたり、裁判に呼ばれるのも大変ですし、夫婦共に何よりこの件を早く終わらせ忘れたい)

こういう場合来訪する弁護士とは、一般にどのような目的で来るのでしょうか?そしてどのような対処をすれば良いでしょうか?
また犯者が窃盗未遂にしろ不法侵入にしろ処罰される事となったら慰謝料の請求などは出来るのでしょうか?(妻がショックで引越しをしたがっている)
示談以外で処罰が決したらそのような請求は出来ないのでしょうか?

弁護士の方やそれに類似する職業の方、または経験者に答えていただくと助かります。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2008-10-02 20:29:09

QNo.4372970

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

>こういう場合来訪する弁護士とは、一般にどのような目的で来るのでしょうか?
一般論では刑事裁判の被告弁護士が、法廷外で被害者に直接接触を求めてくるのは異常と考えるのが当然でしょう。

従って、本件の場合は、来訪の目的は当の弁護士だけが知っていることでしょう。

ということは、来訪の目的をこの弁護士に聞く必要があるということです。この目的が何であるか確定できませんが、とにかく質問者さんに納得できない目的であれば、ムニャムニャ言って何となく拒絶するのが正解です。(「今月は仕事が忙しくて、どうしてもダメ」みたいなような理由が当たりさわりないです。では来月は?と畳みこまれたら月末まで待って・・・みたいなやりかたで、とにかくムニャムニャで、白黒つけないのが上手な弁護士への対処方法です。(白黒明確にすると、相手は理屈のプロです。)

>そしてどのような対処をすれば良いでしょうか?
質問者さんが予想の通り、弁護士が来訪してくる目的としては(1)示談とか刑事告訴取り下げで片づかないかの予備交渉、(2)状況確認、のどちらかでしょう。

前者なら最低限度額として、引っ越し費用プラス転居先アパート敷金礼金、仲介手数料プラス慰謝料(家族一泊温泉旅行して奥様に本件忘れて戴く費用?笑)の合計金額を念頭に、つまりこの解決金の額のイメージを固めて弁護士と会うのは。構わないと思います。

私としては、やはり引っ越すべきと思います。ここの地域・このアパートはは治安が悪いし、質問者さんご家族として運が悪い地域でしょう。下着泥棒では済まず、窃盗、強盗殺人すら警戒すべきでしょう。

下着泥棒は、明らかな犯罪ですが、強盗とか殺人をもっと警戒すべきと、私は思います。賃料は多少高いかも知れませんが、より安全な地域に引っ越すのが良いと思います。そのすべての費用を弁護士に飲ませることができれば、大成功でしょう。

後者が主目的なら断るべきでしょう。裁判官と検察で解決すべきことであって、質問者さんいは明らかに無関係です。

これが、私の考える弁護士への対処法です。

投稿日時 - 2008-10-03 05:25:24

お礼

そうですね。電話で来訪の内容を聞いて、示談が目的ならば、あるいは応じるつもりもあります。もしそれ以外の目的や目的を曖昧にして来訪しようというのならば、断る姿勢でいきたいと思います。
もし示談交渉の場合は引越し費用程度を希望していますので、具体的な金額を念頭において置きます。
それに、おっしゃる通り治安が悪い地域なのかも知れませんので、やはり引越しはしたいと思います。

…こんな事はフツーの生活をしていますから滅多にある事でなく、どの程度の請求が『妥当』(可能?)なのかも判りかねますが、やってみたいと思います。
アドバイス有難う御座いました。

投稿日時 - 2008-10-04 04:44:57

ANo.1

捕まえた犯人を有利に弁護する為の材料を探しにくるだけですし、
来ればどんな些細なことでも見落とさず誇張して材料にしてくるのが、
有能な弁護士です。
いくらお家であなたが説明しようとも、裁判であなたの主張を
もっともだとは絶対に言いません。反って、その説明に対する反論を
考える時間を与えるだけです。
あなたにとっては百害あって一利無し。
きっぱりと断られたほうが良いかと思います。

民事で慰謝料を請求できます。弁護士にご相談ください。

投稿日時 - 2008-10-02 22:27:24

お礼

そうですね。接触してなんらかのメリットがあるのなら…
などと甘い考えでしたが、向こうはプロですからね。
やはりそのようにするのが得策との意見、参考にさせていただきます。
アドバイス有難う御座いました。

投稿日時 - 2008-10-02 23:06:49

あなたにオススメの質問