みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

visual C++について教えて下さい。

私は今、visual C++について勉強しています。visual C++についての課題があるのですが、その内容がうまく書けません。その内容はvisual C++とはどういうものか?visual C++はどういう役割りがあるか?c++との違いはvisual C++の特徴はなにか?などがあります。私は「visual C++3週間完全マスター」というもをやっています。しかし、初めてvisual C++をする私はなんとか本の通りしているだけで、どういうものか?ときかれてもうまく表現できずとても困っています。この質問にうまく答えられる方、分かり易く教えて下さい。お願いいたします。

投稿日時 - 2001-02-21 10:09:23

QNo.43029

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

Visual C++というと、以下のことを言います。
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/Library/60k1461a.aspx

が、Visual Studio(IDE)とVisual C++(コンパイラツール)は一蓮托生でもあるので、書籍やサイトでは当該IDEとコンパイラツールをワンセットでVisual C++と表現していることもあります。
Visual C++は冒頭で紹介したMSDN内で示されているライブラリを使用したWindowsアプリケーション開発をメインとします。13年経過していますが根本は変わっていません。

投稿日時 - 2014-01-04 14:25:19

ANo.2

Visual C++ は、Windows用のアプリケーションを作成するための「クラスライブラリ」であるMFCを付属しているC++コンパイラです。クラスライブラリというのは、要するに、便利な命令をあらかじめ作っておいたもの、というくらいのものだと考えれば分かりよいでしょうか(ただし、課題に答える場合は、もっとキチンとした内容で説明するようにしたほうがいいでしょう)。
このMFCと各種ウィザードを利用すれば、Windowsアプリケーションが比較的容易に作成できます。
その他、本体のコンパイラ以外にも、開発する上で便利なツール類がたくさん付属しますし、(分かりやすさは別として)非常に充実したヘルプも用意されています。
もちろん、標準のC++(ANSIという規格団体の定めたC++)に準拠しているので、スタンダードなC++の学習用としても利用できます。

ちなみに、MFCを利用しない場合は、Win32APIと呼ばれる命令群を利用することになります。これを使ってそこそこの規模のアプリを開発するのは、なかなか手間がかかりますし、いろいろとWindows独特の細かい知識も必要になるでしょう(どういう知識が必要になるかは、Win32APIをキーワードにして調べてみるとよいでしょう)。

Visual C++と並んで、Windows用のアプリ開発用のコンパイラとしては、Borland社のC++BuilderやBorland C++が有名です。こちらは、MFCではなく、VCLと呼ばれるクラスライブラリを持っています。
一部には、MFCよりVCLの方が、クラスライブラリとしてよくまとまっている、という話もありますが、Visual C++の方が普及しています。マイクロソフトに侵入したハッキングソフトも、Visual C++で開発されたものだという話もあるくらいで、多くのハッカーたちも利用しているようです。

投稿日時 - 2001-02-22 00:54:15

お礼

とても貴重なご意見ありがとうございました。とても詳しく書かれていると思いますが、いまいちはっきりと理解ができませんでした。せっかくの御行為を無駄にしましてもう分けございません。もう少しわかりやすくもう一度お願いしたいのですが、誠に勝手なことなのでどちらでもかまいませんのでお願いします。

投稿日時 - 2001-02-23 15:46:18

ANo.1

VisualC++はC++というプログラミング言語を
「ビジュアル的」に操作するための開発環境です。
たとえば、ダイアログボックスを作るのにしても、
C++という文字だけのものを見ても、どのようなものが出来上がっているか、
それは実際にコンパイルしてみないとわかりませんが、
VCを使えば、それを確認しながら作ることが出来ます。

それ以外に、VCはWindows向けのソフトを簡単に作ることが出来ます。
たとえば、単純にC++でテキストエディタを作ろうとしても、
Windowsのシステムとの兼ね合いとか、ウィンドウの作り方とか、
そういう細かいところから始めなければならず、
目的の達成には、相当の時間がかかりますが、
VCは最初の基礎的なことはかわりにやってくれますので、
使う側はむしろそれを加工する、という形を取るだけでいいのです。

VisualC++っていうのはC++の開発環境 ということですね。
そのほかにも、C++Builderなどの開発環境もあります。

Javaという言語であれば、VisualJなんていう環境もあります。
どれも、その言語での開発を助けてくれるツールです。

投稿日時 - 2001-02-21 12:03:30

お礼

良い意見ありがとうございました。この意見を参考に頑張りたいと思います。またなにかこういった情報をお持ちであれば教えていただけませんか?良い返事お待ちしております。ありがとうございました。

投稿日時 - 2001-02-23 15:52:56

あなたにオススメの質問