みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

税理士?会計士?どちらがいいのでしょうか?

売上数千万の小さな法人を経営しています。
今、決算や会計処理のために税理士さんor会計士さんをさがしているのですが、税理士さんと会計士さんどちらがいいのでしょうか?

やはり会計士さんのほうがいいですか?

それぞれのメリット・デメリット教えてください。

投稿日時 - 2008-09-30 09:49:15

QNo.4366983

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

>税理士さんと会計士さんどちらがいいのでしょうか?

あくまで一般論です。
御社の売上規模から想定して公認会計士の報酬は、かなり高額です。
(御社利益に占める、顧問料が会社経営の負担になる可能性があります)
会計士は、有価証券報告書を作成している会社にとっては必須ですが、非公開
会社(株式会社でも譲渡制限がある会社)には一般的には必要ありません。
但し、
 ◯会計は経営の要であると常々考えている。
 ◯財務状況に透明性を持たせたい。
 ◯近い将来、株式を公開する予定がある
のどれかに該当すれば、会計士と顧問契約をしましょう。

税理士
 ◯メリット
   ・会計士より報酬が安い(一般論)
   ・税務に対する専門性が高い
   ・給与の支払い、年末調整等も引き受けてもらえる(会計事務所によります)
     その他経理事務も業務委託してくれる場合もあります。
 ◯デメリット
   ・企業会計には弱い(税務会計と企業会計は別のものです)
     企業会計に強い税理士さんもいますが少数です
公認会計士
 ◯メリット
   ・企業会計に強い
   ・公認会計士は税理士資格を有しているので、税務申告も行える
 ◯デメリット
   ・顧問契約料は税理士より高い(一般論)
   ・小さな企業には不必要な大企業基準の会計を推奨する場合がある
   ・税理士資格はあっても、資格があるだけで実務が伴わない場合がある

投稿日時 - 2008-09-30 13:26:39

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

#1の方が仰るように、信頼できる方を見つけるべきです。
会社の経営も含め、所得税の確定申告など、ご家族や従業員の節税全般に関する相談にのっていただかなければなりません。腹を割って話せる相手が望ましいです。
資格云々でなく、質問者様の経営する会社と同等規模の会社を得意とする町の会計事務所を探すべきだと思います。
公認会計士さんは本来監査法人に所属して大手企業の監査業務に携わっています。中には会計士の資格を取って、父親の会計事務所を後継されている方もありますが。

あと補足になりますが、その地域の税務署に信頼された先生だといいですね。これは別に癒着があるとかいう事でなく、税務署側に「この税理士さんが関わっているならば大丈夫だろう」と思ってもらえるきちんとした方にかかっていれば、調査の際にスムーズに運ぶのではないかなと思います。かといって、税務署OBの方だと専門が偏っていたりもするので(ずっと資産税に携わっていた方には法人税はわかりません)、一概にはお薦めできません。

投稿日時 - 2008-09-30 10:38:51

ANo.2

どちらも、契約によって「会計処理」「決算処理」「税務申告」「税務調査立会」等を行ってくれますので、この点に関しては差異がございません。
これでは回答ではないので
御社が
○会計・税務業務をアウトソーシングするだけをお考えでしたら、税理士が向いております。
○将来の発展や会社法を含めた広いコンサルティングを求めるのでしたら、公認会計士の方が向いています。
○私の経験ですが、どちらを使っても、契約した先生の個人能力に左右されますね。
弊社は今までに3箇所の税理士若しくは会計士と契約しましたが
・A税理事務所[30年程前]
 弊社で作成した会計伝票の入力及び帳簿作成業務のみ。
 仕訳が間違っていても、気付かない。
 支払報酬は安かった。税調査の立会いは契約外。
・B公認会計士事務所[15年程前]
 最悪でした。
 先方指定のフォーマットで作成したデータを入力をしてくれ、毎月、会計士の大先生と税理士の先生が来社し、会計帳簿と各種確証(領収証書)のチェックを行う。
 支払報酬が「会計士+税理士+事務代行」なので凄く高額。
 毎月帳簿チェックしているのに、税務調査立会いの際には事務担当者である私に責任を押し付けてきました。
 結局、別の事が原因で契約を切りました。
・C公認会計士事務所
 税務相談と税務申告、税務調査立会を契約している[会計処理は弊社で行う]。
 Bと同じく、大先生が会計士で、弊社担当が税理士ですが、支払報酬は税理士報酬のみ。
 でも、会計士としての相談も受けてくれますし、私個人の勉強(FP)にも付き合ってくれます。税務調査のときにも、私の事を庇ってくれて、税務署と私の間での認識の食い違いを上手く橋渡しもしてくれました。

投稿日時 - 2008-09-30 10:25:29

ANo.1

公認会計士さんは、税理士業務以外にも、上場企業の会計監査などをすることができます。そういった資格の違いです。

中小企業の場合、どちらの先生にお願いしてもいいのです。
その先生の人柄とか、社長との相性とか、そういうほうが大事なように思います。

正確な業務を行うことは重要ですが、法律などの決め事にはいろんな解釈の仕方があります。杓子定規に規定通りにするのがいいのか、自社の業務に合わせた解釈をしてくれるのがいいのか? というあたり。

税務調査などへの対応も、一緒になって動いてくれるかたでないと、お願いする意味がありません。

実際には、何をお願いしたいのか? ですが、記帳から決算までの単純な作業なのか? 会社の経営に口を突っ込んで欲しいのか? というあたりで、腹蔵なくなんでも相談できる間柄になることが大事でしょう。

どなたか友人知人のお知り合いなどに、いらっしゃいませんか?

投稿日時 - 2008-09-30 10:10:36

お礼

皆さんありがとうございました。

投稿日時 - 2008-10-02 08:22:02

あなたにオススメの質問