みんなの「教えて(疑問・質問)」にみんなで「答える」Q&Aコミュニティ

こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

傷病手当について

母はパートで月22日くらい出勤、勤務時間は1日7時間勤めておりました。
接客業で立ち仕事です。お客様が多いため忙しい日が殆んどです。

最近、乳ガンが発覚。
仕事は発覚と同時に休みを頂き2ヶ月が過ぎます。

1ヶ月前に乳ガン手術をし化学療法を始めた為、副作用からいますぐの仕事復帰は難しく、良くなったら復帰したいと考えています。

先日、上司の方から今は無給扱いになっているから大丈夫だよと言われましたが、有給休暇も20日くらい残っています。
それはどうなってしまうのでしょうか?

それから、社会保険から傷病手当というものが支給されるのでは?という意見も聞き、当方全くわかり兼ねますのでご存知の方いましたら手続きなど詳しく教えて頂きたいです。
また、主治医からは診断書を戴いており3ヶ月の安静を要すと記載されています。

また、会社と今後について話し合う場合、会社側が有利にならないような、当方側の話しの進め方も教えて頂けると幸いです。

宜しくお願いします。

投稿日時 - 2008-08-14 12:21:38

QNo.4250557

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

1、有給休暇について

 休職の前半に有給休暇を充当しても構わないと思います。
 会社と相談の上で決めてくださいね。
 休職期間中は一般的には無給となってしまいます。
 無給の状態を補償するのが傷病手当金です。
 1日当たり標準報酬日額の3分の2が支給され、
 請求月の日数をかけた金額が支給されます。


2、傷病手当金の請求について

 健康保険組合の健康保険の場合は健康保険組合に、
 政府管掌健康保険の場合は社会保険事務所に請求書の書式があります。
 これに質問者様ご自身の記入欄を書き込みます。
 次に主治医に医師記載欄を書いてもらいます。
 最後に会社の記入欄を総務部の方に書いてもらいます。
 あとは会社が請求を代行してくれる可能性があります。

 ちなみに、傷病手当金は事後請求となるため、
 最初の1ヶ月間は収入が全く無くなります。
 例えば、8月1日~8月31日の分を請求する場合、
 9月1日以降に請求書を提出します。
 そして、実際に振り込まれるのが10月以降ということになります。
 第1回のみ、過去の受給記録などを照会する為に、
 11月以降になる場合もあります。

 なお、傷病手当金は非課税扱いをされます。
 有給休暇を使うと所得税が課税されますが、
 傷病手当金には所得税は課税されません。
 ただし、厚生年金保険料、健康保険料、住民税は控除されます。

投稿日時 - 2008-08-14 23:57:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

35人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

傷病手当金はけがや病気で働けないときに健康保険から支給されます。

>母はパートで

まず確認ですが母親自ら健康保険に加入しているということですね?
何年ぐらい加入しているのでしょうか?

まず3日間の連続の休み(待機期間といいます)のあとの4日目からが支給対象となります。
ですから

>仕事は発覚と同時に休みを頂き2ヶ月が過ぎます。

と言うことでしたら、その休んでいる2ヶ月の4日目からが支給対象となります。
その4日目から1年6ヶ月支給されます、また時効は2年ですからまだ十分間に合います。

請求先は政管健保なら社会保険事務所、組合健保なら健保組合になります。
提出書類は政管健保であれば下記の「【6】療養のため仕事を休み、給料をうけられないとき」をご覧下さい(組合健保だと若干提出書類が異なるかもしれません)。

http://www.sia.go.jp/sinsei/iryo/kyufu.htm

最初は出勤簿のコピー、賃金台帳のコピーなどが必要なので会社に依頼しなければ無理です。
会社には総務などの部署がないのでしょうか?
通常はそういう部署が本人に成り代わって、手続きをしてくれるものなのですが。

>また、会社と今後について話し合う場合、会社側が有利にならないような、当方側の話しの進め方も教えて頂けると幸いです。

でしたら早まって退職などしないように。
場合によっては傷病手当金が打ち切られるかもしれません。
会社が退職勧奨等をして、どうにも辞めざるを得なくなったときに退職すればよいのですから。
今は上記のような傷病手当金の手続きを会社にお願いして、それをどこまでやってくれるか、あるいはどの程度面倒だと嫌がるかを見るしかないでしょう。

投稿日時 - 2008-08-14 14:24:07

ANo.1

始めまして 二児の母です。

私の母は 準社員で働いておりましたが、血液のガンが発覚し 早期退社しました。
そして 傷病手当てを貰いながらでした。

無休扱いと言う事は いつでも復帰出来る状態にしてくれているのでしょうね。
ですが、治療をすると それだけ筋力も衰えます。
ですので、治療が3ヶ月掛かったとしても きっちりと働ける体力に回復するまでには 半年以上掛かります。多分治療を含めると1年は掛かるでしょう。

ですので、有給休暇を消化し退社する方が良いです。
そして、社会保険に加入している様子ですので、任意継続をし、期限はあるけど社会保険に加入出来ます。 保険料は個々によって 国民健康保険の方が安い場合もありますが、保証(福利厚生的な)は社会保険の方が手厚いです。
ですが、ご存知かと思いますが、社会保険は会社と折半して支払いしています、退社後は会社は無関係ですから 今迄給料天引きされていた社会保険料の倍額を払う事になります。
そして、年金ですが、退社ですから 厚生年金からも脱退ですので、国民年金に加入しなければなりません。 ですが、これも特例として会社から発行される(退社後)離職票を持参すると 免除されます(免除申請しますけど)
そして 同日に離職票をハローワークに提出しておきます。
傷病手当てを貰っている時には 失業保険は貰えませんが 待機等の軽減はありますので。
傷病手当ても 失業手当て同様期限ありますので。

国民健康保険も加入を考えましたが、所得にもよりますし、何よりも入院等した場合、社会保険の方が組合によっては +があるので。

8月末日退社にして(多少有給は捨ててしまうでしょうけど)、進めた方が良いかと思います。
傷病手当てですが 即は振込ありません。 振り込まれる迄には2-3ヶ月要します。

投稿日時 - 2008-08-14 13:00:35

あなたにオススメの質問