みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

嘘つきで、自分が嫌になります。

はじめまして。現在22歳のフリーター、女です。
自分の人生、嘘で塗りたくったような人生。
泣きたくなって、罪悪感に押しつぶされそうになります。
私は小さい頃からすぐに嘘をついてきました。
小さな嘘や大きな嘘、はたまた憧れを現実化したような嘘。

そして、先日派遣のアルバイト先で、一緒に入った人に「他に仕事はしてるんですか?」と聞かれ
「ライブハウスのスタッフやってるんですよ☆」
と自信満々に答える始末。
本音は「そんな、所でバイトなんかした事もないくせに…。」
ただ、私自身高校生の頃からライブハウスでバイトをしたいと思っていて。
想像した事で、ある事もない事も織り交ぜで嘘をついた自分。
大学を卒業したのに就職に失敗して。
挙句フリーターと言う自由な身のくせに行きたいバイトの一つすら受からない。
それを濁すのが何となく嫌で。
「ほかにバイトもしてるのよ!」と嘘をつきました。
あたかも“自分がそう言う事してるのよ”と誇大して嘘をついた。
ライブハウスでバイトなんて早々できないので興味心身のようで、聞いた子は色々な質問をしてきました。
ある事ない事織り交ぜて妄想に現実みをおびて話す私。
バイトしてるハウスも大きくて実際にある名前の場所を言う始末。
挙句の果てに「○○バンドの○○君にあったんだよ。番号交換した」
「チケットなくても好きなバンドが来る時にバイトに入ればみれるのよ」
と子供のような嘘。
ハウスの名前も出したせいか「すごい!」と信じ切ってる様子でした。

でも、嘘なんてこれだけじゃないんです。
大学時代、分厚い仮面をつけて学生生活を送ったので心から仲のいい人なんて一人もいません。
在学中、両親に「中のいい友達いるの?」と聞かれ素直にうなづけず。
心配かけたくまいと、想像で5人の友人を作り上げて現実味のあるように話したり。
誰かに心配してほしくて、ゼミの子たちに「精神病かなぁ…鬱って検査出たよ」と虚言を話したり。

自分のついた些細な嘘、目立つためについた嘘。
寝ようと思ってふとんにもぐると毎日、全部が全部思い返すように話した内容がフラッシュバックしてきたんです。
私の人生、嘘で塗りたくったようなもの。
打ち込んでるうちに、情けなくて、苦しくて泣く自分がいて。
泣くくらいなら嘘をつくなということ、痛いくらいに分かっているんです。
でも、嘘をついたら、その嘘を隠すためにまた嘘をつかなくちゃいけない。
どうにかしたいのに、どうにも出来ず、また嘘をつく。
自分が大嫌いです。

嘘をつかなくても生きていけるようにするにはどうすればいいんでしょうか。
些細な事でもいいんです。
どうしようもない私にどうかアドバイスをください。

投稿日時 - 2008-09-17 03:23:00

QNo.4334832

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

どう飾り立てても自分は自分でしかありません。
本当の貴女にしかない美点をちゃんと見出してくれる人間だって必ず居ます。
人間一朝一夕で変われるものではありませんが、焦らず少しずつ変っていけば良いではありませんか。
出来る事なら現在の交友範囲の中で初めは一人(「ライブハウスのスタッフやってるんですよ☆」と話された方とか)に絞って本当の事を話されれば徐々に本当の事を話す気楽さに馴染んでくると思います。
もしどうしても辛ければ思い切って転居・転職をして新しい環境の中で素のままの自分を育ててみるのも選択肢の一つかと。
いずれにせよ御自分でちゃんと認識されているのですから大丈夫、変われますよ。決して焦らない事です。

投稿日時 - 2008-09-17 04:47:12

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

よく読んで見ましたがホントどうしようもない人ですね、あきれました。
貴女がどんなに美人でスタイルが良くて知的でお金持ちで良い企業に勤めていても恋人にはしたくないタイプです。
脅かす訳では有りませんがこのままでは貴方は本当に悲惨な人生を送る事になりますよ。
昔から嘘は泥棒の始まりと言いますが嘘で固めた自分を維持するために借金まみれになり闇金に追いかけられて最後は犯罪を犯すか野垂れ死にと言う典型的な転落のパターンが目に見えるようです。
実際そんな例が毎日のように犯罪者としてニュースを賑わしているのはご存知でしょう?





