みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

オリンピックのプロ化

スポーツに疎い者で、子供の頃はオリンピックは「アマチヤ精神に則り…」なんて聞いて育った者です。

ところがいつの間にか野球にプロが出ていたり、そうかといってメジャーの選手は出ていないような気がしますが…

いつから曖昧になったのでしょうか?日本の選手はプロで他の国はアマ、なんだか釈然としません。

プロでよいなら、ボクシングは何故プロは出ないのでしょうか?
テニスは日本人のプロが出ていたようでしたが、外国の方は出ていたのでしょうか?

なんだか金メダルといっても基準の曖昧なオリンピックだと思われます。
明確な基準はあるのですか?

投稿日時 - 2008-08-18 15:15:54

QNo.4259771

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

札幌オリンピック当時のIOC会長アベリー・ブランデージ(別名 Mr.アマチュアリズム)が反プロスポーツ主義者で、徹底的にプロを排斥していました。
IOC会長は、ブランデージがミュンヘンオリンピックで引退、その後、キラニン卿を経てサマランチ会長になりました。
ブランデージ時代に逼迫した財政状態にあったIOCは、サマランチ時代にいたってスポンサー契約や放送権料の大幅な引き上げで息を吹き返しましたが、同時にオリンピックが「商売」になるようになったとも言えますね。

で、現在のオリンピックでプロが参加できるか否かは、IOCや各国のオリンピック委員会と競技団体の関係に尽きます。それが問題となった例が、アテネのテコンドー岡本選手ですね。国内の競技団体が分裂したことからJOCが認めるテコンドーの団体がなくなったため、参加が危ぶまれたのですが、JOCが組織に属さない個人参加という”超法規的措置”を取ったので岡本選手はオリンピックに参加出来ました・・・シドニー銅メダル+10万人の署名の後押しがあったから認められたのでしょう。

テニスや野球のようにプロ・アマ共通の国際的な統括組織があれば、その組織がIOCに登録することによりオリンピックに参加することが出来ますが、プロボクシングは複数の組織があり、IOCはアマ組織を参加団体としているので、プロは参加できません。

投稿日時 - 2008-08-18 17:28:56

お礼

いろいろ詳しい解説ありがたいです。よくわかりました。

投稿日時 - 2008-08-18 22:07:18

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(6)

ANo.5

オリンピックの興行を成功させるためというのも有りますが、プロとアマチュアの境界線が微妙になったというのも大きいでしょう。

冷戦の時代は東欧やソビエトなどプロリーグがないのにそのスポーツをして国からお金を貰っている実質プロと変わらない人が大勢居ました。
そうなるとプロリーグのある国との差が著しく不公平になります。
また日本で言うセミプロという企業の社員であるがそのスポーツしかしていなくて仕事などほとんどしていない人も居ます。

また昔の日本の基準のようにテレビに出てならないとなると芸能人のアスリートは存在できなくなります。
お笑い芸人のなべやかんなどはパワーリフティングで世界大会で準優勝をしています。
彼はパワーリフティングのプロ選手でしょうか?違いますよね。
このようにアマチュアとプロの線引きをするのが非常に難しくなっています。
そのために多くの競技でプロの参加も認めるようになっています。

ちなみに野球が今回限りなのは、
野球をしている国が少ないのと野球専用のスタジアムを作らないといけないという開催国の負担が大きいことが原因です。

投稿日時 - 2008-08-18 17:23:28

お礼

なべやかんさんの話は納得です。
かれにはオリンピックにでて活躍して欲しかった。
野球の事情もよくわかりました。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-18 22:10:29

ANo.4

オリンピック憲章
http://www.joc.or.jp/olympic/charter/pdf/olympiccharter200300j.pdf

の「参加資格規定」には

「競技者のオリンピック競技大会への出場もしくは参加は、金銭的報酬を目的とするものであってはならない。」

とあり、これが唯一のプロ参加規制です。(プロというのは”職業選手”のことですから。)

プロ選手でも「報酬は要らない」と言えば「アマチュア」です。

確かに興行的な面もありますが、「プロ選手だからNG」というのもおかしな話です。
競技によって対応が異なるのは前の方の回答のとおりです。

投稿日時 - 2008-08-18 15:45:32

補足

プロ選手でも「報酬は要らない」と言えば「アマチュア」です。
は屁理屈にも思えますが…。
実力がある人はだれでも参加資格があるというのならば納得しますが、
人間のご都合主事ですね。
「報酬は要らない」といっても「金メタル」をとればその後のプロとしての報酬が上がるわけですから、オリンピックはプロとしてのその後を左右するアピールの場になるわけです。
「報酬は要らない」と言えば「アマチュア」です。というのはやはり屁理屈に思いますが…。

投稿日時 - 2008-08-18 22:17:02

ANo.3

金メダルの基準は、1位になった人にだけ授与されます。

オリンピックは参加することに意義はありません。勝負するのですから勝たなくては無意味です。

プロと、アマの参加者は、プロで食えるか、食えないかだけです。プロでも出てない競技は、報酬が少ないからでしょう。

国の威信を賭けた競技に数合わせで出かける国は、日本くらいで、選手の員数に対して金メダルの獲得数は何パーセントになるでしょうね。

入賞しない選手は派遣費用を国庫に還せと云いたいですね。

棄権したり、故障がわかってて出かけた連中からは返還を求めよう。

お祭り騒ぎに換わりは無いですが、金の使いすぎだよ。2年後には世界選手権何チャって同じこと繰り返すんだから。。。

アマチュアは負けるものとして、プロでなくては参加できないようにしよう。そうして自費参加を原則とし、国費で参加は入賞しなくちゃ返還を義務付け、金メダル獲得は300万じゃなく3000万にしよう。

投稿日時 - 2008-08-18 15:42:58

お礼

派遣費用はどの位になるのか知りませんが、ぼくもやりすぎだと思いますよ。そのことに気がつかせないように「がんばれ!日本」なんて連日煽って国民に考えさせないようにしている気もします。

投稿日時 - 2008-08-18 15:55:36

ANo.2

プロが出るようになったのはやはりオリンピックが金になると言うことでしょうね
やはりプロがくる=メジャーどころがくるので集客率が違います
集客=金が集まるってことですね。
野球に関しては各国の球団が出すかどうかなだけですね
プロが出るとかってのは各競技で変わります。
出れる年齢も各競技で変わりますしね
基準もあるんでしょうがその時々で規定なんか変えれますからね

投稿日時 - 2008-08-18 15:23:24

お礼

ご丁寧にありがとうございます。
野球は今回限りの意味がわかるような気がしました。

投稿日時 - 2008-08-18 15:49:21

ANo.1

ソウル~バルセロナくらいからでしょうか?
それまではアマチュア重視(コレ以前も陸上や水泳はプロといっていい選手が出てました)でしたが、当時のIOC会長が興行面の問題もあって解禁したような記憶があります。

プロ選手が参加するかどうかはIOCというより「各競技の国際団体の意向」が反映されます。
テニスが一番プロ化していて、プロランキングで上位に入っている選手のみが出られます(よってアマの参加は不可能です)。
ボクシングはプロの団体が分裂しています(ほら、WBAやらWBCやら同じ階級なのに何人も世界チャンピオンがいるでしょう?)ので、IOCはアマチュアボクシング協会と手を組んでおり、それでプロが出られません。

投稿日時 - 2008-08-18 15:23:24

お礼

ありがとうございます。
IOC会長の権限は大きいのですね。

投稿日時 - 2008-08-19 14:00:10

あなたにオススメの質問