みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

[ペイオフ]通帳の無いネット専用は危険ですか?

ペイオフでは、預金残高とその利息まで保証されると聞きますが、ネットバンクの場合、具体的に破たんした場合、どのようになるのか教えてください。

今、イーバンクを所有しているのですが、まず、預金残高はどのように証明すれば良いのでしょうか?
また、あくまで、万が一ですが、不正経理や債務超過、破たん時の混乱、天災等でイーバンクにあるデータ等が消失した場合、証明する方法はありますか?
通帳がないことはリスクでしょうか?

一応、簡単に問い合わせたところでは、安全ということで、具体的に、どの程度分散して管理しているかなどは一切教えてもらえませんでした。
東京などのサーバで一括管理している可能性もあるかと思います。

また、他の銀行での質問ですが、ペイオフ時、10年物定期、2.2%などあった場合、はじめの1年で破たんした場合、それでも、年利換算で2.2%支払われるのでしょうか?
どなたか、ご存知の方教えていただけないでしょうか?

宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2008-09-14 19:56:55

QNo.4328668

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

ネットバンクの方が金利が良いので定期貯金をしています。

>どうやって具体的に残高を証明するのでしょうか?
私もネットバンクを利用を始めるに当たって一番不安だったのがコレです。
いくら大丈夫と言われても心配ですよね。自分の大事なお金ですもの。

ソニーバンクなどでしたら残高証明書を年に2回まで無料で発行してくれる
などのサービスもしているらしいですので私や質問者様と同じような
不安をいだき銀行に要望した人も沢山いらっしゃるんでしょう
他の銀行でも同じようなサービスをしてくれると良いですね。

気休め程度にしかならないとは解っていますが定期預金をした時等は
デジカメでパソコン画面を撮影しています。

投稿日時 - 2008-09-18 16:55:26

ANo.3

>初耳の話です。
そうでしょうね。宣伝はしていません。セキュリティの問題がありますからね。

また加盟しているのはオンラインで接続されている銀行、信用組合、
保険会社、証券会社もあります。もちろんネット銀行も全てです。
いずれも自社でも複数のバックアップデータを持ち、定期的に
山奥?にある総合データセンターにバックアップを送ってるわけです。

投稿日時 - 2008-09-14 20:39:22

補足

回答いただきありがとうございます。
それだけ大規模だと、日本の数%の会社がバックアップをしていると思いますが、具体的にはどうなっているのでしょうか?
残念ながら具体的な話が全く無く分かりません・・・

投稿日時 - 2008-09-14 22:05:09

ANo.2

もう少し、預金保険制度の事を冷静に勉強してください。

そもそも、預金保険制度は、個別の金融機関が独自に行っているものではなく、国の制度として存在してます。
従って、破綻時の処理は、破綻した銀行が独自に行うのではなく、一旦国の管理下に置かれた上で行われます。
処理中の間は、破綻した銀行は一切手出し出来ないルールです。

で、この保険制度が適用されるのは、日本国内に本店を持つ金融機関で、かつ円預金商品に限られてます。
(金利が発生しない「決済用預金」は全額保護の対象)
http://www.dic.go.jp/qa/gaiyou1.htm#gyoumu1-2

ですから、ネット銀行のような営業形態であっても、↑の条件に該当する金融機関の預金商品であれば、自動的に保険制度が適用され、1000万円までの残高と金利が保護されるのです。
(該当する商品には、必ず保険対象の旨が表記されてます。)

なお、1000万円を超える分の預金と金利分の保護は、一律でカットではなく、破綻時の状況を踏まえた上で保護を決定しますので、一概に1000万円超が保護されないとは言い切れません。

ここから後の問題は、貴方が国を制度を信用するかどうかに掛かってきます。
何分、ペイオフ解禁後の破綻事例が無いので、実際に国が何処まで保護するのかが未知数です。
ペイオフ解禁前の破綻事例では、国が全額面倒を見てますが、今後は1000万円が一つのラインになったと言う事でしょう。
逆を言えば、条件に該当する全ての金融機関の預金商品で1000万円づつ預けていけば、その分が全額保護されるルールですから、国の制度を信用する前提に立てば、単純計算で約60億円の預金と金利が保護される事になるのです。
(1000万円×609)
http://www.dic.go.jp/kikan/kikan.html

その他詳細は、預金保険機構のサイトを熟読してください。
http://www.dic.go.jp/index.html

さぁー、これでも信用出来ないとお考えであれば、自力でタンス預金でもして守り切るしか手が無いでしょう。

投稿日時 - 2008-09-14 20:23:59

補足

回答いただきありがとうございます。
破綻前の残高を証明できた場合、預金保護機構が不払いなどするとは思っていませんが、どちらかというと、銀行の残高管理に不安があります。
特に、体力のない銀行など、どこまで残高情報を管理しているのか気になります。
また、預金保護機構がリアルタイムで609の金融機関の全顧客の残高を把握しているとも思えません。それについての詳しい説明も無いように思います。
更に、1000万円とその利息まで保護とは聞きますが、支払い利息についての具体的にはどような計算になるのかが良く分かりません。
例えば、10年、年利2.2%など通常の銀行より大幅ですが、これを全額払ってくれるのか、それとも、中途解約利率になるのかまでは書いてないように思います。

なお、箪笥預金はインフレ、盗難に弱いので論外です。

投稿日時 - 2008-09-14 22:00:46

お礼

>もう少し、預金保険制度の事を冷静に勉強してください。
1円も預金が無くても、金融機関がごまかしてる。若しくは、1000万円あっても、預金保護機構でなぜか確認ができない。

こんな時に、どうやって具体的に残高を証明するのでしょうか?
通帳があれば少なくとも、口座を持っていて、その時点でお金があったことまでは証明ができますが、ネットの場合、残高証明などを取らない限り客観的に証明する方法が一切なく制度そのものの信頼にも関わる気がします。

社会保険庁も国の機関でしたが、支払った際の領収書を取っていなかった人は今でも未払いが続いており、その当時支払ったことを証明するのは非常に困難を極めています。
制度そのものは完璧でも、その実際の運用が適当であれば実際に補償できない事態が生じるように思います。

投稿日時 - 2008-09-14 22:21:16

ANo.1

>東京などのサーバで一括管理している可能性もあるかと思います。
東京なんて地震の多い危ない所には保管してませんよ。
それとサーバーよりはるかに大きいストレージサーバーで
管理しています。
場所は地盤の固い東京から離れたところにデーターセンターを
各銀行が出資した組織が持っています。各銀行から常にバックアップデータを送り続けています。
こういうデーターセンターが日本に何箇所かあります。

投稿日時 - 2008-09-14 20:14:52

お礼

回答いただきありがとうございます。
初耳の話です。
私がイーバンクに問い合わせた時、このような説明は一切ありませんでした。
また、ネットバンクのような、新参銀行も参加しているのでしょうか?
もし、これが本当であれば、ネット銀行の安心をアピールする広告になると思うのですが、イーバンク、住信SBI、JNB等では聞いたことがありません。
もし、何か、資料などありましたら、再度回答していただけると幸いです。
宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2008-09-14 20:21:06

あなたにオススメの質問