ですが希望も無いわけでは有りません。
貴女はそんなご自分が嫌いで出来れば直したい、嘘をつかない自分になりたいと思っている訳ですから意思有るところに方法有りと言いまして解決策はもちろんあります。

解決法ですが今の貴女に最も不足しているのは【自尊心】だと思います。自分の事を大切な人間だと心底思えれば嘘で身を固めるなどと言う馬鹿げた行動をしなくなります。ちっぽけな自分に我慢が出来ず少しでも大きく見せようとするあまり平気で嘘をつく、ばれないようにまた嘘をつく、更にそれがばれないようにまたまた・・・
負のスパイラルに陥らないように悪は芽が小さいうちに摘み取りましょうよ。やれば出来ます。

自分を大きく見せようなんて思わず現実の自分をさらけ出して御覧なさい、初対面の人は貴女に対する予備知識が無いのですから自然体で接する事が出来ると思いますよ。
それが出来れば道はきっと開けると思いますしここでお悩みを解決しようと努力する貴女ですから出来ないはずは有りません。
【自分を大きく見せようとするどんな嘘も決してつかない】これを実行するだけです。

投稿日時 - 2008-10-16 00:22:49

ANo.4

発想の転換をしてみたらどうでしょう。
なかなか嘘を止められないのなら、「嘘」を「真」に変えることです。
つまり、言ってしまった時点では嘘でも、その後行動して真実にしてしまえばいいわけです。

ライブハウスのスタッフをしていると嘘を吐いたら、実際に面接を受けてライブハウスのスタッフに成ってください。
早々成れないのなら、成れるまで頑張ることです。

たとえ成れなくても、たくさんの苦労することによって、「もう嘘は懲り懲り」と心から思えるようになれば、いいのではないでしょうか。
今まで嘘を吐いても、さらに嘘を吐くことで簡単に切り抜けてこられたというところが問題のような気がします。

また、もう一つの発想の転換として、「物書き」になったらどうでしょう。
小説家やシナリオライター、漫画の原作など、上手に「嘘」を吐くことが必要な職業に適性があるように思われます。
バイト仲間に嘘の話をして、それだけ盛り上がれるのはその証拠。
その「才能」を伸ばさない手はありません。

嘘がばれても、「実は、今書いている小説なの。ごめんなさい」と言えば納得してもらえる可能性は高いでしょう。
この場合も、ただの嘘にならない(後で後悔しない)よう、実際に行動に移すことも忘れないでくださいね。

投稿日時 - 2008-09-17 11:52:57

自分で何かを作る趣味を始めてはどうでしょう。どんない簡単なものでも自分で完成させるためには嘘が一つでも入ったらうまくいかないはずです。なるべく簡単なことを選んで完成させてからもう一度嘘のことを考えてみると解決策が出てくるかもしれません。嘘をつくのが嫌だというのは嘘でないとしても、嘘はその場を逃げるためには一番楽な方法に思えますから、自分で何かを作る以外には嘘をつくという楽な方法から脱出できないのではないでしょうか。趣味と言わないでも料理でも炊事でも選択でも実際自分でやっていれば嘘が入る余地がないと思います。嘘をつかないというのは、自分で計画して自分で実行してその結果を自分で確認するということです。

投稿日時 - 2008-09-17 10:30:22

ANo.2

それは自分でも止められなくてものすごく辛いですね・・・。
私は医者ではありませんので、以下はあくまで参考意見、一つの情報として聞いて下さいね。

「病的虚言症」と分類されている精神疾患の一種があります。
内容は次の通りです(ウィキペディアより抜粋)。
「自分を実際以上に見せるために、あらゆる妄想虚言を吐く、一群の病者である。有名人や権力者と知り合いであるかのように、会話中にはネーム・ドロッピングを行う。高い知性を伴えば、スタンドプレイの好きな、権力志向の人物と言う評価内に納まる事もあるが、多くは周囲との利害を調整できず、詐欺などの犯罪を犯すこともある。」

また、自ら周囲にかまって欲しいために自らの体を傷つけたり病気を装う「ミュンヒハウゼン症候群」というものもあります。

ただ一つ注意していただきたいのは、この「病的虚言症」ではありませんが、これと関連のある「演技性人格障害」の解説に、
「注意点として、周囲が間違った診断をし、本人に告知した場合(例、境界性人格障害、解離性同一性障害ないし解離性障害)、本症の特性で近似症例となる場合がある。それらの疾患のレッテルを貼られていると本人が感じ取った時、その患者としてのペルソナ(仮面)を被ってしまうからである。」(ウィキペディアより)
というものがあります。

