みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

離婚の名義変更についての住宅ローン

離婚して2年たちます。
離婚前に買った中古のマンションが元夫名義なので、財産分与としての名義変更をして私がローンを組み(審査に通った場合)、返済する予定でいます。審査に通らなかった場合は、元夫が売却するようにしています。
現在、元夫はA銀行で住宅ローンをしています。
私がB銀行で住宅ローンを組もうと考えています。
先に名義変更の手続きを行って、B銀行で審査に通らなかった場合はとても困りますので住宅ローンの審査が終わってから名義変更をしたいのですが可能なんでしょうか?
可能ではない場合、公正証書などにて文書化(住宅ローンが通れば名義変更を行うといった内容)していればB銀行は対応してくれるのでしょうか?

投稿日時 - 2008-09-01 16:28:03

QNo.4295528

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

>住宅ローンの審査が終わってから名義変更をしたいのですが可能なんでしょうか?
可能です。というか、標準的な流れを言えば、売買実行時となります。

つまり、そのいまその物件はA銀行が抵当権設定しています。

で、その状態で前の夫と離婚に伴う所有権移転登記の合意を行い、合意文書を作成するわけです。(私文書でかまいません)この時に合意文書では、もし審査がNGの時にはその契約は白紙解除するとの文言を入れます。

そして、ご質問者はB銀行にて審査してもらい、B銀行から審査OKをもらいます。

あとは、A銀行の担当、B銀行の担当、元夫、元妻の4者が一同に会し、このときにB銀行が認める司法書士も同席します。
そして、司法書士がA銀行の担当者から抵当権設定解除の書類を受け取り確認し、間違いなく抵当権を解除しての所有権移転登記が出来ることを確認します。
また同時にB銀行は抵当権設定の書類を用意します。
そして、B銀行は融資を実行し、A銀行にお金を支払い、A銀行は抵当権設定解除の書類を司法書士に手渡します。

その後速やかに司法書士は、そろった書類を法務局に持参し、A銀行の抵当権設定解除、所有権移転登記、B銀行の抵当権設定の書類を一度に申請します。

これは通常抵当権のついている物件の売買で行う行為と同じです。

投稿日時 - 2008-09-01 16:48:58

お礼

わかりやすい説明ありがとうございます。
可能であるのを聞いて安心しました。
ひとつ質問ですが、B銀行が認める司法書士というのは銀行が選ぶということですか?
費用などはいくらくらいかかるものなのでしょうか?

投稿日時 - 2008-09-01 22:17:12

このQ&Aは役に立ちましたか?

9人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

>B銀行が認める司法書士というのは銀行が選ぶということですか?
そうですね。銀行が指定する司法書士があるのであれば、その司法書士になります。
ただご質問者が選んだ司法書士でも銀行が承諾するのであれば問題ありません。
一般に銀行は複数の司法書士と取引ありますので、地元の司法書士であればこちらが選んで銀行にお願いしても問題ない場合も多いです。

>費用などはいくらくらいかかるものなのでしょうか?
司法書士手数料は10万ほどみればよいでしょう。
あとは登録免許税ですね。こちらは物件の固定資産税評価額や債権額で決まります。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/inshi/7191.htm

所有権移転のほうは「その他の原因による移転の登記」の税率となります。

投稿日時 - 2008-09-02 09:30:29

お礼

司法書士は自分で選んでも可能なんですね。
地元の司法書士なんで大丈夫と思います。
費用も詳しい説明と資料をありがとうございます。
すごく頑張ろうという気持ちになりました。
手続き等が不安で少し面倒になっていたので…
本当にありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-02 16:45:23

あなたにオススメの質問