これは、間違って「演技性人格障害」であると診断された場合に、実は違うのに本人が「ああ自分はそうなのか」と思い込みその仮面を被ってしまう、ということです。

上記を踏まえた上で、さて、ここからは完全に素人の仮説と対応策です。
あくまで参考意見の一つとして聞いて下さい。

1.ウソをつき始めた小さい頃、どこかの時点で、ウソをつきながら(本当は嫌な気持ちがあるのに)自分はそういう人間なんだ(仮面を被った?)、と半分割り切りながらウソをつき続け、その繰り返しが行われることによって、ウソが口から出る時の最初の心理的な抑圧を阻害するような神経回路が強化されてしまった。
(→すぐに口をついてウソが飛び出るようになってしまった)

2.一つのウソをついた後の、さらなるウソによるつじつま合わせにも心理的な抑圧が本来発生するはずだが、ウソがばれた時のリスクを感じ過ぎ(質問者様はおそらく人に対する感受性が敏感過ぎるだろうと思います)、言い出せないまま繰り返しが行われ、同じように神経回路が強化された。
(→一度出たウソをさらにウソで上塗りしていく癖が強化された)

ではどうしたらウソが出ずに過ごせるのか、ということですが、この強化されてしまった神経回路を弱体化させ、正しい神経回路を覚醒&強化させなければならないと思うわけです。

私も以前、周囲に似たような人がいたのですが、こういうウソがポンポン出る人というのはたいてい結構よく話す人で、人からの問いかけに対してすぐに反応を返す人だと思います。
頭の回転が早く、反射力があるので、打てば響くようにウソが出てくるわけです。

ですので、人から話しかけられた時に、まず深呼吸をしてみるのはどうでしょうか。
最初のうちは2呼吸くらいして全然良いと思います。
何か話しかけられても黙って深呼吸だけするわけです。
慣れれば全然違和感なくできるはずです。
すぐにしゃべり始めないのが気持ち悪ければ「あ、ちょっと待って」とか言えば良いと思います。
よく無口な人がいますが、そういう人は何か話しかけれてもすぐには反応せず、後からぼそっと言ったりしますよね。
でも別に周囲も慣れてくれば、そんなものだと思いますから変な違和感はないですよね。

その間に、ウソではない本当のことで、何を言えば良いのかを考えるわけです。
それだけ次から次へとウソが飛び出るということは、頭の回転が速いはずですから、2呼吸もあれば十分きちんとした会話が始められるはずです。
会話が始まってからも、自分で注意深く自分を観察し、言葉を慎重に、慎重に選んで話してみて下さい。

その繰り返しをしながら、毎日ノートに付けるのです。
「今日はウソをつかずにできたまともな会話が3つあった」とか。
それを次第に増やしていって、途中、数が増えれば面倒になってくるでしょうし、そこまでいけばウソが相当減っているでしょうから、今度は逆に
「今日はウソが○つあった!」
という形に変えて、ゼロまで減らしていくわけです。

ダイエットと同じで数が減っていって、そしてゼロを達成した日ができたら自分にご褒美をあげるなどして下さい。
そして次の日も、次の日もたゆまず挑戦するのです。

自分を変えるということは並大抵の努力ではありません。
現在22歳ということですから、子供の頃から計算すると10年以上その刷り込みを自分でしてきてしまったことになります。
元に戻すにはもしかしたら同じくらいの年月が必要かもしれません。
しかし、ここで今「変えたい!」と思ったのは本当に良かったと思います。
これから10年かけたってまだ32歳じゃないですか。
しかもまだ脳が若いのですから、これからいくらでも変えられます!
変えようと思っているのなら必ずやり抜くことができます!
どれだけ真剣になれるか、どれだけコンスタントに続けられるか、だと思います。

あと、ライブハウスのスタッフの件ですが、これについて食いついてくるそのバイト先の子には、また何か聞かれても「うん、ごめん、ちょっと色々あって今はあんまりそのこと話したくないんだ」とか言ってそれ以上、ウソで上塗りしないように止めれば良いと思います。


以上、大変長くなってしまいましたがご参考になれば幸いです。
ただ、私も含めて、精神科医でもない人間があれこれ言うと思いますからそのままうのみにはせず、自分なりによく考えて取捨選択などして下さいね。

投稿日時 - 2008-09-17 05:23:05

あなたにオススメの質問